共和党 (アイルランド)

アイルランドの政党
フィアナ・フォイルから転送)

共和党(きょうわとう、: Fianna Fáil - An Páirtí Poblachtánach[18]Fianna Fáil - The Republican Party[19])は、アイルランド政党

アイルランドの旗 アイルランド政党
共和党
Fianna Fáil - An Páirtí Poblachtánach
Fianna Fáil – The Republican Party
Logo of the Fianna Fáil.png
ロゴマーク
党首 ミホル・マーティン
成立年月日 1926年
本部所在地 ダブリン2区ロウアー・マウント通り65 - 66番地
ドイル・エアラン議席数
38 / 160   (24%)
(2020年2月8日)
シャナズ・エアラン議席数
14 / 60   (23%)
政治的思想・立場 保守主義[1][2]
ポピュリズム[3][4][5]
親ヨーロッパ主義英語版[6]
アイルランド統一英語版[7][8]
中道[9][10][11][12] - 中道右派[13][14][15][16][17]
公式サイト fiannafail.ie
公式カラー
国際組織 自由主義インターナショナル(オブザーバー)
欧州自由民主改革党
欧州刷新
テンプレートを表示

概要編集

正式名称「フィアナ・フォイル - 共和党」の「フィアナ・フォイル(Fianna Fáil[20]」は、アイルランド語で「運命の兵士たち」の意味である。

現在、第33次国会の連立政権のひとつであり、2020年6月27日に共和党、統一アイルランド党緑の党の間で連立政権が合意された後に結成された[21][22]1992年以来の虹の連立であり、共和党が政権を握るのは2011年以来となる。

1926年5月16日アイルランド内戦後の棄権主義の問題でシン・フェイン党の反条約派から分裂したエイモン・デ・ヴァレラと支持者によってアイルランド共和党として設立された[23]1927年以来、共和党は統一アイルランド党とともにアイルランドの二大政党の一つであり、どちらも中道右派であり、労働党シン・フェイン党の右に位置する政党である。20世紀のほとんどの間、アイルランドの政治を支配しており、創立以来、統一アイルランド党か労働党のどちらかがすべての政府を率いてきた。1932年から2011年までの間、統一アイルランド党はドイル・エアランで最大の政党であった。1989年から2011年までは、左派と右派の政党との連立政権を率いていた。

党首のミホル・マーティンは、第32次国会の初めに、統一アイルランド党率いる少数派政府との間で信頼と供給の取り決めを行った[24]

共和党は2020年6月27日から連立政権のひとつとなっている。総選挙後の数か月間の政治的膠着状態を経て、共和党は統一アイルランド党、緑の党と連立協定を結ぶことで合意した。これはアイルランド政治史で初めてのことで、共和党と統一アイルランド党が正式に連立を結んだことはなかった。共和党党首のミホル・マーティンは、2022年に統一アイルランド党党首に交代する前に、政府の最初の2年間は首相としての役割を果たすために指名された。前任者で統一アイルランド党党首のレオ・バラッカーは、アイルランドの副首相に就任した。共和党が政権を握るのは、1997年から2011年までのバーティ・アハーンブライアン・カウエン以来、初めてとなる。80年以上にわたってアイルランド下院(ドイル・エアラン)で最大の政党であったが、経済政策の失敗を受けて2011年2月の総選挙で惨敗し、20議席の獲得にとどまった。2016年の総選挙では44議席を獲得し、ウラクタスの両院(ドイル・エアランシャナズ・エアラン)で最大の野党となり、第2党となっている[25][26]

2009年4月16日欧州自由民主改革党へ、同年実施の欧州議会議員選挙後には欧州自由民主同盟へそれぞれ加盟している[27][28]2019年2月9日以降、共和党は北アイルランド社会民主労働党と提携している[29]

党史編集

共和党は、シン・フェイン党の元指導者であるエイモン・デ・ヴァレラによって設立された。1926年のシン・フェイン・アード・フェイス(Sinn Féin Ard Fheis)で提案した忠誠宣誓が取り除かれた場合には、選挙で選ばれた議員がドイル・エアランの議席に就くことができるようにするという動議が可決されなかったため、他の多くの議員がシン・フェイン党から離脱した[30]。デ・ヴァレラの新党は同年4月2日に党名を採用した。同党は条約締結にも反対していたが、棄権主義を拒否し、代わりにアイルランド自由国の内部からの共和化を目指していた。共和党の経済独裁主義の綱領は、農民や労働者階級、貧困層にアピールしていたが、より裕福な層には疎外感を与えていた[31]

