メインメニューを開く

1985年ドイツグランプリは、1985年F1世界選手権の第9戦[1]として、1985年8月4日ニュルブルクリンクで開催された。

ドイツの旗 1985年ドイツグランプリ
レース詳細
Nurburgring 1984.jpg
日程 1985年シーズン第9戦
決勝開催日 8月4日
開催地 ニュルブルクリンク
ドイツ ニュルブルク
コース長 4.542km
レース距離 67周(304.314km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'17.429
ファステストラップ
ドライバー オーストリアの旗 ニキ・ラウダ
タイム 1'22.806(Lap 53)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

概要編集

ティレルはこのレースでマーティン・ブランドルステファン・ベロフのマシンを入れ替え、ベロフにルノー車(カーナンバー3)を与え、ブランドルにDFY車(同4)を与えた。

ルノーはフランソワ・エスノーを3台目としてエントリーした。エスノーのマシンには、F1の実戦で初めて車載カメラが搭載された。

ヒューブ・ロテンガッターオゼッラに資金を持ち込み、ピエルカルロ・ギンザーニに代わり参戦した[2]

予選編集

初日のトップタイムはトールマンテオ・ファビが記録した。2日目の予選が雨に見舞われたため、初日のタイムでポールポジションはファビのものとなり、これはファビ自身、トールマンチーム、ハートエンジンにとって初となるポールポジションだった。

車載カメラを搭載したエスノーのマシンは23位で予選を通過した。この「カメラカー」が決勝に出走することになったため、各チームによるレース前の合意により決勝の出走台数が27台に拡張された[2]

決勝編集

グリッド上でポールポジションのファビのトールマンが僅かに動いた。これを止めようとした瞬間にグリーンライトが点灯したため、ファビはスタートに出遅れた。2位スタートのステファン・ヨハンソンは第1コーナーで他車と接触してタイヤをパンクさせ最後尾まで転落した。

序盤にレースをリードしたのはケケ・ロズベルグアイルトン・セナの2台で、ミケーレ・アルボレートがそれに続いた。セナはロズベルグを抜きトップに立つがマシントラブルでストップした。ロズベルグはスピンし、その隙にアルボレートとアラン・プロストにリードを許した。以後アルボレートは追走するプロストを振りきり、F1通算5勝目を挙げた。

結果編集

予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 1回目 2回目
1 19   テオ・ファビ トールマンハート 1'17.429 -
2 28   ステファン・ヨハンソン フェラーリ 1'18.616 1'46.919 +1.187
3 2   アラン・プロスト マクラーレンTAG 1'18.725 1'43.088 +1.296
4 6   ケケ・ロズベルグ ウィリアムズホンダ 1'18.781 1'39.547 +1.352
5 12   アイルトン・セナ ロータスルノー 1'18.792 1'36.471 +1.363
6 7   ネルソン・ピケ ブラバムBMW 1'18.802 1'49.347 +1.373
7 11   エリオ・デ・アンジェリス ロータスルノー 1'19.120 1'29.714 +1.691
8 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 1'19.194 1'41.490 +1.765
9 22   リカルド・パトレーゼ アルファロメオ 1'19.338 - +1.909
10 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 1'19.475 1'42.050 +2.046
11 8   マルク・スレール ブラバムBMW 1'19.558 1'38.330 +2.129
12 1   ニキ・ラウダ マクラーレンTAG 1'19.652 1'44.330 +2.223
13 26   ジャック・ラフィット リジェルノー 1'19.656 - +2.227
14 25   アンドレア・デ・チェザリス リジェルノー 1'19.738 1'39.623 +2.309
15 18   ティエリー・ブーツェン アロウズBMW 1'19.781 1'54.674 +2.352
16 15   パトリック・タンベイ ルノー 1'19.917 1'33.373 +2.488
17 17   ゲルハルト・ベルガー アロウズBMW 1'20.666 1'41.131 +3.237
18 23   エディ・チーバー アルファロメオ 1'21.074 1'32.376 +3.645
19 3   ステファン・ベロフ ティレルルノー 1'21.219 - +3.790
20 16   デレック・ワーウィック ルノー 1'21.237 1'46.473 +3.808
21 10   フィリップ・アリオー RAMハート 1'22.017 - +4.588
22 9   マンフレート・ヴィンケルホック RAMハート 1'22.607 1'51.109 +5.178
23 14   フランソワ・エスノー ルノー 1'23.161 - +5.732
24 30   ジョナサン・パーマー ザクスピード 1'24.217 1'51.833 +6.788
25 24   ヒューブ・ロテンガッター オゼッラアルファロメオ 1'26.478 - +9.049
26 4   マーティン・ブランドル ティレルコスワース 1'27.621 1'47.820 +10.192
27 29   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディモトーリ・モデルニ - 1'40.506 +23.077

