ブライアン・ロバートソン

ブライアン・ロバートソンBrian Robertson1956年2月12日 - )は、スコットランド出身のロックギタリストシン・リジィモーターヘッドの元メンバーとして知られる。愛称は「ロボ」(Robbo)。

ブライアン・ロバートソン
Brian Robertson
Thin Lizzy's Brian Robertson.jpg
2007年11月10日、ノッティンガムにおけるシン・リジィのライブ
基本情報
生誕 (1956-02-12) 1956年2月12日(63歳)
出身地 スコットランドの旗 スコットランド
レンフルーシャイア
ジャンル ハードロック
ブルースロック
ヘヴィメタル
職業 音楽家
作曲家
担当楽器 ギター
ボーカル
ベース
キーボード
チェロ
ドラムス
活動期間 1974年 - 現在
共同作業者 シン・リジィ
モーターヘッド
ワイルド・ホーシズ
ザ・クラン
ザ・ビター・ツインズ
公式サイト robbo.thin-lizzy.com

初期編集

スコットランド、レンフルーシャイアのクラークストン(現在のイースト・レンフルーシャイア)生まれ。イーストウッド・ハイスクールで学びながら音楽家を志す[1]。最初はチェロクラシックピアノを8年間学んだが、ギターおよびドラムスに転向。地元のローカル・バンドでプレイする(彼が在籍したバンドには、後のアヴェレイジ・ホワイト・バンドの前身ドリーム・ポリスなどもあった)。フレディ・キングジェフ・ベックエリック・クラプトンピーター・グリーンなどの影響を受ける[2]

シン・リジィ時代編集

1974年、18歳でシン・リジィに加入。スコット・ゴーハムとのツイン・リード・ギター体制の一翼を担う。2人のリード・ギタリストによるシン・リジィの個性的なサウンドは、後にメディアによって「ツイン・リード・アタック」と名付けられ、アイアン・メイデンメタリカザ・ダークネスらの後進にも大きな影響を与えた。

シン・リジィでは5枚のスタジオ・アルバム、『ナイトライフ』 (1974年)、『ファイティング!!』 (1975年)、『脱獄』 (1976年)、『サギ師ジョニー』 (1976年)、『バッド・レピュテイション〜悪名』 (1977年)とライブ・アルバム『ライヴ・アンド・デンジャラス』 (1978年) に参加した。

シン・リジィのレパートリーの大半はフィル・ライノットの作品であるが、ロバートソンも在籍中にソング・ライターとして多くの楽曲をグループに提供した(『バッド・レピュテーション』は彼の曲がひとつも収録されなかった唯一のアルバム)。サウンド面では、ワウペダルの個性的かつ効果的な活用が、バンドのカラーの確立にひと役買った。

1978年にシン・リジィを脱退(後任は彼の前任者であったゲイリー・ムーア)。その後、ジミー・ベインベース、元レインボー)らとワイルド・ホーシズを結成し、『ファースト・アルバム』 (1980年)、『スタンド・ユア・グラウンド』 (1981年) の2枚のアルバムを残したほか、1980年にはエリック・バードンのアルバム『Darkness Darkness』のレコーディングに参加した。

モーターヘッド時代編集

1982年、アルバム『アイアン・フィスト』のプロデュースを巡ってレミーと対立して脱退した "ファスト" エディ・クラークの後任としてモーターヘッドに加入。5月21日デトロイトのハーポス・コンサート・シアターにおけるライブでお披露目された。その後「キング・ビスケット・フラワー・アワー」の収録に続いてアルバム『悪魔の化身』 (1983年) のレコーディングに参加した。

しかし、どちらかというとメロウなロバートソンのプレイスタイルはモーターヘッドの個性には明らかにフィットしておらず、『悪魔の化身』およびそこからシングル・カットされた「シャイン」(Shine) のセールスもまったくの期待外れに終わり、当時の日本の音楽雑誌『ミュージック・ライフ』にて、後にヘヴィメタル専門誌『BURRN!』を創刊する当時副編集長の酒井康が記事に「ロボは殺すしかない」と書いたほどの違和感の強さだった。結局1983年11月11日に行われたベルリンでのライブを最後にモーターヘッドを脱退[3]。その後ゲイリー・バーデンのバンド、ステイト・トゥルーパーに参加するが成功には恵まれなかった。

その後編集

1983年、歴代のギタリスト達とともにシン・リジィのファイナル・ツアーに参加、フィル・ライノット死後の1986年には、ライノットへの追悼盤としてリジィの「Still in Love with You」をカバー[4]

1995年、自身以外は無名のミュージシャンを集め、ザ・クラン(The Clan) を結成。アルバム『That's All..!』を発表した。

2004年、アイルランドで開催された「オキシジェン・ミュージック・フェスティバル」においてアッシュのステージにゲストとして出演し、「ヤツらは町へ」(The Boys Are Back in Town) を演奏した。

2005年8月には、ゲイリー・ムーア、スコット・ゴーハム、ブライアン・ダウニーエリック・ベルとともにシン・リジィを再結成、フィル・ライノット追悼ライブを行った(ベースはジェスロ・タルのジョナサン・ノイス)。

ストックホルムのポーラー・スタジオで2年以上かけて制作した自身初のソロ・アルバム『Diamonds and Dirt』を2011年3月に発表予定。このアルバムにはイアン・ホーグランド(ヨーロッパ)、リーフ・サンデン(マイケル・シェンカー・グループ)、リニー・ウッドらが参加している。プロデュースはロバートソン自身とソレン・リンドバーグ、クリス・レイニー。

現在はイングランドエセックスに在住。

ディスコグラフィ編集

ソロ編集

Diamonds and Dirt (2011年)

シン・リジィ編集

ワイルド・ホーシズ編集

  • 『ファースト・アルバム』 - First Album (1980年)
  • 『スタンド・ユア・グラウンド』 - Stand Your Ground (1981年)

モーターヘッド編集

  • 『悪魔の化身』 - Another Perfect Day (1983年)
  • 『ノー・リモース』 - No Remorse (1984年)
  • 『ザ・バースデイ・パーティ』 - The Birthday Party (1990年)

ザ・クラン編集

  • That's All..! (1995年)

ザ・ビター・ツインズ編集

  • Global Panic! (2009年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Eastwood High School Achievers
  2. ^ Brian Robertson”. Dinosaur Rock Guitar article. 2007年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月3日閲覧。
  3. ^ Burridge, Alan and Stevenson, Mick The Illustrated Collector's Guide to Motörhead Collector's Guide Publishing, 1994 pp. 17 & 40-43, ISBN 0-9695736-2-6
  4. ^ Stiff Records Official Website”. stiffrecords.com. 2008年12月24日閲覧。

外部リンク編集