ビーフステーキ

肉料理の一種で牛の厚切り肉を焼いたステーキ
淡路ビーフのテンダーロインステーキ

ビーフステーキ(: beefsteak)とは、牛肉ステーキに切り分けたもの。また、それをフライパン等の鉄板、あるいは金網等を使用して直火焼きするなどした料理である。

概要編集

ステーキの語源は串に刺した肉を意味する古ノルド語 (steik) に由来するとされ、ロンドンで切り身を焼く形になった。日本では、古くはポルトガル語の「ビステカ (bisteca)」からビステキ[1]と呼ばれ、またフランス語の「ビフテック (bifteck)」からビフテキ[2][3]とも呼ばれる。現在はこれらの名がレストランなどで使用されることは少ないが、「美素敵」といった当て字や「ビフテキ丼」などの料理名として用いられることはある。

焼き加減編集

肉の種類や好みによって、焼き加減が異なる。

部位編集

 
牛肉の部位名称(アメリカ式)
 
牛肉の部位名称(イギリス式)

使用する肉の部位によって区別される。の解体方法や枝肉の切り分け方は国によって異なり、また同じ名称でも指す部分が異なることがある。

脚注編集

  1. ^ 正岡子規夏目漱石和辻哲郎山田風太郎らの作品に記されている。ちなみにスペイン語ではbistec、イタリア語ではbisteccaという。
  2. ^ 北岡敬『そこが知りたい【事始め】の物語』雄鶏社
  3. ^ 「ビフテキ」は「ビーフステーキ」じゃない?! 素敵なステーキがもたらす幸せ - 日本ハム > なるほどコラム(更新日不明)2018年2月26日閲覧

関連項目編集