メインメニューを開く

フェルナンド・メイレレス

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はフェレイラ第二姓(父方の)はメイレレスです。
Fernando Meirelles

フェルナンド・フェレイラ・メイレレス/フェルナンド・メイレリス(Fernando Ferreira Meirelles,1955年11月9日 - )は、ブラジルサンパウロ出身の映画監督

サンパウロ大学で建築を学んでいたが映画制作に興味を持つようになり、仲間達と短編映画を作り始める。テレビ局で働いた後、自分のプロダクション・カンパニーを立ち上げ、本格的に映画制作に携わるようになる。

特に2002年に制作した、リオデジャネイロファヴェーラスラム)の子供達の抗争を描いた『シティ・オブ・ゴッド』は世界中で高く評価され、アカデミー監督賞にもノミネートされた。

2005年にはジョン・ル・カレの原作を基に『ナイロビの蜂』を監督。この映画でレイチェル・ワイズアカデミー助演女優賞ゴールデングローブ賞の助演女優賞を受賞した。

2008年にはポルトガルノーベル文学賞作家・ジョゼ・サラマーゴの『白の闇』を原作に、合作『ブラインドネス』を監督した。

2016年、リオデジャネイロオリンピックの開会式の演出を手がけた。

主な監督作品編集

脚注編集

外部リンク編集