フェラーリ・ポルトフィーノ

ポルトフィーノ (Ferrari Portofino)はイタリアの高級自動車メーカー、フェラーリが生産している2+2シーターのスポーツカーである。

フェラーリ・ポルトフィーノ
Ferrari Portofino
Ferrari Portofino IMG 0531.jpg
IAA 2017, Frankfurt (1Y7A3060).jpg
概要
製造国 イタリアの旗 イタリア
販売期間 2017年-
ボディ
乗車定員 4人
ボディタイプ クーペカブリオレ
駆動方式 FR
パワートレイン
エンジン 3,855ccV型8気筒ターボ
最高出力 600馬力/7,500 rpm
最大トルク 760Nm/3,000–5,250rpm
変速機 7速DCT
車両寸法
全長 4,586mm
全幅 1,938mm
全高 1,318mm
車両重量 1545kg
系譜
先代 カリフォルニアT
テンプレートを表示

概要編集

フェラーリは2017年8月23日、同年9月に開催される予定のフランクフルトモーターショーにて、カリフォルニアTの後継車にあたるポルトフィーノをワールドプレミアすると発表した[1]。車名のポルトフィーノは「イタリアで最も美しい町」として知られる港町「ポルトフィーノ」が由来で、9月には一般公開に先立ってポルトフィーノで発表会が行われた。

日本では2018年2月に正式発表された。

メカニズム編集

FR、V型8気筒、2+2シーターのクーペカブリオレという構成は先代のカリフォルニアを踏襲するが、シャシーは新設計されている。

デザインはフェラーリデザインセンターが担当。横方向に延ばされたLEDヘッドライトと左右両端まで延ばされたラジエターグリルが相まって、ワイド&ロ―が強調されている。ヘッドライトの外側のエッジにはフロントのホイールアーチを経て側面に沿って気流を排出し、ドラッグを軽減するエアインテークが内蔵。またクーペカブリオレでありながら、前例のないツーボックスファストバックスタイルが採用されている。

エンジンはカリフォルニアTのエンジンをベースにしているものの、ピストンとコンロッドは新型。エアテークシステムの設計やエンジン制御ソフトウェアの見直しにより、先代モデルの最高出力560ps、最大トルク77kgmの比で、パワーは40ps、トルクは0.5kgm高められ、600ps/7500rpm、最大トルク77.5kgm/3000-5250rpmを発揮する。これにより0-100km/h加速が3.5秒と、先代モデルの3.6秒から、0.1秒短縮。最高速は316km/hから320km/h以上にアップした。

環境対策にも気を配り、アイドリングストップをはじめとする「HELE」システムを装備し、パワーアップをしながらも欧州複合モード燃費は9.5km/リットルを維持。CO2排出量は先代モデルの250g/kmから245g/kmに削減されている。

出典編集

  1. ^ 【フランクフルトモーターショー2017】フェラーリ、ポルトフィーノ 発表へ…カリフォルニアT 後継は600馬力Response

関連項目編集

外部リンク編集

フェラーリ ロードカータイムライン 2000年代-<- Previous  
タイプ 2000年代 2010年代 2020年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
FR V12 550マラネロ 575Mマラネロ 599GTBフィオラノ F12ベルリネッタ 812スーパーファスト
4シーター 456M GT 612スカリエッティ GTC4ルッソT
V8/コンバーチブル カリフォルニア カリフォルニアT ポルトフィーノ
V8/クーペ ローマ
MR V8 360モデナ F430 458イタリア 488GTB F8トリブート
4WD/4シーター FF GTC4ルッソ
プラグインハイブリッド V8 SF90ストラダーレ
プラグインハイブリッド V6 296GTB
スペチアーレ エンツォフェラーリ ラ フェラーリ/アペルタ
XXプログラム FXX/Evo 599XX/Evo FXX K/Evo