メインメニューを開く

ブノワ・リショーフランス語: Benoît Richaud英語: Benoit Richaud1988年1月16日 - )は、フランス男性フィギュアスケート選手(アイスダンス)。パートナーは、スカーレット・ルゼ、エロディ・ブルイラー、テラ・ フィンドレイ。現在はフィギュアスケート振付師として活動している。

Pix.gif ブノワ・リショー
Benoit RICHAUD
Figure skating pictogram.svg
Benoit richaud.jpg
2016年のブノワ・リショー
基本情報
代表国: フランスの旗 フランス
生年月日: (1988-01-16) 1988年1月16日(31歳)
出生地: フランスの旗 フランスアヴィニョン
身長: 183cm
元パートナー: スカーレット・ルゼ
エロディ・ブルイラー
テラ・ フィンドレイ
元コーチ: ミュリエル・ザズーイ
ロマン・アグノエル
ベンジャミン・デルマス
ダイアナ・リバス
元振付師: ロマン・アグノエル
所属クラブ: CSGリヨン
引退: 2009年
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 150.14 2008 JGPゴールデンリンクス
コンパルソリーダンス: 29.64 2008 JGPゴールデンリンクス
オリジナルダンス: 48.57 2008 JGPゴールデンリンクス
フリーダンス: 71.93 2008 JGPゴールデンリンクス

経歴編集

フランスアヴィニョン生まれ。地元アヴィニョンでフィギュアスケートを始める。アイスダンスに転向後に、CSGリヨンのミュリエル・ザズーイコーチに師事する。

フランス代表として、ヨーロッパ選手権世界ジュニア選手権等の国際大会に出場するなど、アイスダンスの選手として活躍。翌シーズンにはグランプリシリーズロステレコム杯にエントリーされていたが、辞退。グランプリシリーズを前にしてシニアには移行せず、引退となった。

引退後はスケートから離れており、音楽や衣装デザイン等の芸術産業に従事していたが、その後スケート界に復帰。デニス・ヴァシリエフスのオファーを受けたことにより、振付師として知られるようになった[1]

日本のスケーターとの仕事を熱望し、日本スケート連盟に自らアプローチをしており[1]、2017-18年シーズンには坂本花織三原舞依の振付を手掛けた[2]

2018-19年シーズンには、現役復帰を発表した高橋大輔フリースケーティングの振付を担当した[3]

主な担当選手編集

女子編集

男子編集

ペア編集

アイスダンス編集

主な戦績編集

  • 2006-07まではエロディ・ブルイラーとのペア。
  • 2008-09はテラ・ フィンドレイとのペア。
大会/年 2005-06 2006-07 2008-09
ヨーロッパ選手権 19
フランス選手権 3
世界Jr.選手権 13 7 10
フランスJr.選手権 1 2
JGPファイナル 7
JGPクールシュベル 3 4
JGPゴールデンリンクス 3
JGPメキシコ杯 2
JGPタリン杯 5
JGPSBC杯 4

脚注編集

  1. ^ a b ワールド・フィギュアスケート別冊『フィギュアスケート2017-2018シーズンガイド』
  2. ^ “三原舞依&坂本花織にフランス人振付師“新しい風””. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年7月29日). https://www.nikkansports.com/sports/news/1863851.html 2018年7月10日閲覧。 
  3. ^ “現役復帰の高橋大輔氏「それぞれの戦い方あっていい」”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2018年7月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32478600R00C18A7UU3000/ 2018年7月10日閲覧。 

外部リンク編集