メインメニューを開く

ブライアン・ブリス

アメリカのサッカー選手

ブライアン・ボイヤー・ブリス (Brian Boyer Bliss, 1965年9月28日 – )は元アメリカ合衆国代表サッカー選手である。ポジションはディフェンダーであった。現在はスポルティング・カンザスシティの選手人事担当である。彼はまた、U-20サッカーアメリカ合衆国代表英語版のアシスタントコーチでもある。

ブライアン・ブリス Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Brian Boyer Bliss
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1965-09-28) 1965年9月28日(53歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗ニューヨーク州 ウェブスター英語版
身長 173cm
選手情報
ポジション DF
ユース
1983-1988 アメリカ合衆国の旗 南コネチカット大学英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1988 アメリカ合衆国の旗 クリーブランド・フォース英語版 51 (4)
1989 アメリカ合衆国の旗 アルバニー・キャピタルズ英語版 5 (0)
1990 アメリカ合衆国の旗 ボストン・ボルツ英語版  ? (?)
1990-1991 ドイツの旗 エネルギー・コットブス 13 (1)
1991 ドイツの旗 ケムニッツFC 12 (0)
1992-1996 ドイツの旗 FCカールツァイス・イェーナ 83 (1)
1996-1997 アメリカ合衆国の旗 コロンバス・クルー 31 (2)
1997 アメリカ合衆国の旗 メトロスターズ 16 (0)
1998 アメリカ合衆国の旗 カンザスシティ・ウィザーズ 3 (0)
1999 アメリカ合衆国の旗 コネチカット・ウルブス英語版 22 (0)
代表歴
1984-1995 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 33 (2)
監督歴
1999 アメリカ合衆国の旗 コネチカット・ウルブス英語版
2006 アメリカ合衆国の旗 カンザスシティ・ウィザーズ (暫定)
2013 アメリカ合衆国の旗 コロンバス・クルー (暫定)
2015 アメリカ合衆国の旗 シカゴ・ファイアー (暫定)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ブリスはプロ選手として、欧州と米国で活躍した。アメリカ代表として33試合に出場し、2得点を記録した。1990年のイタリアワールドカップのメンバーとしても名を連ねた。

目次

選手として編集

キャリア草創期編集

ブリスはニューヨーク州ウェブスターの高校を卒業後、1983年から1986年まで南コネチカット大学英語版に在籍した。1984年12月2日、彼はエクアドル代表との試合で代表デビューをし、試合は2-2の引き分けであった。その後、しばらく代表からは身を引き、1987年に代表招集に応じ、その年の3試合の代表の試合のうち、2試合に出場した。同年、メジャーインドアサッカーリーグ英語版クリーブランド・フォース英語版がドラフト第1巡目の指名でブリスを引き当て、1987-1988年の1シーズン所属した。1988年、ソウルオリンピックに参加。翌年、アメリカン・サッカーリーグ英語版アルバニー・キャピタルズ英語版で5試合出場した。しかしながら、この頃までには代表チームにおいて、彼はレギュラーメンバーとして1990年のワールドカップ予選のほぼ全試合に出場していた。ワールドカップ本戦では、グループリーグの3試合のうち、オーストリア戦に途中出場したのみで終わった。1990年、アメリカン・プロフェッショナル・サッカーリーグ英語版ボストン・ボルツ英語版に加入した[1]

ヨーロッパでのキャリア編集

ワールドカップの後、ブリスはドイツに渡り、NOFVオーバーリーガエネルギー・コットブスに所属した。その後、ケムニッツFCFCカールツァイス・イェーナを渡り歩いた。自国開催の1994年ワールドカップには、膝軟骨損傷のため、最終選考で落選した[2]

MLS(メジャーリーグサッカー)でのキャリア編集

メジャーリーグサッカーが最初のシーズンを準備するにあたり、リーグ加盟チームへ公平に有名選手を分配することを始めた。この過程において、ブリスはコロンバス・クルーに振り分けられた。コロンバスで1シーズン半の選手生活をした後、交換トレードでメトロスターズに移籍した。1997年のシーズンをメトロスターズで終えた後、今度はカンザスシティ・ウィザーズへとトレード移籍となった。翌年の1998年は、3試合の出場にとどまり、1999年にコネチカット・ウルブス英語版で選手生活にピリオドを打った。

コーチとして編集

引退後すぐの1999年、コネチカット・ウルブス英語版の監督として1シーズン率いた。翌年、カンザスシティ・ウィザーズのアシスタントコーチとなった。2006年7月19日、監督のボブ・ギャンスラー英語版が退陣すると、代わりにウィザーズの暫定監督となった。

その後、コロンバス・クルーのテクニカルダイレクターを6シーズン務め、サポーターズ・シールド2回受賞、MLSカップ1回獲得を支えた。2013年にはロベルト・ヴァジハ英語版の更迭にともない、グレッグ・バーホルター英語版の招聘までの間、暫定監督に着任した。

シカゴ・ファイアーのテクニカルダイレクターであった、2015年シーズンにも暫定監督を務めた[3]

彼はスポルティング・カンザスシティの選手人事担当として、2016年1月より、職に就いている[3]

脚注編集

  1. ^ ASL 1990 Season”. a-leaguearchive.tripod.com (2007年1月27日). 2012年3月17日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ U.S. Roster Selected For the World Cup”. New York Times (1994年6月2日). 2012年3月17日閲覧。
  3. ^ a b Sporting KC names Brian Bliss Director of Player Personnel”. MLS (2016年1月5日). 2017年12月4日閲覧。

外部リンク編集