ビフ・ビューシックBiff Busick)のリングネームで知られるクリス・ジラードChristopher "Chris" Girard1985年12月21日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーマサチューセッツ州ボストン出身[1]。現在はオニー・ローキャンOney Lorcan)のリングネームでWWE205 Liveに所属。

オニー・ローキャン
Biff Busick headshot.jpg
プロフィール
リングネーム オニー・ローキャン
クリス・ジラード
ビフ・ビューシック
ボルテックス
カロライナ・パンサー
フランク・オルーク
ジラード・セント・クリストファー
本名 クリストファー・ジラード
ニックネーム ボストン・ブロウラー
スター・デストロイヤー
マンリエストマン
身長 185cm
体重 86kg
誕生日 (1985-12-21) 1985年12月21日(34歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州ボストン
所属 WWE205 Live
トレーナー ランス・ストーム
船木勝一
マイク・ホロー
デビュー 2003年
テンプレートを表示

来歴編集

2003年、地元であるマサチューセッツ州を拠点とするCW(Chaotic Wrestling)が運営するカオティック・トレーニングセンターキラー・コワルスキーが主宰するキラー・コワルスキー・スクールを掛け持ちしてトレーニングを開始[2]。同年、プロレスラーデビューを果たす。デビュー後、ボルテックスVortex)とビフ・ビューシックBiff Busick)のリングネームを使い分けてCWを中心にマサチューセッツ州を拠点とするTRP(Top Rope Promotions)、メイン州を拠点にするNWA加盟団体であるNWA on Fireに参戦。

2009年7月12日、TRP Whaling City Festivalにてジェイ・フレッディー & スパイク・ダッドリーと組んでバック・ナスティー & スコット・レヴェスク & スコット・リードと対戦して勝利[3]。11月13日、CW Night of Chaos 2009にてWCW新日本プロレスに参戦経験のあるリック・フーラーと対戦して時間切れでの引き分けに終わる[4]

2010年1月1日、WWESmackDownにて招待レスラーとして参戦。カロライナ・パンサーズのジャケットを着用したカロライナ・パンサーThe Carolina Panther)なるギミックで登場し、グレート・カリと対戦。フットボール・タックルからパンチを連打するが首を掴まれるとパンジャーブ・プランジを喰らいわずか30秒で敗戦した[5]

2012年4月6日、TRP The Anniversary 2012にてTRPインターステート王座を保持するジェイソン・ブレイドに挑戦。激しい打撃の応酬を制してベルトを奪取した[6]。7月14日、TRP Whaling City FestivalにてTRPヘビー級王座を保持するマット・ターバンに挑戦して勝利し、ベルトを奪取した[7]。9月30日、マサチューセッツ州を拠点にするBeyond WrestlingのArmory Amoreに参戦。CHIKARA所属のチャック・テイラーと対戦して勝利[8]。11月23日、オハイオ州を拠点とするAIW(Absolute Intense Wrestling)のHell On Earth 8にてジャカと対戦。終盤にブロックバスターを決めるが倒れた状態のジャカから変型の腕十字固めを極められギブアップした[9]

2013年4月5日、CZWのCZW At WrestleConに参戦。ユニットであるフロントThe Front)の一員となり、ドリュー・グラック率いるキャンペーン・フォア・ア・ベター・コンバットゾーンとフォールズ・カウント・エニウェアマッチで対戦するが敗戦した[10]。6月14日、Beyond Wrestling We Care A Lotにてエディ・エドワーズと対戦。30分という長期戦となるが最後にハーフ・アンド・ハーフ・スープレックスを決めて勝利した[11]。同月30日、ニュージャージー州を拠点とするWIR(Wrestling Is Respect)の1DayトーナメントであるQuest To The Bestにフランク・オルークFrank O'Rourke)のリングネームで参戦。1回戦でグラン・アクマ、準決勝でアンソニー・ストーンを撃破。そして決勝にしてCHIKARA所属のグリーン・アントと対戦して勝利。優勝を飾った[12]。9月14日、CZW Down With The Sickness 2013にてナイルズ・ソツィオと組んでOI4K(デーブ・クリスト & ジェイク・クリスト)と対戦。終盤に追い込まれるがDJハイドの介入により攻勢を逆転すると最後にソツィオがジェイクを丸め込み勝利した[13]。同月15日、Beyond Wrestling Point Of No ReturnにてCZWではライバル関係であるドリュー・グラックと組んでドージョー・ブロズ(エディ・エドワーズ & ロデリック・ストロング)と対戦。最後にストロングにハーフ・アンド・ハーフ・スープレックスを決めて勝利[14]。以降、アントニオ・トーマス、ファイヤー・アント、トマソ・チャンパといった実力者達を相手に勝利を収める。11月17日、Beyond Wrestling Tournament For Tomorrow IIにてエディ・エドワーズと60分アイアンマンマッチでの試合を行う。試合は熾烈な打撃戦となるが52分に受け身を取れない状態にしたスーパーハーフネルソン・スープレックスを決めて1本を先取。結局この1本で終了となり勝利を飾った[15]。同月28日、TRPの1DayトーナメントであるKiller Kowalski Cup 2013に出場。1回戦でマイキー・ウェブ、準決勝でコンゴを破り、そして決勝でジミー・プレストンに勝利して優勝を飾った[16]

