メインメニューを開く


フェラーリ・156/85 (Ferrari 156/85) は、スクーデリア・フェラーリ1985年のF1世界選手権で使用するため開発したフォーミュラ1カーハーベイ・ポスルスウェイトが設計した。

フェラーリ 156/85
156/85をドライブするアルボレート
156/85をドライブするアルボレート
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー ハーベイ・ポスルスウェイト
先代 フェラーリ・126C4M2
後継 フェラーリ・F186
主要諸元
エンジン フェラーリTipo031
主要成績
チーム フェラーリ
ドライバー ミケーレ・アルボレート
ルネ・アルヌー
ステファン・ヨハンソン
出走時期 1985年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
通算獲得ポイント 82
初戦 1985年ブラジルGP
初勝利 1985年カナダGP
最終戦 1985年オーストラリアGP
出走優勝表彰台ポールFラップ
1621011
テンプレートを表示

156/85編集

156/85は、1.5リッターV6ターボエンジン搭載の1985年のマシン、から取られた。

126C4の後継モデルとして登場した156/85は、完全に新設計の車体であった。

エンジンは前年までのV6ターボの改良版であったが、吸排気には大きな変更が加えられていた。前年までのエンジンはVバンク外側より吸気し、内側に排気されていた。このレイアウトには、120度の広角なVバンク内側に2基のターボチャージャーを配置することで排気バルブからターボまでの管長を短くする効果があったが、156/85用のエンジンではこのレイアウトが逆転され、Vバンク外側に排気管とターボ、内側にインテークチャンバーが配置された。この変更により車体後部の高さを抑えることができた[1]ほか、過給圧の増大によるターボの過熱とVバンクの内側に2個のターボが押し込められたことによる冷却不足を抑えることもできた[2]

サンマリノGP直前にはフィオラノで4基のターボを搭載したエンジンのテストも行われたが、実戦には投入されなかった[3]

第8戦イギリスGPのプラクティスから「Bスペック」が走り始め、第12戦イタリアGPからレースでも使用されたが競争力はかえって低下していた[4]

156/85はシャーシナンバー079から087までの9台製造された[3]

スペック編集

 
イギリスGPにてステファン・ヨハンソンがドライブする156/85

シャーシ編集

エンジン編集

  • エンジン名 Tipo031
  • 気筒数・角度 V型6気筒ツインターボ・120度
  • 排気量 1,496.4cc
  • 最大馬力 950(予選),780(決勝)馬力
  • シリンダーブロック アルミニウム
  • スパークプラグ チャンピオン
  • 燃料・潤滑油 Agip

成績編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
 
POR
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NLD
 
ITA
 
BEL
 
EUR
 
ZAF
 
AUS
 
1985 27   アルボレート 2 2 Ret 2 1 3 Ret 2 1 3 4 13 Ret Ret Ret Ret 82 2位
28   アルヌー 4
  ヨハンソン 8 6 Ret 2 2 4 Ret 9 4 Ret 5 Ret Ret 4 5

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Hamilton, Maurice, ed (1985). Autocourse 1985-1986. Hazleton Publishing. pp. p.86. ISBN 0-905138-38-4. 
  2. ^ 熊野 学, ed (1992). F-1エンジン入門. グランプリ出版. pp. p.162. ISBN 4-87687-121-3. 
  3. ^ a b Hamilton, Maurice, ed (1985). Autocourse 1985-1986. Hazleton Publishing. pp. pp.54-ff. ISBN 0-905138-38-4. 
  4. ^ モデルファクトリーヒロ 写真集 JOE HONDA Racing Pictorial Vol.22 フェラーリ 156/85 F186 1985-86 ISBN 978-4-905248-24-8