メインメニューを開く

ブラッドリー・アーロン・ミルズBradley Aaron "Brad" Mills , 1985年3月5日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州メサ出身のプロ野球選手投手)。左投右打。現在は、MLBシアトル・マリナーズ傘下に所属している。

ブラッド・ミルズ
Brad Mills
シアトル・マリナーズ (マイナー)
Brad Mills.jpg
マイナー時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州メサ
生年月日 (1985-03-05) 1985年3月5日(34歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 ドラフト4巡目(全体145位)でトロント・ブルージェイズから指名
初出場 MLB / 2009年6月18日 フィラデルフィア・フィリーズ
NPB / 2013年10月12日 東北楽天ゴールデンイーグルス
最終出場 NPB / 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入りとブルージェイズ時代編集

アリゾナ大学を経て2007年MLBドラフトトロント・ブルージェイズから4巡目(全体145位)指名され、プロ入り。同年は傘下のA-級オーバーン・ダブルデイズで6試合(2試合に先発)に登板し、防御率2.00の成績を残している。

2008年はA級ランシング・ラグナッツからスタートし、最終的にAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツまで昇格。マイナー3階級で27試合、合計147イニングを投げ、13勝5敗、防御率1.95、159奪三振という好成績をマーク。この活躍が評価され、ブルージェイズのマイナー最優秀投手に選ばれた[1]

2009年ダスティン・マゴワンショーン・マーカムの故障離脱を受けて、球団はAA級までの経験しかないミルズを先発候補の1人に挙げ、スプリングトレーニングで先発4,5番手の座をリッキー・ロメロスコット・リッチモンドと争わせたが、ミルズはオープン戦で終始制球に苦しみ[2]3月31日にAAA級ラスベガス・フィフティワンズへ降格した[3]。AAA級ラスベガスでも13試合に先発して1勝8敗、防御率4.48と不振であったが、エースのロイ・ハラデイ故障者リストに入ると、その代役としてメジャーに昇格し、6月18日フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャー初登板を果たした[4]。しかし、制球難に苦しみ、2試合に先発して防御率14.09という散々な結果に終わり、再びマイナーへ降格した[5]。マイナー降格後の初戦を8回無失点と好投したが、その後肋骨の打撲傷で戦線を離脱し[6]、そのままシーズンを終えた。

2010年はAAA級ラスベガスでの投球が続いていたが、7月28日ボルチモア・オリオールズ戦で初昇格。7回を2安打無失点に抑える好投でメジャー初勝利を挙げた[7]

2011年もメジャーでは結果が残せなかった。

エンゼルス時代編集

2011年12月3日ジェフ・マシスとのトレードで、ロサンゼルス・エンゼルスに移籍した[8]

レンジャーズ傘下時代編集

2013年3月24日ウェイバー公示を経てテキサス・レンジャーズに移籍したがメジャー昇格できず、7月18日に自由契約となった。

オリックス時代編集

2013年7月21日オリックス・バファローズが獲得を発表した[9]10月12日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(クリネックススタジアム宮城)で1軍初登板、初先発するが、3回途中6安打3失点で敗戦投手となった[10]。同年10月25日に自由契約公示された[11]

ブルワーズ傘下時代編集

2014年1月9日ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ[12]。AAA級ナッシュビル・サウンズで開幕を迎え、14試合に登板。4勝2敗・防御率1.56と好投した。

アスレチックス時代編集

2014年6月17日に金銭トレードでオークランド・アスレチックスに移籍[13]6月20日にアスレチックスとメジャー契約を結び[14]、先発として3試合に登板。1勝1敗・防御率4.41という成績だったが、7月7日にDFAとなった[15]

ブルージェイズ復帰編集

2014年7月17日にウェーバーで古巣のブルージェイズへ移籍した[16]。移籍後は7月21日のボストン・レッドソックス戦にリリーフとして登板したが、2回を7安打8失点と打ち込まれ、7月22日にDFAとなった[17]7月24日にAAA級バッファロー・バイソンズへ降格した。オフに、FAとなった。

アスレチックス復帰編集

2014年オフにアスレチックスとマイナー契約を結んだ[18]

2015年は開幕をAAA級ナッシュビル[19]で迎えた後、8月14日にメジャー契約を結んだ[20]。同日のオリオールズ戦で先発し、5回3失点で勝敗は付かなかった。翌15日にDFAとなった[21]

マリナーズ傘下時代編集

2015年12月17日、シアトル・マリナーズとマイナー契約を結び、2016年のスプリング・トレーニングに招待選手として参加することになった[22]

投球スタイル編集

ややスリー・クォーター気味の非常に変則的な投球フォームを持つ技巧派左腕。球種は平均87マイル程度の速球カーブチェンジアップ[23]。決め球にしているのはチェンジアップである[24]

