ベイトゥベイ (Bay to Bay、2007年3月22日 - ) は、アメリカ競走馬。主な勝ち鞍は2011年の加ナッソーステークス英語版、2009年のナタルマステークス

ベイトゥベイ
欧字表記 Bay to Bay
品種 サラブレッド[1]
性別 [2]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2007年3月22日(17歳)[2]
Sligo Bay[2]
Bala[2]
母の父 With Approval[2]
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[2]
生産者 Adena Springs[2]
馬主 Robert Smithen[2]
調教師 Brian A. Lynch[2]
競走成績
生涯成績 17戦4勝[2]
獲得賞金 $744,728[2]
勝ち鞍
G2 加ナッソーS 2011年
G3 ナタルマS 2009年
テンプレートを表示

引退後は繁殖牝馬として日本に輸入された。

戦績 編集

2007年、ケンタッキー州パリスアデナスプリングズにて出生。父スライゴベイはアイルランド生産のアメリカの競走馬で、2002年に米G1のハリウッドターフカップステークスを制している[3]。母バラはカナダの競走馬で、現役時代に3勝を挙げ、2001年の加G3ナタルマステークス3着の実績を持つ[4]

2008年9月、キーンランド・イヤリングセールにてロバート・スミッセンが3万5000ドルで落札した[5]

2009年7月12日、カナダ・ウッドバイン競馬場で開催されたメイドン競走英語版でデビュー。8月14日のメイドン競走で初勝利を挙げた。次走は9月19日にウッドバイン競馬場で開催されるG3・ナタルマステークスに出走。重賞初挑戦ながら、2着ジャングルテイルに3/4馬身差をつけて勝利した。その後はG3のマザリンステークス英語版アパラチアンステークス英語版ボイリングスプリングスステークス英語版でいずれも2着、G2・ハニーフォックスステークス英語版で5着と、勝ちきれないながらも重賞戦線での経験を着実に重ねた。

2011年6月4日、ウッドバイン競馬場で開催されたG2・ナッソーステークスで2着ネヴァーリトリートに2馬身差をつけて快勝、2009年のナタルマステークスに勝って以来となる重賞2勝目を挙げた。続くG2・ダンススマートリーステークス英語版はネヴァーリトリートにリベンジされる形で1 1/4馬身差の2着に敗れた。7月30日、サラトガ競馬場で開催されるG1・ダイアナステークスに出走。G1初挑戦ながら、優勝したザゴラ英語版の1 1/2 馬身差の3着に好走した。

2012年3月のG2・ハニーフォックスステークスはタピッツフライの2着、現役ラストランとなった4月14日のG1・ジェニーワイリーステークスはデイジーディヴァインの2着に敗れた。

繁殖成績 編集

2012年11月、キーンランド・ブリーディングストックセールにて社台ファームに42万5000ドル(当時のレートで約3400万円)で売却された[6]

2018年6月30日、2番仔のスワーヴアラミス(父ハーツクライ)が3歳未勝利戦を勝ち、産駒初勝利を挙げた。また2020年3月21日には同馬がGIII・マーチステークスを制し、産駒重賞初勝利を挙げた。

生年 馬名 毛色 馬主 管理調教師 戦績 出典
初仔 2014年 レッドプラージュ 鹿毛 クロフネ (株)東京ホースレーシング 栗東友道康夫 不出走(抹消) [7]
2番仔 2015年 スワーヴアラミス ハーツクライ (株)NICKS 栗東・須貝尚介
小林・荒山勝徳
45戦10勝(現役)
(GII) 東海S
(GIII) マーチSエルムS
[8]
3番仔 2016年 デッドアヘッド 牡→騸 (有)社台レースホース
→小橋亮太
美浦牧光二
川崎山崎尋美
盛岡・飯田弘道
37戦4勝(現役) [9]
4番仔 2017年 キッズアガチャー ヴィクトワールピサ 瀬谷隆雄 栗東・田所秀孝
水沢佐藤雅彦
18戦3勝(抹消) [10]
5番仔 2018年 フジマサインパクト ディープインパクト 藤原正一 美浦・菊川正達 23戦4勝(現役) [11]
6番仔 2019年 ローラスノビリス ロードカナロア (有)社台レースホース 栗東・庄野靖志 9戦1勝(現役) [12]
7番仔 2021年 ダンジュカリユシ 栗毛 ダイワメジャー 瀬谷隆雄 美浦・加藤征弘 3戦0勝(現役) [13]
8番仔 2022年 鹿毛 サートゥルナーリア [14]
9番仔 2023年 ロードカナロア [15]
  • 2024年1月18日現在

血統表 編集

ベイトゥベイ(Bay to Bay)血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サドラーズウェルズ系
[§ 2]

Sligo Bay
1998 鹿毛
父の父
Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
父の母
Angelic Song
1988 鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Ballade Herbager
Miss Swapsco

Bala
1999 鹿毛
With Approval
1986 芦毛
Caro *フォルティノ
Chambord
Passing Mood Buckpasser
Cool Mood
母の母
Muskoka Dawn
1994 鹿毛
Miswaki Mr. Prospector
Hopespringseternal
April Dawn Marie Baldski
First of Dawn
母系(F-No.) (FN:42) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 3×5、Hail to Reason 5×4(父内)、Almahmoud 5×5(父内)、Buckpasser 4×5(母内) [§ 4]
出典
  1. ^ [16]
  2. ^ [17]
  3. ^ [16]
  4. ^ [16]


脚注 編集

  1. ^ a b ベイトゥベイ(USA)”. JBISサーチ. 2022年6月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k Bay to Bay (FL)”. www.equibase.com. 2022年6月11日閲覧。
  3. ^ Sligo Bay(IRE)”. JBISサーチ. 2022年6月11日閲覧。
  4. ^ Bala(CAN)”. JBISサーチ. 2022年6月11日閲覧。
  5. ^ Keeneland 2008 September Yearling Sale”. The Blood-Horse. 2022年6月11日閲覧。
  6. ^ Keeneland 2012 November Breeding Stock Sale”. The Blood-Horse. 2022年6月11日閲覧。
  7. ^ レッドプラージュ”. JBISサーチ. 2022年10月14日閲覧。
  8. ^ スワーヴアラミス”. JBISサーチ. 2024年1月18日閲覧。
  9. ^ デッドアヘッド”. JBISサーチ. 2024年1月18日閲覧。
  10. ^ キッズアガチャー”. JBISサーチ. 2022年6月11日閲覧。
  11. ^ フジマサインパクト”. netkeiba.com. 2024年1月18日閲覧。
  12. ^ ローラスノビリス”. JBISサーチ. 2024年1月18日閲覧。
  13. ^ ダンジュカリユシ”. JBISサーチ. 2024年1月18日閲覧。
  14. ^ _________”. JBISサーチ. 2022年10月14日閲覧。
  15. ^ _________”. JBISサーチ. 2024年1月18日閲覧。
  16. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ベイトゥベイ(USA)”. JBISサーチ. 2022年6月11日閲覧。
  17. ^ ベイトゥベイの血統表”. netkeiba.com. 2022年6月11日閲覧。

外部リンク 編集