ベルト・ケンプフェルト

ベルト・ケンプフェルトベルト・ケムプフェルトとも表記、Bert Kaempfert、1923年10月16日 - 1980年6月21日)は、ドイツ出身の楽団指揮者作曲家編曲家プロデューサーハンブルク生まれ。

ベルト・ケンプフェルト

生涯編集

1950年代から、当時の西ドイツの大手レコード会社、ポリグラム社プロデューサーを務める傍ら、ベルト・ケンプフェルト楽団の活動をスタートさせる(楽団の活動と並行して、自身がリーダー、ピアノ、クラリネットを担当するスウィング・ジャズ・バンドを結成。一作だけだったがアルバムを残している)。

1958年に発売された「真夜中のブルース(Midnight Blues)」が、彼の日本に於ける初めてのヒットとなる。その後も「愛の誓い(Till)」、「星空のブルース(Wonderland by Night)」と立て続けにヒットを放ち、特に後者は1961年に、全米ヒットチャートTOP100の第1位に輝いた。また1963年には、「ジンゴ・ジャンゴ(Jingo Jango)」を全米TOP100の、第8位へ送り込んでいる。


ザ・ビートルズのプロデュースをした事でも有名で、1961年から1962年にかけてハンブルクでステレオ録音を行い、彼らのアルバム、シングルを制作した(ビートルズのポリドール・セッション)。

1980年6月21日、スペインマジョルカ島の自宅で心臓発作のため死去。享年56歳。

主なヒット曲・提供曲編集

関連項目編集