2014年1月11日、CZW Answering The Challengeにてクリス・ディッキンソンと対戦。最後にヒップトスからフォールを奪い勝利[17]。4月3日、ニュージャージー州を拠点とするEVOLVEのEVOLVE 28に参戦。ドリュー・グラックと対戦し、終盤にグラックのフィニッシャーであるグロックを極められるが切り返してチョークスリーパーを決めて勝利した[18]。5月10日、CZW Proving Grounds 2014にてCZW世界ヘビー級王座を保持するドリュー・グラックに挑戦。最後にSTFを決めるとギブアップを奪い、CZW最高の王座を戴冠した[19]。CZW世界ヘビー級王座戴冠後、ダニー・ハヴォック、マット・トレモント、マイク・ベイリー、ジェイク・クリストなどを相手に防衛を重ねる。10月にはドイツにて行われたCZW、ドイツを拠点とするwXw(Westside Xtreme Wrestling)、大日本プロレスが3団体合同で行ったWorld Triangle League 2014に出場。予選で勝ち点7を勝ち取り決勝に進出。同月5日、決勝でのカーステン・ベック、リッチ・スワンとの3wayマッチにて対戦するがベックがスワンへパイルドライバーを決めて勝利し、優勝するに至らなかった[20]。同月のヨーロッパ遠征ではマーティン・カービー、エル・リヘロ、ピート・ダンなどを相手にCZW世界ヘビー級王座戦を行い防衛した。11月、中国にて行われたWWNLive In Chinaにて同月12日にはティモシー・サッチャーと対戦して勝利[21]。同月13日にはジョディ・クリストファーソンと対戦してカウントアウトにより勝利した[22]。同月よりCZWでライバル関係であったドリュー・グラックとフォース・ガンなるタッグチームを結成[23]。同月29日、Beyond Tournament For Tomorrow 3:16にグラックとのタッグでエントリーし、決勝まで進出。同月30日の決勝にて4wayイリミネーションタッグマッチを行い優勝を飾った[24]

2015年4月26日、カナダの団体であるSMASHのThe Art Of Warにてグラックと組んでアメリカン・ウルブズエディ・エドワーズ & デイビー・リチャーズ)と対戦して勝利[25]。6月26日、カリフォルニア州を拠点とするPWG(Pro Wrestling Guerrilla)のMystery Vortex IIIにてティモシー・サッチャーと対戦して最後にヘッドロック・チョークを決めて勝利[26]。9月26日、Beyond Greatest Rivals Round Robinに出場。ドリュー・グラック、ティモシー・サッチャー、エディ・エドワーズ、自身を含めた4名での総当たり戦によるポイント制のトーナメントであり、1回戦でグラック、2回戦でサッチャーに勝利。そして3回戦で勝ち点2同士のエドワーズと対戦。最後に逆落としを決めて勝利。優勝を飾った[27]

WWE編集

NXT編集

2015年9月1日、WWEと契約を交わして入団する事が発表された[28]。10月28日、公式に入団する事が決定し、育成施設であるWWEパフォーマンスセンターでトレーニングを開始[29]。同月30日、傘下団体であるNXTのNXT Liveにてハロウィンコスチューム・バトルロイヤルに本名名義であるクリス・ジラードChristopher Girard)でデビューを飾った[30]

2016年1月9日、NXT Liveにてリッチ・スワンと対戦。最後にホッピング450°を決められ敗戦[31]。2月24日、NXTにて初登場。ウーハー・ネイションと対戦。中盤にはエルボーとアッパーを打ち分け、ヨーロピアン・アッパーカットを決めて追い込む。さらにネックロックを決めて攻めるが最後に延髄斬りからトス・パワーボムへと繋がれ敗戦[32]

6月9日、NXTのテーピングに合わせてリングネームをオニー・ローキャンOney Lorcan)に変更[33]

得意技編集

 
ブロックバスター
フィニッシャー。ハーフネルソン・スープレックス
スタンディング・スリーパーホールドの状態から後方へ回転して首を絞めながら払い腰の要領でマットに叩きつける技。投げた後、そのままスリーパーホールドをかけ続けてギブアップを奪う場合が多い。
ランニング・ローリング・ネックブリーカー