共和党は1932年3月9日に初めて政権に就いた。2011年の選挙までの79年間のうち61年間政権を握っていた。最長の連続政権期間は15年11か月(1932年3月 - 1948年2月)である。20世紀での最長の単独離職期間は4年4か月(1973年3月 - 1977年7月)であった。党首全員が首相を務めた[32]

共和党は2009年4月16日欧州自由民主同盟(ALDE)に加盟し、2009年6月から2014年7月1日までの第7期欧州議会期間中は、同党の欧州議会議員(MEP)がALDEグループに座っていた。同党は自由主義インターナショナルの一員である[33]。これに先立ち、同党は1999年から2009年までの間、欧州連合の強大化に懐疑的なユーロセプティクな欧州諸国連合に属していた[34]

1932年の総選挙から2007年の総選挙まで、すべての総選挙後の議会で最大の政党であった。2008年以降のアイルランド経済の低迷期には、共和党が政権政党としての責任を負っていると見られていたが、支持率は急落し、2009年2月27日に行われた世論調査では、有権者の10%が政府の業績に満足していないとの結果が出た[35][36]2011年の総選挙では、史上最悪の惨敗を目の当たりにした[37][38]。この惨敗は「歴史的」なものであり、「考えられない」と評された[39][40]。同党はドイル・エアランで最大の党から第3の党に沈み、78議席中58議席を失った[41][42]

組織編集

共和党では、「クマン制度」と呼ばれる構造を採用している。基本的な単位はクマン(支部)であり、クマンは各小選挙区に置かれた地区支部と小選挙区支部に分けられていた[43]

しかし、1990年代初頭以降、クマンの構造は弱体化した。すべてのクマンは、その規模に関わらず、選考大会への投票権を3票としていたため、多数のクマンが実質的に「ペーパー・クマイン」となり、候補者が十分な票を獲得できるようにするためだけに利用されていた[44]

2007年の選挙以来、党の組織構造は著しく弱体化している。これは、2011年の総選挙に向けた候補者間の対立が顕著になったこともあり、一部では悪化した[45]アイリッシュ・タイムズ紙によると、3,000人の党員の半数が事実上の活動休止状態にあると推定されている[46]。ブライアン・レニハンとブライアン・レニハン・ジュニアがかつて居住していたダブリン・ウェスト選挙区を除き、ダブリンではこの割合が増加している[47]

思想編集

 
以前使用されていたロゴマーク

共和党は典型的な包括政党と見られている。R・ケン・カーティは、共和党と統一アイルランド党について、「支持基盤が異質で、政策やプログラムの面で比較的差別化されておらず、支持率が著しく安定している」と書いている。専門家調査、世論調査、候補者調査から得られた証拠はすべて、両党の間に強い違いを見出すことができないともされている[48][49][50][51]アイルランド内戦の政治を指摘し、分裂の根底にあるのは、アイルランド統一を達成するための戦略の不一致だと感じている。ケビン・バーンと政治学者のオーエン・オマリーはこれを否定し、両党の違いはアイルランドの歴史の中ではるかに遡ると主張している。両党を異なる民族主義的伝統(アイルランド啓蒙主義とゲール民族主義)と結びつけ、それをアイルランドへのアングロ=ノルマン人や新英人の移住やゲール民族の移住と結びつけたのである[52]

1990年代には、共和党は保守政党であると同時に、民族主義政党でもあると表現されていた。共和党は「幅広い教会」として自らを提示し、格差のある社会階級を超えて支持を集めてきた[53][54]1989年から2011年までの間、左派右派の政党との連立政権を率いてきた。共和党の綱領には、アイルランドの統一、アイルランド語の振興と保護、アイルランドの伝統である軍事的中立の維持など、永続的な公約が含まれている[55][56]。同党は統一アイルランド党よりもポピュリスト[57]、民族主義的で、一般的に言えば経済的介入主義的だが[58]、ライバルの欧州連合(EU)支持を表明している[59][60]欧州議会欧州自由民主同盟の一部ではあるが、自由権に関する立場を支持していない[61]。しかし、2010年には同性の市民パートナーシップを法制化した[62]

