メインメニューを開く

ポルトフィーノPortofino )は、クライスラーのチーフ・デザイナーの一人であったケヴィン・ヴァーダイン(Kevin Verduyn )がランボルギーニ向けに開発したコンセプトカーである[1]1987年フランクフルトモーターショーで披露されたこの車は、全長4 m 近くの完全に機能する4ドア、4座のスポーツ・セダンであった[2]

ランボルギーニ・ポルトフィーノ
ポルトフィーノの内装
LamborghiniPortofinoInterior.jpg
製造国 イタリアの旗 イタリア
デザイン ケヴィン・ヴァーダイン
乗車定員 4
ボディタイプ 4ドア・セダン
エンジン 3.5 L V型8気筒
駆動方式 MR
変速機 5速MT
-自動車のスペック表-

目次

デザイン編集

ケヴィン・ヴァーダインは1986年にクライスラー向けにナヴァホ(Navajo )と呼ばれるコンセプトカーをデザインした[2]が、これはクレイモデルの域を出ることはなかった。1987年にクライスラーがランボルギーニを傘下に収めると、このデザイン案は復活し、細部に幾らか手が入れられてポルトフィーノとなった。

ポルトフィーノは、イタリア トリノのコッジョラ(Coggiola )により製作されたが、延長したランボルギーニ・ジャルパシャーシを基にしたことでミッドシップ・エンジン後輪駆動車という形式となった。搭載された3.5 リットル V型8気筒エンジンと5速マニュアルトランスミッションもジャルパのものであった。このエンジンは7,000rpmで64.6 bhp/リットルの出力を発生した[2]。ポルトフィーノの最も興味深い特徴はカウンタックに似た上方へ跳ね上がるシザーズドア(scissor doors)形式の前部ドアで、後部ドアはスーサイドドアのような後ろヒンジで上方へ持ち上がって開いた。ボンネット上に貼られたロゴは、クライスラーの5陵星の中にランボルギーニの牡牛が描かれていた。

ポルトフィーノがたった1台のみのコンセプトカーであり、クライスラーによるランボルギーニの所有が長続きしなかった一方でこのコンセプトカーのデザインは続く20年でクライスラー車のデザインに採り入れられて影響を与えた。幅広く低い姿勢と大きく開けた内装はLHボディ車の証となり、これらの「キャブフォワード」(cab forward )様式は標準となった。三角形のヘッドライトと2条の窪みの入った後部方向指示灯は、そのまま初代のダッジ・イントレピッドに反映され、同車の一貫したデザイン上の特徴であり続けた。

唯一無二編集

ポルトフィーノの試作車は、シャーシ番号LC0001のただ1台のみが製作された。1991年にこの車は輸送中の事故により酷く破損したが、クライスラーはこれを30万ドルの費用をかけてコスタメサ (カリフォルニア州)のメタルクラフターズ (Metalcrafters )で復元し[2]、現在はオーバーンヒルズのクライスラー本社に展示されている[1]

ポルトフィーノはキャブフォワード様式のスタイリングを持つ初期の作品として知られており、このデザインの多くの要素がクライスラー・コンコード、ダッジ・イントレピッド、イーグル・ビジョンといった初期のクライスラー・LHプラットフォーム車に採り入れられた。

外部リンク編集

出典編集

  1. ^ Chrysler/Lamborghini Portofino - the STORY”. www.lambocars.com. 2012年12月15日閲覧。
  2. ^ a b c d 1987 Lamborghini Portofino”. www.carfolio.com. 2012年12月15日閲覧。