獲得タイトル編集

CZW
TRP
  • TRPヘビー級王座 : 1回
  • TRPインターステート王座 : 1回

入場曲編集

  • Bro Hymn - Pennywise
  • Take It If You Want It
  • Combative - 現在使用中

脚注編集

  1. ^ Biff Busick”. Online World of Wrestling. 2015年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月28日閲覧。
  2. ^ Interview ? Biff Busick”. The British Wrestling Revival. 2014年7月23日閲覧。
  3. ^ TRP Whaling City Festival 2009 - Day 3 Evening Show”. Wrestlingdata.com. 2009年7月12日閲覧。
  4. ^ CW Night of Chaos 2009”. Wrestlingdata.com. 2009年11月13日閲覧。
  5. ^ Smackdown Results - 1/1/10”. Wrestleview.com. 2010年1月2日閲覧。
  6. ^ Top Rope Promotions “The Anniversary Event” Results”. porkycow.com. 2012年7月23日閲覧。
  7. ^ TRP Whaling City Festival - Day 2”. Wrestlingdata.com. 2012年7月14日閲覧。
  8. ^ Beyond Wrestling 09.30.12 Armory Amore Results”. PWPonderings.com. 2012年9月30日閲覧。
  9. ^ AIW Hell On Earth 8 11.23.12 Results”. PWPonderings.com. 2012年11月24日閲覧。
  10. ^ CZW at WrestleCON VOD Review”. PWPonderings.com. 2013年5月10日閲覧。
  11. ^ Beyond Wrestling We Care a Lot and All Killer (partial) results 06.14.2013”. PWPonderings.com. 2013年6月14日閲覧。
  12. ^ Wrestling is Respect 06.30.13 Quest for the Best Results”. PWPonderings.com. 2013年6月30日閲覧。
  13. ^ CZW Down with the Sickness 09.14.13 iPPV Results and Analysis”. PWPonderings.com. 2013年9月14日閲覧。
  14. ^ Beyond Wrestling “Point of No Return” Review”. PWPonderings.com. 2014年7月14日閲覧。
  15. ^ Beyond Wrestling “Tournament for Tomorrow 2 ? Finals” Review”. PWPonderings.com. 2015年3月12日閲覧。
  16. ^ TRP Results: Killer Kowalski Cup 2013 ? Fall River, MA (11/28)”. PWPonderings.com. 2013年11月29日閲覧。
  17. ^ RADICAN'S CZW "Answering the Challenge" iPPV report 1/11 - Dickinson-Busick, Juicy Product-OI4K, Gulak-Lucky 13”. PWtorch.com. 2014年1月14日閲覧。
  18. ^ EVOLVE 28 04/03/14 iPPV Review”. PWPonderings.com. 2014年4月3日閲覧。
  19. ^ CZW "Proving Grounds" Results”. CZWrestling.com. 2014年5月12日閲覧。
  20. ^ World Triangle League 2014 - Night 4”. wXw-wrestling.com. 2014年10月5日閲覧。
  21. ^ WWNLive 11/12/14 China Tour Night 2 Results”. PWPonderings.com. 2014年11月12日閲覧。
  22. ^ WWNLive 11/14/14 China Tour Night 3 Results”. PWPonderings.com. 2014年11月14日閲覧。
  23. ^ Fourth Gunn”. Wrestlingdata.com. 2014年11月7日閲覧。
  24. ^ Beyond Wrestling 11/30/14 Tournament For Tomorrow 3 Results”. PWPonderings.com. 2014年11月30日閲覧。
  25. ^ SMASH Results: The Art Of War – Toronto, Canada (4/26)”. Wrestling-News.net. 2015年4月26日閲覧。
  26. ^ PWG 06/26/15 Mystery Vortex III Rock & Shock the Nation Results”. PWPonderings.com. 2015年6月27日閲覧。
  27. ^ Beyond Wrestling 09/26/15 Greatest Rivals Round Robin Results”. PWPonderings.com. 2015年9月27日閲覧。
  28. ^ WWE NEWS: Two independent stand-outs sign with WWE”. PWtorch.com. 2015年9月1日閲覧。
  29. ^ Tough Enough competitors join new class of recruits at the WWE Performance Center”. WWE.com. 2015年10月28日閲覧。
  30. ^ WWE NXT Live Event Results (10/30): Gainesville, FL; Finn Balor and Enzo Amore Team-Up, Huge Battle Royal, Nia Jax In-Action, More”. WrestleZone.com. 2015年10月30日閲覧。
  31. ^ WWE NXT Live Event Results From Citrus Springs (1/9): Bayley Defends, Six-Man Main Event, More”. WrestlingInc.com. 2016年1月9日閲覧。
  32. ^ WWE NXT results: Feb. 24, 2016 - Eva Marie & Nia Jax steal one from Bayley & Carmella”. WWE.com. 2016年2月24日閲覧。
  33. ^ Chris Girard's New WWE NXT Ring Name, Ember Moon Wins Dark Match, Xavier Woods - Virtual Reality”. Wrestlinginc.com. 2016年6月9日閲覧。

外部リンク編集