メインメニューを開く

ブリー・ド・モー

ブリーチーズの一種

ブリー・ド・モーフランス語: Brie de Meaux)またはブリー・ド・ヴァロワフランス語: Brie de Valois[3]は、フランスで生産される、牛乳を原料とした白かびチーズブリーチーズの一種[6]。その風味は「上品」と評され[7]、「チーズの王様」とも称される[8]AOC認定は1980年8月[9]。1814年 - 1815年のウィーン会議において、何故か行われたチーズのナンバーワンを決める会議ではブリー・ド・モーが、ノミネートされた60以上のチーズを押さえ満場一致で1位となった。その際クレメンス・フォン・メッテルニヒはこのチーズを指して「チーズの王」との賛辞を述べた[10]

ブリー・ド・モー
Brie de Meaux
Brie 01.jpg
基本情報
分類 白かびチーズ
原料 牛乳
原産国 フランス
原産地 本文「#産地」節参照
生産場所 酪農場、工場[1]
生産期間 一年中[2]。旬は11月 - 6月[3]
形状 円盤状[1]
大きさ 直径36-37cm、高さ3-3.5cm[4]
重量 2,500 - 3000g[4]
乾燥成分 100g中44g[1]
脂肪分 45%以上[4]
表皮 薄い。白かびが全面に見られる。一部赤い縞や斑点も。[1]
熟成 4週間[5] - 6週間[3]、8週間[2]
呼称統制 AOC(1980)
テンプレートを表示

製法は、まず牛乳に酵素を加えカードとした後にへら状の道具ですくって型に入れ、塩も加え一週間水を切りその後熟成室へ入れる[3]。この後は圧迫を加えず藁の台の上でときどき裏返しつつ4-6週間熟成させる[3]。サイズは他の同タイプのチーズと比べて大きく直径36-37センチメートルほどもある[10]

目次

産地編集

産地は下記の一覧を参照。「全域」と明示されないものはその県の一部で生産される[3]。主要な産地はイル=ド=フランス地域圏ブリー地方である[1]。「モー」は同地方内のモーに由来[11]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 本間, 増井 & 山田 2009, p. 32。
  2. ^ a b 本間, 増井 & 山田 2009, p. 33。
  3. ^ a b c d e f 日仏料理協会 2007, p. 570。
  4. ^ a b c 本間, 増井 & 山田 2009, p. 32および 日仏料理協会 2007, p. 570。
  5. ^ 本間, 増井 & 山田 2009, p. 33および 日仏料理協会 2007, p. 570。
  6. ^ 日仏料理協会 2007, pp. 569-570。
  7. ^ 地球の歩き方編集室 2009, p. 248および 日仏料理協会 2007, p. 570。
  8. ^ 本間 2012, p. 31および 本間, 増井 & 山田 2009, p. 33。
  9. ^ 本間, 増井 & 山田 2009, p. 33。
  10. ^ a b 本間 2012, p. 31。
  11. ^ かのう かおり. “チーズの王様「ブリー・ド・モー」”. All About. 2014年9月28日閲覧。

参考文献編集

  • 地球の歩き方編集室 『地球の歩き方 A07 パリ&近郊の町 '10-'11』 ダイヤモンド社、2009年。ISBN 978-4-478-05860-2 
  • 日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社、2007年。ISBN 978-4-560-09202-6 
  • 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編、 『チーズ図鑑』182巻 (7版) 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年。ISBN 4-16-660182-2 
  • 本間るみ子、主婦の友社編、 『チーズの選び方 楽しみ方』 株式会社主婦の友社、2012年。ISBN 978-4-07-285215-6 

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、ブリーに関するカテゴリがあります。