メインメニューを開く

ブラヴィッシーモ!(BraviSEAmo!)は、2004年平成16年)7月17日から2010年(平成22年)11月13日まで、東京ディズニーシーメディテレーニアンハーバーで行われていた夜の水上ショー

開始当初のキャッチフレーズは、「火は水に恋をした」「最高という名の奇跡」

NTTドコモがスポンサーになっていた。

概要編集

このショーは、東京ディズニーシーのグランドオープン日(2001年(平成13年)9月4日)から2004年(平成16年)4月22日まで行われた『ディズニーシー・シンフォニー』の後を受けて始まったものである。『ディズニーシー・シンフォニー』は、ミッキーマウスが主役でミッキーマウスを中心にショーが展開していったが、『ブラヴィッシーモ!』ではミッキーマウスは序盤の数分のみ、狂言回し的な出演で、その後は、ディズニーキャラクターは一切出てこない。(終盤に、ミッキーマウスが台詞のみで登場する。) また、音楽も『ディズニーシー・シンフォニー』ではディズニーミュージックを多数使用していたが、『ブラヴィッシーモ!』ではディズニーミュージックを一切使用しておらず、オリジナルの「Swept Away」という楽曲がメインテーマになっている。

最初は、ミッキーマウスを乗せたバージ船が登場する。ミッキーマウスがストーリーを解説したあと、水の精「ベリッシー」が姿を現す。そして次に火の精「プロメテオ」が登場(この時はプロメテウス火山が噴火する)。メディテレーニアンハーバーの水面が炎に包まれる。その後2人は出会いクライマックスを迎える。

このショーは、一度音楽が変更されており、ベリッシーとプロメテオおよびエンディング時の楽曲が一部削除された。そのため、変更される前と比べ若干公演時間が短くなっている(楽曲自体のリニューアルではない)。

なお、2011年(平成23年)4月23日東日本大震災の影響により同年4月28日に延期)に「ファンタズミック!」の導入が決定したことから、ブラヴィッシーモ!は2010年(平成22年)11月13日をもって公演を終了した。

ブラヴィッシーモ!〜スペチアーレ〜編集

2007年(平成19年)1月11日から東京ディズニーシーで開催されていたスペシャルイベント『東京ディズニーシー・シーズン・オブ・ハート』に合わせ、2007年(平成19年)2月14日から3月14日まで「ブラヴィッシーモ!」も「ブラヴィッシーモ!〜スペチアーレ〜」というスペシャルバージョンとして開催されていた。

通常のブラヴィッシーモ!の後に、日本語歌詞版の「Swept Away」が流れる中をミッキーマウス、ミニーマウスアラジンジャスミンアリエルエリック王子たちが乗った船がメディテレーニアンハーバーを周回した。

名称編集

ブラヴィッシーモ!とは、「凄い」や「素晴らしい」の意味をもつイタリア語ブラボー(Bravo)」の最上級「ブラヴィッシモ(Bravissimo)」に、東京ディズニーシーの「シー(Sea)」を組み合わせたディズニーの造語である。

このため、ブラヴィッシーモ!(BraviSEAmo!)のSEA部分は、大文字で記述される。

ストーリー編集

水の精「ベリッシー」と火の精「プロメテオ」は別の世界に住んでおり、お互いに顔を合わせることが無かった。しかし、ある日のこと…

音楽編集

開催前編集

ブラヴィッシーモ!開催15分前から開催5分前に流れていたBGMは、以下の通り。

~ 2008年(平成20年)3月
  1. 「静かなる湿原」 … 宗次郎
  2. 「Tea-House Moon」 … Enya
2008年(平成20年)3月 ~
  1. 「水の旅人」 … 宗次郎
  2. 「水の妖精」 … 宗次郎

開催後編集

ブラヴィッシーモ!開催後には、男女デュエットによる歌が流れ、プロメテオの電飾が瞬いている。この時に流れるデュエット曲のタイトルは「Swept Away」。

メディア編集

「東京ディズニーシー ブラヴィッシーモ!」 2004年(平成16年)9月1日発売
ショーの本編が収録されたCD。音楽が短縮される前に発売されたものであるため、現在のものとは一部異なる部分がある。なおショー終了後の「Swept Away」は収録されていない。音楽担当はハリウッドの映画音楽の巨匠ハンス・ジマーのプロダクション出身のギャビン・グリーナウェイ
「東京ディズニーシー ディス・イズ・東京ディズニーシー!」 2004年(平成16年)9月1日発売
このDISC2のトラック7に収録されている。収録されているものは上のCDのものと同じ。
「東京ディズニーシー ブラヴィッシーモ!コンプリート」2007年(平成19年)2月21日発売
「ブラヴィッシーモ!」の本編の楽曲以外にもショー終了後の「Swept Away」のデュエットも収録したコンプリート盤。「Swept Away」はCD化は初となる。「Swept Away」は英詞版のほかに、「ブラヴィッシーモ!〜スペチアーレ〜」で使用されている日本語歌詞版も収録。また、開催5分前からのBGMも収録されている。