党名とロゴマークには「The Republican Party共和党)」の文字が使われている。共和党によると、「共和党とは、島の統一と、ヨーロッパの共和制哲学の歴史的原則である自由、平等、友愛へのコミットメントの両方を意味している」という[63]。党発足当初の主な目標は、南北統一であった[64]

党首編集

党首としての任期と首相としての任期は以下の通り。

  1. エイモン・デ・ヴァレラ1926年 - 1959年)
  2. ショーン・F・リーマス英語版1959年 - 1966年)
  3. ジャック・リンチ英語版1966年 - 1979年)
  4. チャールズ・ホーヒー1979年 - 1992年)
  5. アルバート・レイノルズ1992年 - 1994年)
  6. バーティ・アハーン1994年 - 2008年)
  7. ブライアン・カウエン2008年 - 2011年)
  8. ミホル・マーティン2011年 - 現在)

北アイルランドの政治編集

2007年9月17日、共和党は初めてイギリス北アイルランドで党を結成することを発表した。当時の外務大臣ダーモット・アハーンは、この問題に関する委員会の議長を務めるよう依頼された。「ダーモット・アハーン外相は、今後、この政策を実行するための戦略を策定するための努力をリードし、時間軸や構造を検討していくことになるだろう。我々は徐々に戦略的に行動する。我々は幻想を抱いているわけではない。それは簡単なことではないだろう。しかし、私は成功すると確信している」と述べた[65]

党は2007年9月に初めて国境以北の北部の大学で募集活動を開始し、ベルファストクイーンズ大学に2つの「政治協会」を設立した。2008年2月23日、元アルスター連合党(UUP)評議員のハーヴェイ・ビッカー大佐が共和党に参加したことが発表された。

バーティ・アハーン2007年12月7日、共和党が英国選挙管理委員会によって北アイルランドで登録されたことを発表した。2009年12月、共和党は、無所属の立法議会(MLA)であったゲリー・マクヒューの入党を発表し、初の北アイルランド議会のMLAを確保した[66]。マクヒューは、入党はしたものの引き続き無所属のMLAとして座ることを確認した。2010年6月、共和党は北アイルランド初の公式事務所をアーマー県のクロスマグレンに開設した。当時のブライアン・カウエン首相が公式に事務所を開設し、エアモン・オ・クイーブ大臣、ダーモット・アハーン大臣、ローリー・オハンロン下院議員、マーガレット・コンロン下院議員が同席した。すべてのアイルランドの政治に向かって党のゆっくりとした開発を議論し、カウエンが観察された。「我々は非常にオープンで実用的なアプローチを持っている。我々は、立憲共和党であり、この党が設立された上での抱負の秘密を作らない。私たちが何を達成しようとしているのか、それはこの国を和解させることであり、過去の歴史の囚人ではないということだと、私たちの心の中では常に明確になっている。新しいアイルランドを建設する世代の一員となること、それは我々が誇りに思えるアイルランドを築くことである」と述べた[67]

2007年現在、共和党は北アイルランドで登録され、認められた政党である。しかし、この地域では選挙には参加していない。

2017年には、オマーのソルチャ・マカネスピー議員は、2019年の北アイルランド地方政府選挙に共和党として立候補したいと発言した。2017年10月、党の全国執行部である「15人の委員会」の北部代表に選出された。

2019年1月24日からは、以前は北アイルランドの主要なアイルランド国民党であった社会民主労働党(SDLP)と提携しているが、現在はシン・フェイン党よりも小さな政党となっている。数年前から、最終的な提携についての憶測が流れていた。

