ピット=デヴォンシャー公爵内閣

ピット=デヴォンシャー公爵内閣(ピット=デヴォンシャーこうしゃくないかく、英語: Pitt–Devonshire ministry)は、1756年11月から1757年4月までのグレートブリテン王国の内閣。大ピット第4代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュが共同で内閣の長を務めた。1757年4月に大ピットが罷免されると、暫定内閣を経て7月に大ピットと初代ニューカッスル公爵トマス・ペラム=ホールズを長とする第2次ニューカッスル公爵内閣が成立した。

閣僚編集

役職 肖像 名前 在任
第一大蔵卿   デヴォンシャー公爵 1756年 - 1757年
財務大臣   ヘンリー・ビルソン=レッグ 1756年 - 1757年
  マンスフィールド男爵英語版[1] 1757年
王璽尚書   ゴア伯爵 1755年 – 1757年
ランカスター公領大臣   エッジカム男爵 1743年 - 1758年
南部担当国務大臣   ウィリアム・ピット(大ピット) 1756年 - 1757年[1]
北部担当国務大臣   ホルダーネス伯爵 1754年 - 1761年
第一商務卿   ハリファックス伯爵 1748年 - 1761年
海軍大臣   テンプル伯爵 1756年 - 1757年
  ウィンチルシー伯爵[1] 1757年
海軍会計長官英語版   ジョージ・グレンヴィル 1756年 - 1757年
アイルランド総督   デヴォンシャー公爵 1755年 - 1757年
  ベッドフォード公爵 1757年 - 1761年

脚注編集

  1. ^ a b c "No. 9676". The London Gazette (英語). 5–9 April 1757. p. 2.

参考文献編集

  • Cook, Chris; Stevenson, John (1988). British Historical Facts 1688–1760. Macmillan. pp. 44–5 
先代
第1次ニューカッスル公爵内閣
グレートブリテン王国の内閣
1756年 - 1757年
次代
暫定内閣