決勝結果編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 67 1:35'31.337 8 9
2 2   アラン・プロスト マクラーレンTAG 67 + 11.661 3 6
3 26   ジャック・ラフィット リジェルノー 67 + 51.154 13 4
4 18   ティエリー・ブーツェン アロウズBMW 67 + 55.279 15 3
5 1   ニキ・ラウダ マクラーレンTAG 67 + 1'13.972 12 2
6 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 67 + 1'16.820 10 1
7 17   ゲルハルト・ベルガー アロウズBMW 66 +1 Lap 17  
8 3   ステファン・ベロフ ティレルルノー 66 +1 Lap 19  
9 28   ステファン・ヨハンソン フェラーリ 66 +1 Lap 2  
10 4   マーティン・ブランドル ティレルコスワース 63 +4 Laps 26  
11 29   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディモトーリ・モデルニ 62 エンジン 27  
12 6   ケケ・ロズベルグ ウィリアムズホンダ 61 ブレーキ 4  
リタイヤ 23   エディ・チーバー アルファロメオ 45 ターボ 18  
リタイヤ 11   エリオ・デ・アンジェリス ロータスルノー 40 エンジン 7  
リタイヤ 24   ヒューブ・ロテンガッター オゼッラアルファロメオ 32 ギアボックス 25  
リタイヤ 19   テオ・ファビ トールマンハート 29 クラッチ 1  
リタイヤ 12   アイルトン・セナ ロータスルノー 27 トランスミッション 5  
リタイヤ 16   デレック・ワーウィック ルノー 25 イグニッション 20  
リタイヤ 7   ネルソン・ピケ ブラバムBMW 23 ターボ 6  
リタイヤ 15   パトリック・タンベイ ルノー 19 スピンオフ 16  
リタイヤ 8   マルク・スレール ブラバムBMW 15 エンジン 11  
リタイヤ 9   マンフレート・ヴィンケルホック RAMハート 8 エンジン 22  
リタイヤ 22   リカルド・パトレーゼ アルファロメオ 8 ギアボックス 9  
リタイヤ 14   フランソワ・エスノー ルノー 8 クラッチ 23  
リタイヤ 10   フィリップ・アリオー RAMハート 8 油圧 21  
リタイヤ 30   ジョナサン・パーマー ザクスピード 7 オルタネータ 24  
リタイヤ 25   アンドレア・デ・チェザリス リジェルノー 0 衝突 14  
  • 予選、決勝順位は、公式サイト[3]およびAUTOCOURSE 1985-86[4]より。

記録編集

  • 最終グランプリ:マンフレート・ヴィンケルホック、フランソワ・エスノー
  • 初ポールポジション:テオ・ファビ
  • 最終勝利:ミケーレ・アルボレート

脚注編集

  1. ^ 当初の予定では第10戦だったが、第5戦として予定されていたベルギーGPが路面状況の悪化により延期され第13戦となったため、ドイツGPは第9戦に繰り上がった。
  2. ^ a b Hamilton, Maurice (ed.) (1985). AUTOCOURSE 1985-86. Hazleton Publishing. pp. pp.142-ff. ISBN 0-905138-38-4. 
  3. ^ The Official Formula 1 Website”. 2008年12月21日閲覧。
  4. ^ Hamilton, Maurice (ed.) (1985). AUTOCOURSE 1985-86. Hazleton Publishing. pp. pp.246-247. ISBN 0-905138-38-4. 

関連項目編集