共和党とSDLPは現在、北アイルランドの現在の政治状況への対処、医療や教育などのアイルランドの両方の管轄区域での公共サービスの改善、島の人々のさらなる団結と協力をもたらし、アイルランドの再統一に関する将来の世論調査のための手配を含む主要な分野で政策を共有している[68][69]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ T. Banchoff (1999). Legitimacy and the European Union. Taylor & Francis. p. 130. ISBN 978-0-415-18188-4. https://books.google.com/books?id=oX29JQSj_oUC&pg=PA130 2017年10月19日閲覧。 
  2. ^ “Beyond the yin and yang of Fine Gael and Fianna Fáil”. (2016年2月). https://www.theguardian.com/commentisfree/2011/feb/24/fine-gael-fianna-fail-ireland 2016年2月26日閲覧。 
  3. ^ Interview: Micheál Martin on restoring his party’s dominance”. 2017年10月1日閲覧。
  4. ^ The winner of Election 2016 is social democracy”. 2017年10月1日閲覧。
  5. ^ Fianna Fáil Statement 2nd February 2017”. 2017年10月1日閲覧。
  6. ^ Fianna Fáil: Tenacious Localism, Tenuous Europeanism”. Irish Political Studies. 2018年2月25日閲覧。
  7. ^ About Fianna Fáil”. Fianna Fáil. 2017年10月1日閲覧。
  8. ^ Aodha, Gráinne Ní. “Fianna Fáil's plans for North-South reunification get cautious welcome from Sinn Féin”. 2017年10月1日閲覧。
  9. ^ HRM in Europe. Human Resource Management in Europe. p.39. Edited by Chris Brewster, Wolfgang Mayrhofer and Michael Morley. Published by Routledge and Elsevier in Amsterdam. First published in 2004. Retrieved 18 July 2017, via Google Books.
  10. ^ Fianna Fail on election footing now, says Martin. Irish Independent. Author - Daniel McConnell. Published 1 January 2015. Retrieved 18 July 2017.
  11. ^ Micheal Martin to replace Brian Cowen as Fianna Fail leader. The Telegraph. Published 26 January 2011. Retrieved 18 July 2017.
  12. ^ Weakened Irish PM faces delicate balancing act. EUobserver. Author - Shona Murray. Published 12 May 2016. Retrieved 18 July 2017.
  13. ^ George Taylor; Brendan Flynn (2008). “The Irish Greens”. Green Parties in Transition: The End of Grass-roots Democracy?. Ashgate Publishing, Ltd.. p. 97. ISBN 978-0-7546-7429-0. https://books.google.com/books?id=BJmqUTBiZ3EC&pg=PA97 
  14. ^ John Barlow; David Farnham; Sylvia Horton; F.F. Ridley (2016). “Comparing Public Managers”. New Public Managers in Europe: Public Servants in Transition. Springer. p. 19. ISBN 978-1-349-13947-7. https://books.google.com/books?id=UJu-DAAAQBAJ&pg=PA19 
  15. ^ Titley, Gavan (2011年2月24日). “Beyond the yin and yang of Fine Gael and Fianna Fáil”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/commentisfree/2011/feb/24/fine-gael-fianna-fail-ireland 
  16. ^ Smyth, Jamie (2011年10月14日). “McGuinness battles to escape IRA past”. The Financial Times. http://www.ft.com/intl/cms/s/0/52e65dd8-f680-11e0-9381-00144feab49a.html 
  17. ^ Haughey, Nuala (2010年11月28日). “Irish protest against austerity cuts”. The National. http://www.thenational.ae/news/world/irish-protest-against-austerity-cutss [リンク切れ]
  18. ^ T. Banchoff (1999). Legitimacy and the European Union. Taylor & Francis. p. 127. ISBN 978-0-415-18188-4. https://books.google.com/books?id=GgvLEFPY8l4C&pg=PA127 2012年8月26日閲覧。 
  19. ^ About Fianna Fáil”. Fianna Fáil. 2016年1月26日閲覧。 “The party's name incorporates the words 'The Republican Party' in its title.”
  20. ^ Fianna Fáil”. Longman Dictionary of Contemporary English. Longman. 2019年8月14日閲覧。
  21. ^ “下院総選挙で与党が敗北、南北アイルランド統一のシン・フェインが躍進(アイルランド)”. 日本貿易振興機構. https://www.afpbb.com/articles/-/3290727?cx_amp=all&act=all 2020年7月5日閲覧。 
  22. ^ “アイルランド首相にマーティン氏、シン・フェイン排除し3党連立”. AFPBB news. https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/02/b93b3bf8344d3727.html 2020年7月5日閲覧。 
  23. ^ History of Fianna Fáil”. fiannafail.ie. 2017年6月3日閲覧。
  24. ^ McDonald, Harry (2016年2月28日). “Fianna Fáil truce will allow Kenny to continue as taoiseach”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2016/feb/28/fianna-fail-ceasefire-will-allow-kenny-to-continue-as-taoiseach 2017年6月6日閲覧。 
