メインメニューを開く

1988年ソウルオリンピックのサッカー競技

1988年ソウルオリンピックサッカー競技は、9月17日から10月1日まで開催された。ソビエト連邦が金メダルを獲得した。

1988年ソウルオリンピックのサッカー競技
大会概要
開催国 大韓民国の旗 韓国
日程 1988年9月17日 - 10月1日
チーム数 16 (6連盟)
開催地数(5都市)
大会結果
優勝  ソビエト連邦
準優勝  ブラジル
3位  西ドイツ
4位  イタリア
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 95点
(1試合平均 2.97点)
総入場者数 690,512人
(1試合平均 21,579人)
得点王 ブラジルの旗 ロマーリオ(7点)
1984
1992

参加チーム編集






会場編集

試合は5都市・6つのスタジアムで実施された。

ソウル
1988年ソウルオリンピックのサッカー競技 (韓国)
ソウル
オリンピック・スタジアム 東大門運動場
収容人数: 100,000人 収容人数: 22,706人
   
釜山 大田
九徳運動場 大田スタジアム
収容人数: 24,363人 収容人数: 26,000人
   
大邱 光州
大邱市民運動場 無等総合競技場
収容人数: 19,467人 収容人数: 24,304 人
   

試合結果編集

※開始時刻はすべて韓国夏時間 (UTC+10)[2]

第1ラウンド編集

準々決勝進出
グループリーグ敗退

各組上位2カ国が準々決勝に進出できる。

グループA編集


チーム







1.   スウェーデン (SWE) 5 3 2 1 0 6 3 +3
2.   西ドイツ (FRG) 4 3 2 0 1 8 3 +5
3.   チュニジア (TUN) 2 3 0 2 1 3 6 -3
4.   中国 (CHN) 1 3 0 1 2 0 5 -5

#01
1988年9月17日
17:00
中国   0 – 3   西ドイツ
レポート ヴットケ   31分
ミル   60分89分


#09
1988年9月19日
17:00
チュニジア   1 - 4   西ドイツ
マールル   26分 (PK) レポート グラハマー   4分
ファッハ   50分
ミル   55分
ヴットケ   75分 (PK)
九徳運動場釜山
観客数: 14,000人
主審:   キース・ハケット

#10
1988年9月19日
19:00
スウェーデン   2 - 0   中国
ラーン   19分
ヘルストローム   42分
レポート
大邱市民運動場大邱
観客数: 17,000人
主審:   バダラ・セヌ

#17
1988年9月21日
17:00
チュニジア   0 - 0   中国
レポート


グループB編集


チーム







1.   ザンビア (ZAM) 5 3 2 1 0 10 2 +8
2.   イタリア (ITA) 4 3 2 0 1 7 6 +1
3.   イラク (IRQ) 3 3 1 1 1 5 4 +1
4.   グアテマラ (GUA) 0 3 0 0 3 2 12 -10

#03
1988年9月17日
19:00
ザンビア   2 - 2   イラク
ニレンダ   44分
K.ブワルヤ   66分
レポート ラーディ   36分 (PK)
アッラーウィ   71分

#12
1988年9月19日
17:00
ザンビア   4 - 0   イタリア
K.ブワルヤ   40分55分90分
J.ブワルヤ   63分
レポート


#19
1988年9月21日
17:00
ザンビア   4 - 0   グアテマラ
マキンカ   53分85分
K.ブワルヤ   79分82分
レポート

#20
1988年9月21日
19:00
イラク   0 - 2   イタリア
レポート リッツィテッリ   59分
マウロ   63分

グループC編集


チーム







1.   ソビエト連邦 (URS) 5 3 2 1 0 6 3 +3
2.   アルゼンチン (ARG) 3 3 1 1 1 4 4 0
3.   韓国 (KOR) 2 3 0 2 1 1 2 -1
4.   アメリカ合衆国 (USA) 2 3 0 2 1 3 5 -2

#05
1988年9月18日
17:00
韓国   0 - 0   ソビエト連邦
レポート
九徳運動場釜山
観客数: 30,000人
主審:   トゥリオ・ラネセ


#13
1988年9月20日
17:00
韓国   0 - 0   アメリカ合衆国
レポート
九徳運動場釜山
観客数: 22,000人
主審:   ババ・ラウイッシ


#21
1988年9月22日
19:00
韓国   1 - 2   アルゼンチン
魯寿珍   14分 レポート アルファロ・モレノ   3分
ファブリ   73分

グループD編集


チーム







1.   ブラジル (BRA) 6 3 3 0 0 9 1 +8
2.   オーストラリア (AUS) 4 3 2 0 1 2 3 -1
3.   ユーゴスラビア (YUG) 2 3 1 0 2 4 4 0
4.   ナイジェリア (NGR) 0 3 0 0 3 1 8 -7

#07
1988年9月18日
19:00
ブラジル   4 - 0   ナイジェリア
エジマール   59分
ロマーリオ   74分84分
ベベット   86分
レポート


#16
1988年9月20日
19:00
オーストラリア   0 - 3   ブラジル
レポート ロマーリオ   20分57分61分


決勝トーナメント編集

準々決勝 準決勝 決勝
                   
9月25日 - 大邱        
   スウェーデン 1
9月27日 - 釜山
   イタリア (AET) 2  
   イタリア 2
9月25日 - 釜山
     ソビエト連邦 (AET) 3  
   ソビエト連邦 3
10月1日 - ソウル
   オーストラリア 0  
   ソビエト連邦 (AET) 2
9月25日 - 光州
     ブラジル 1
   ザンビア 0
9月27日 - ソウル
   西ドイツ 4  
   西ドイツ 1 (2) 3位決定戦
9月25日 - ソウル
     ブラジル 1 (3)  
   ブラジル 1    イタリア 0
   アルゼンチン 0      西ドイツ 3
9月30日 - ソウル

準々決勝編集

#26
1988年9月25日
17:00
ザンビア   0 – 4   西ドイツ
レポート フンケル   18分 (PK)
クリンスマン   34分43分89分



準決勝編集


3位決定戦編集

決勝編集

脚注編集

  1. ^ 本来は  メキシコが予選を勝ち抜いていたものの、同国がCONCACAFユーストーナメント1988年大会英語版で年齢制限を超過した選手4人を出場させていたことが発覚、その処分として(その結果により出場できる1989 FIFAワールドユース選手権のみならず)当オリンピックや1990 FIFAワールドカップについても出場資格を取り消された[1]。このため予選成績で次点の  グアテマラが代替出場することとなった。

出典編集

  1. ^ Caso 'cachirules': negro recuerdo”. エル・ユニバーサル英語版 (2008年4月20日). 2008年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月8日閲覧。
  2. ^ Daylight saving time dates for South Korea – Seoul between 1980 and 1989” (英語). timeanddate.com. 2014年2月23日閲覧。

出典編集