メインメニューを開く

ファイナル・カット』(Final cut)は、2004年アメリカ合衆国で公開された、ロビン・ウィリアムズ主演のSFサスペンス映画である。

ファイナル・カット
The Final Cut
監督 オマー・ナイーム
脚本 オマー・ナイーム
製作 ニック・ウェクスラー
製作総指揮 ナンシー・パロイアン・ブレズニカー
出演者 ロビン・ウィリアムズ
音楽 ブライアン・タイラー
撮影 タク・フジモト
編集 デデ・アレン
ロバート・ブレイキー
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年
日本の旗 2005年12月23日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $551,281[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

人間が、全人生の記憶を記録した「ゾーイ」と呼ばれるマイクロ・チップを脳に埋め込むようになったという近未来の社会が舞台。そして、上流階級の間ではその映像を編集してもらい、「追悼上映会」として葬式の後に公開することが流行っていた。ところが、そうやって人の記憶を編集することについて異を唱える人も多かった。

ゾーイ記録映像の編集者、アラン=ハックマン(ロビン・ウィリアムズ)は、ゾーイ製造元「アイテック社」の顧問弁護士、バニスター氏の追悼上映会用映像を依頼される。かつて編集者であったフレッシャー(ジム=カヴィーゼル)は、アイテック社の不正を暴くべく、アランにバニスターのゾーイチップを渡すよう頼んだが、断られた。

ある日の作業中、バニスターの記憶映像の中に、自分の幼少期以来の記憶において大きな影響を与えてきた人物が成人したと思われる姿を見付ける。アランは、てっきり彼は自分のせいで死んでしまったものと思いこんでいたのである。

果たして自分の記憶は正しかったのか、アランは真相を確かめようとするが…。

キャスト編集

スタッフ編集

参考文献編集

  1. ^ The Final Cut (2004)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年2月9日閲覧。

外部リンク編集