メインメニューを開く

ブラウン第2次改造内閣(ブラウンだいにじかいぞうないかく)は、イギリスの首相ゴードン・ブラウンによって組閣されたイギリス内閣。前ブラウン第1次改造内閣からの再改造内閣であり、2008年10月3日に発足した。

支持率の低下に伴う党内からの批判を抑えるため、ブラウン首相に批判的な旧ブレア派からピーター・マンデルソン欧州委員や、マーガレット・ベケット前外相を入閣させ、重厚な布陣を敷いた。

2009年6月4日の地方統一選挙大敗と、党首交代を視野に入れた大臣数名の辞任劇を通じ、ブラウン首相は翌6月5日内閣改造を実施。ブラウン第3次改造内閣へと引き継がれた。

閣僚編集

役職 画像 大臣 任期 備考
首相
第一大蔵卿
行政機構担当大臣
労働党党首)
  ゴードン・ブラウン MP 2007年6月27日 - 2010年5月11日 留任
財務大臣
第二大蔵卿
  アリスター・ダーリング MP 2007年6月28日 - 2010年5月11日 留任
外務・英連邦大臣   デイヴィッド・ミリバンド MP 2007年6月28日 - 2010年5月11日 留任
大法官
司法大臣
  ジャック・ストロー MP 2007年6月28日 - 2010年5月11日 留任
内務大臣   ジャッキー・スミス MP 2007年6月28日 - 2009年6月5日 留任
経費乱用問題の追求をうけ、2009年6月2日に辞任表明
保健大臣   アラン・ジョンソン MP 2007年6月28日 - 2009年6月5日 留任
第3次改造内閣で内務大臣に異動
ビジネス・企業・規制改革大臣   ピーター・マンデルソン PC 2008年10月3日 - 2010年5月11日 貴族院議員に任命され入閣
第3次改造内閣でビジネス・イノベーション・職業技能大臣に職名改称、筆頭国務大臣・枢密院議長のポストが追加
環境・食糧・農村大臣   ヒラリー・ベン MP 2007年6月28日 - 2010年5月11日 留任
国際開発大臣   ダグラス・アレクサンダー MP 2007年6月28日 - 2010年5月11日 留任
国防大臣   ジョン・ハットン MP 2008年10月3日 - 2009年6月5日 規制改革大臣から転任
首相退陣を要求して辞任
王璽尚書
庶民院院内総務
女性・平等担当大臣
労働党副党首・幹事長)
  ハリエット・ハーマン MP 2007年6月28日 - 2010年5月11日 留任
コミュニティー・地方政府大臣   ヘーゼル・ブリアーズ MP 2007年6月28日 - 2009年6月5日 留任
経費乱用問題の追及をうけ、2009年6月3日に辞任表明
運輸大臣   ジェフ・フーン MP 2008年10月3日 - 2009年6月5日 庶民院幹事から転任
首相退陣を要求して辞任
児童・学校および家庭大臣   エド・ボールズ MP 2007年6月28日 - 2010年5月11日 留任
エネルギー・気候変動大臣   エド・ミリバンド MP 2008年10月3日 - 2010年5月11日 ランカスター公領大臣から転任
雇用・年金大臣   ジェームズ・パーネル MP 2008年1月24日 - 2009年6月5日 留任
2009年6月4日、首相退陣を要求して辞任
北アイルランド大臣   ショーン・ウッドワード MP 2007年6月28日 - 2010年5月11日 留任
枢密院議長
貴族院院内幹事
  ジャネット・ローヤル PC 2008年10月3日 - 2010年5月11日
2008年10月3日 - 2009年6月5日
第3次改造内閣でランカスター公領大臣に移動
貴族院幹事長から転任(第3次改造内閣でも留任)
文化・メディア・スポーツ大臣 アンドリュー・バーナム MP 2008年1月24日 - 2009年6月5日 留任
第3次改造内閣で保健大臣に異動
イノベーション・大学・職業技能大臣   ジョン・デナム MP 2007年6月28日 - 2009年6月5日 留任
コミュニティー・地方政府大臣に異動
財務省主席担当官   イヴェット・クーパー MP 2008年1月24日 - 2009年6月5日 第3次改造内閣で雇用・年金大臣に異動
ウェールズ大臣   ポール・マーフィー MP 2008年1月24日 - 2009年6月5日 首相退陣を要求して辞任
スコットランド大臣   ジム・マーフィー MP 2008年10月3日 - 2010年5月11日
下記の役職者も閣議に出席
財務政務次官
庶民院院内幹事
  ニック・ブラウン MP 2008年10月3日 - 2010年5月11日
ランカスター公領大臣
内閣府担当国務大臣
  リーアム・バーン MP 2008年10月3日 - 2009年6月5日 第3次改造内閣で財務省主席担当官に異動
住宅担当国務大臣   マーガレット・ベケット MP 2008年10月3日 - 2009年6月5日 前外相、再入閣
雇用担当国務大臣
ロンドン担当大臣
  トニー・マクナルティ MP 2008年10月3日 - 2009年6月5日
外務・英連邦閣外大臣
(アフリカ・アジア・国連担当)
  マロック・ブラウン PC 2007年6月28日 - 2010年5月11日 留任
科学・イノベーション担当大臣   ポール・ドレイソン PC 2008年10月3日 - 2010年5月11日
下記の役職者も必要に応じて閣議に出席
オリンピック担当国務大臣
財務省主計長官
  テッサ・ジョエル MP 2005年7月6日 - 2010年5月11日
2007年6月28日 - 2010年5月11日
留任
(ロンドン担当のみ解任)
第3次改造内閣で内閣府担当大臣ポストが追加
法務長官   パトリシア・スコットランド PC 2007年6月28日 - 2010年5月11日 留任
外務・英連邦閣外大臣
(ヨーロッパ担当)
  キャロライン・フリント MP 2008年10月3日 - 2009年6月5日 首相退陣を要求して辞任
児童・青年・家庭担当国務大臣   ベバリー・ヒュー MP 2005年6月17日 - 2009年6月5日 留任
首相政務秘書官   アンジェラ・E・スミス MP 2007年6月28日 - 2010年5月11日 留任
  ジョン・トリケット MP 2008年10月3日 - 2010年5月11日

外部リンク編集