2009年は制球難に陥り、特に直球、カーブの制球に苦しんでいる。今後は制球力の向上が課題とされる[2][5]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2009 TOR 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 42 7.2 14 4 6 0 0 9 0 0 12 12 14.09 2.61
2010 7 3 0 0 0 1 0 0 1 1.000 98 22.1 20 2 13 1 1 18 1 0 14 14 5.64 1.48
2011 5 4 0 0 0 1 2 0 0 .333 91 18.1 23 4 12 1 2 18 1 0 20 20 9.82 1.91
2012 LAA 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1.000 18 5.0 3 0 0 0 0 6 0 0 0 0 0.00 0.60
2013 オリックス 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 15 2.2 6 0 2 0 0 2 0 0 3 3 10.13 3.07
MLB:4年 15 10 0 0 0 3 3 0 1 .500 249 53.1 60 10 31 2 3 51 2 0 46 46 7.76 1.71
NPB:1年 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 15 2.2 6 0 2 0 0 2 0 0 3 3 10.13 3.07
  • 2013年度シーズン終了時

記録編集

NPB初記録

背番号編集

  • 59 (2009年 - 2012年)
  • 40 (2013年)
  • 49 (2014年 - 同年途中)
  • 38 (2014年途中 - 同年終了)
  • 48 (2015年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Lisa Winston / MLB.com,Ten Blue Jays prospects to watch,bluejays.com(英語),2009/03/08
  2. ^ a b Jordan Bastian / MLB.com,Jays' rotation race reaching final leg,bluejays.com(英語),2009/03/26
  3. ^ Mills frustrated with final spring start,bluejays.com(英語),2009/03/31
  4. ^ Jays eye road sweep in Philadelphia,CBCsports.ca(英語),2009/06/18
  5. ^ a b Jordan Bastian / MLB.com,Mills roughed up, Jays blanked by Phils,bluejays.com(英語),2009/06/27
  6. ^ Jordan Bastian / MLB.com,Rookie lefty Rzepczynski called up,bluejays.com(英語),2009/07/06
  7. ^ Jordan Bastian,One-and-done Mills dominates spot start,MLB.com(英語,2010/07/28),2010/08/08閲覧
  8. ^ D.J. Short (2011年12月3日). “Angels trade Jeff Mathis to Blue Jays for Brad Mills” (英語). HardballTalk. 2011年12月4日閲覧。
  9. ^ ミルズ投手、フェルナンデス選手 獲得のお知らせ
  10. ^ a b “ルーキー則本、5回無失点で15勝目 楽天10安打快勝”. スポーツニッポン. (2013年10月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/12/kiji/K20131012006797280.html 
  11. ^ 公示(任意引退・自由契約)
  12. ^ Kyle Lobner (2014年1月9日). “Brewers sign pitcher Brad Mills”. Brew Crew Ball. 2014年1月11日閲覧。
  13. ^ “A's place LHP Pomeranz on 15-day DL; Recall RHP Scribner from Sacramento” (プレスリリース), MLB.com (Oakland Athletics), (2014年6月17日), http://oakland.athletics.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140617&content_id=80224648&vkey=pr_oak&c_id=oak 2014年7月8日閲覧。 
  14. ^ “A's Select LHP Mills from Sacramento” (プレスリリース), MLB.com (Oakland Athletics), (2014年6月20日), http://oakland.athletics.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140620&content_id=80745138&vkey=pr_oak&c_id=oak 2014年7月8日閲覧。 
  15. ^ “A's Designate LHP Brad Mills for Assignment” (プレスリリース), MLB.com (Oakland Athletics), (2014年7月7日), http://oakland.athletics.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140707&content_id=83517010&vkey=pr_oak&c_id=oak 2014年7月8日閲覧。 
  16. ^ “Blue Jays acquire LHP Brad Mills” (プレスリリース), MLB.com (Toronto Blue Jays), (2014年7月17日), http://toronto.bluejays.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140717&content_id=85012582&vkey=pr_tor&c_id=tor 2014年7月18日閲覧。 
  17. ^ “Blue Jays roster moves” (プレスリリース), MLB.com (Toronto Blue Jays), (2014年7月22日), http://toronto.bluejays.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140722&content_id=85733594&vkey=pr_tor&c_id=tor 2014年7月23日閲覧。 
  18. ^ Jane Lee (2015年1月14日) A's out to continue success with Minor League free agents MLB.com 2015年1月15日閲覧
  19. ^ 2015年よりアスレチックス傘下。
  20. ^ Jeremy F. Koo (2015年8月14日). “Oakland A's call up Brad Mills to start Friday, option Arnold Leon, designate Taylor Thompson for assignment”. Athletics Nation. 2015年8月16日閲覧。
  21. ^ Alex Hall (2015年8月15日). “3 Ways to add Jake Smolinski to the Oakland A's roster right now”. Athletics Nation. 2015年8月17日閲覧。
  22. ^ Greg Johns (2015年12月17日). “Mariners ink 5 to Minors deals with camp invites” (英語). MLB.com. 2015年12月21日閲覧。
  23. ^ Bradley Mills » Statistics » Pitching | FanGraphs Baseball
  24. ^ Toronto Blue Jays Top-15 Prospects of 2009, No’s 1 – 5,baseball intellect(英語),2009/02/08

外部リンク編集