メインメニューを開く

フライビー・フィンランド

ノルディック・ リージョナル・エアラインズ(Nordic Regional Airlines)は、フィンランドを拠点とする航空会社である。 ヘルシンキ・ヴァンター国際空港及び、ストックホルム・ブロンマ空港をハブに路線を展開している。

ノルディック・ リージョナル・エアラインズ
Nordic Regional Airlines
Nordic Regional Airlines logo.svg
IATA
N7
ICAO
WBA
コールサイン
FINNAIR
設立 1993年
拠点空港 セイナヨキ空港
ハブ空港 ヘルシンキ・ヴァンター国際空港
ストックホルム・ブロンマ空港
マイレージサービス Finnair Plus
航空連合 ワンワールド
保有機材数 24機
就航地 35都市
親会社 フィンランド航空
本拠地 フィンランド共和国
イルマヨキ
セイナヨキ空港
代表者 Juhani Pakari, CEO
外部リンク http://flynorra.com/?lang=en
テンプレートを表示
Finncomm Embraer ERJ 145

目次

歴史編集

  • 1993年 フィンランド共和国において、フィンコム航空(Finnish Commuter Airlines Oy)として運航を開始。
  • 2011年8月24日 イギリスFlybeフィンランドフィンエアーは、フィンコム航空を吸収合併させた形で、社名をフライビー・ノルディック航空(Flybe Nordic)とした上で、両社による共同運行を開始[1]
  • 2012年 フライビー・ノルディック航空(Flybe Nordic)から、フライビー・フィンランド(Flybe Finland)へ、社名を変更。
  • 2012年10月25日 世界的な航空連合であるワンワールドに加盟しているフィンエアーの運航路線を一部担当する航空会社として、ワンワールド・アフィリエイトメンバーと認められ、ワンワールドに加盟した[2]
  • 2015年5月1日 Flybeが保有株式をフィンエアーに売却したことに伴い、フライビー・フィンランド(Flybe Finland)からノルディック・ リージョナル・エアラインズ(Nordic Regional Airlines)へ、社名を変更。

概要編集

『Flybe』ブランド名のもと、Flybeによって運航されていた。その為、国際航空運送協会・IATAコードがFlybeの『BE』だったが、その後、フライビー・ノルディック航空としてIATAコードが『FC』となった。フライビー・フィンランドと社名が変更された後も、路線計画には旧フィンコム航空が運航していた路線に加え、多くの新路線が含まれており、北欧諸国およびバルト海地域における地位の強化を計る。 また、新路線により、フィンエアーの国際線と接続するローカル線の充実が見込まれる。[3]

株式保有比率は、Flybeが60%、フィンエアーが40%となっていた。買収後も本社所在地は、旧フィンコム航空の本社所在地であった、フィンランドのイルマヨキである。

各路線はフィンエアーのフライトスケジュールにも追加され、コードシェア便として運航されている。 Finnair Plus(フィンエアー・プラス)の会員は、フライビー・フィンランドのフライトで、マイレージプログラムのポイントを貯めることが出来る。[4]

就航都市編集

 
フライビー・フィンランド ATR 72-500
 
旧フィンコム航空塗装 エンブラエル 170

親会社のフィンランド航空は、経営合理化策として路線の移管とフィンエアー・グループ全体の便数増加を進めており、フライビー・フィンランドが運航する便名には、フィンランド航空のIATAコードである『AY』が付与される。

保有機材編集

 
エンブラエル 190

2018年現在[1]、以下の機種で構成される。

退役機材編集

 
三菱重工業 MU-2

旧フィンコム航空時代からの機材も含まれる。

脚注編集

外部リンク編集