  25. ^ “Election 2016 National Summary”. RTÉ News. http://www.rte.ie/news/election-2016/ 2016年4月15日閲覧。 
  26. ^ Boland, Vincent (2016年4月7日). “Ireland's main opposition party rejects coalition deal”. Financial Times. https://www.ft.com/content/be75a5bf-bd82-3b77-9b14-0ac31997301e 2017年6月7日閲覧。 
  27. ^ ALDE Party Members”. Alliance of Liberals and Democrats for Europe. 2017年6月4日閲覧。
  28. ^ Full Members of Liberal International”. Liberal International. 2014年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月4日閲覧。
  29. ^ Speech of Fianna Fáil Leader Micheál Martin TD at the announcement of Fianna Fáil/SDLP Partnership Initiative” (2019年1月24日). 2020年7月14日閲覧。
  30. ^ The Times, Irish Republican Split. Search For Basis of Cooperation 13 March 1926
  31. ^ Peter Mair and Liam Weeks, "The Party System," in Politics in the Republic of Ireland, ed. John Coakley and Michael Gallagher, 4th ed. (New York: Routledge, 2004), p. 140
  32. ^ Leaders of Ireland” (英語). Encyclopedia Britannica. 2020年2月20日閲覧。
  33. ^ Our Members—Europe”. Liberal International. 2020年7月14日閲覧。
  34. ^ Christophe Gillissen (2010). Ireland: Looking East. Peter Lang. p. 157–. ISBN 978-90-5201-652-8. https://books.google.com/books?id=QoKaFhA-unwC&pg=PA157 
  35. ^ “Angry electorate coldly voted to liquidate Fianna Fáil”. The Irish Times. (2011年2月28日). http://www.irishtimes.com/news/angry-electorate-coldly-voted-to-liquidate-fianna-f%C3%A1il-1.583810 2013年6月24日閲覧。 
  36. ^ “10% satisfied with Govt performance”. RTÉ. (2009年2月26日). オリジナルの2009年2月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090228055803/http://www.rte.ie/news/2009/0226/poll.html 2009年2月26日閲覧。 
  37. ^ “Recapturing relevance a huge challenge for FF”. The Irish Times. (2011年5月1日). http://www.irishtimes.com/opinion/recapturing-relevance-a-huge-challenge-for-ff-1.560434 2015年10月4日閲覧。 
  38. ^ Haughey, Nuala (2010年11月23日). “Irish government teeters on the brink”. The National. http://www.thenational.ae/news/world/europe/irish-government-teeters-on-the-brink 
  39. ^ “Recapturing relevance a huge challenge for FF”. The Irish Times. (2011年5月1日). http://www.irishtimes.com/newspaper/opinion/2011/0301/1224291075967.html 2013年6月24日閲覧。 
  40. ^ “Angry electorate coldly voted to liquidate Fianna Fáil”. The Irish Times. (2011年2月28日). http://www.irishtimes.com/news/angry-electorate-coldly-voted-to-liquidate-fianna-f%C3%A1il-1.583810 2013年6月24日閲覧。 
  41. ^ D.), Michael Marsh (Ph; Farrell, David M.; McElroy, Gail (6 September 2017). A Conservative Revolution?: Electoral Change in Twenty-first-century Ireland. Oxford University Press. ISBN 9780198744030. https://books.google.com/?id=doEjDgAAQBAJ&pg=PA209 
  42. ^ Thompson, Wayne C. (13 August 2015). Western Europe 2015-2016. Rowman & Littlefield. ISBN 9781475818857. https://books.google.com/?id=-apcCgAAQBAJ&pg=PA87 
  43. ^ Fianna Fail | History, Policies, & Facts” (英語). Encyclopedia Britannica. 2020年2月20日閲覧。
  44. ^ Fianna Fail's decline” (英語). The Irish Times. 2020年2月20日閲覧。
  45. ^ White, Michael (2011年2月25日). “Irish general election turns into slanging match with parties divided”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/world/2011/feb/25/irish-general-election-parties-divided 2011年2月27日閲覧。 
  46. ^ White, Michael (2011年2月25日). “Irish general election turns into slanging match with parties divided”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/world/2011/feb/25/irish-general-election-parties-divided 2011年2月27日閲覧。 
  47. ^ “Fianna Fáil has lost the local knowledge. The grassroots are not being listened to”. The Irish Times. (2011年8月27日). http://www.irishtimes.com/newspaper/weekend/2011/0827/1224303046802.html 
  48. ^ Laver, Michael; Benoit, Kenneth (April 2003). “The Evolution of Party Systems Between Elections”. American Journal of Political Science 47 (2): 215–233. doi:10.1111/1540-5907.00015. http://www.kenbenoit.net/pdfs/laverbenoitAJPS.pdf 2013年6月24日閲覧。. 
  49. ^ Benoit, Kenneth; Laver, Michael (June 2003). “Estimating Irish Party Positions Using Computer Wordscoring: The 2002 Elections”. Irish Political Studies 18 (1): 97–107. doi:10.1080/07907180312331293249. 
  50. ^ Benoit, Kenneth; Laver, Michael (Summer–Autumn 2005). “Mapping the Irish Policy Space: Voter and Party Spaces in Preferential Elections”. The Economic and Social Review 36 (2): 83–108. http://www.kenbenoit.net/pdfs/BenoitLaver_ESR_2005.pdf 2013年6月24日閲覧。. 
  51. ^ Gilland Lutz, Karin (Winter 2003). “Irish party competition in the new millennium: Change, or plus ça change?”. Irish Political Studies 18 (2): 40–59. doi:10.1080/1364298042000227640. 
  52. ^ Byrne, Kevin; O'Malley, Eoin (November 2012). “Politics with Hidden Bases: unearthing party system's deep roots”. British Journal of Politics and International Relations 14 (4): 613–629. doi:10.1111/j.1467-856X.2011.00478.x. http://kevinbyrne.ie/pubs/ByrneOMalley2012.pdf. 
  53. ^ “Micheal Martin elected as eighth leader of Fianna Fáil”. The Irish Times. (2011年1月26日). http://www.irishtimes.com/newspaper/breaking/2011/0126/breaking8.html 
  54. ^ Cowen, Barry (2011年5月26日). “Cowen Calls on Government to resist OECD right wing agenda”. Fianna Fáil. 2013年6月24日閲覧。
  55. ^ About Fianna Fáil”. Fianna Fáil. 2017年6月5日閲覧。
  56. ^ “Fianna Fáil”. Britannica.com. https://www.britannica.com/topic/Fianna-Fail 2017年6月5日閲覧。. 
  57. ^ “Ireland's EU Referendum Experience”. The Europeanization of Party Politics in Ireland, North and South. Routledge. (2013). p. 26. ISBN 9780955820373 
  58. ^ Murphy, William (2005). “Cogging Berkeley?: "The Querist" and the Rhetoric of Fianna Fáil's Economic Policy”. Irish Economic and Social History 32: 63–82. doi:10.1177/033248930503200104. JSTOR 24338940. 
  59. ^ Morris, Allison (2019年2月22日). “SDLP and Fianna Fáil call for all island pro remain alliance”. The Irish News. 2020年7月14日閲覧。
  60. ^ Irish PM's pro-EU party ahead in European vote, polls suggest”. France 24 (2019年5月25日). 2020年7月14日閲覧。
  61. ^ Voting behaviour in the new European Parliament: the first six months, EP7, 1st Semester: July–December 2009”. Votewatch.eu. 2020年7月14日閲覧。
  62. ^ Book (eISB), electronic Irish Statute. “electronic Irish Statute Book (eISB)” (英語). www.irishstatutebook.ie. 2020年7月14日閲覧。
  63. ^ Our Party”. Fianna Fáil (2013年10月28日). 2013年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月14日閲覧。
  64. ^ Kelly, Stephen (2013). Fianna Fáil, Partition and Northern Ireland, 1926-1971. Dublin: Irish Academic Press. pp. 9–12 
  65. ^ Ahern, Bertie (2007年9月17日). “Speech by Bertie Ahern at a Fianna Fáil conference, (17 September 2007)”. University of Ulster Conflict Archive on the Internet (CAIN) website. 2013年6月24日閲覧。
  66. ^ “Assembly Member Joins Fianna Fail”. BBC News. (2009年12月1日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/8387810.stm 2014年10月2日閲覧。 
  67. ^ “Taoiseach opens Fianna Fáil Party Office in Crossmaglen”. Crossmaglen Examiner. (2010年6月27日). http://www.crossexaminer.co.uk/archives/4509 2014年10月2日閲覧。 
  68. ^ Fianna Fail and SDLP announce joint partnership” (2019年1月24日). 2020年7月14日閲覧。
  69. ^ “SDLP and FF 'to unveil shared policies'”. BBC News. (2019年1月23日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-northern-ireland-46967829 

関連項目編集