ベンジャミン・ワトソン

ベンジャミン・ワトソン(Benjamin Watson、1980年12月18日 - )はバージニア州ノーフォーク出身の元アメリカンフットボール選手。ポジションはタイトエンド(TE)。

No image.svg ベンジャミン・ワトソン American football pictogram.svg
Benjamin Watson
refer to caption
2011年ブラウンズ所属時代
基本情報
ポジション タイトエンド
生年月日 (1980-12-18) 1980年12月18日(41歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バージニア州ノーフォーク
身長: 6' 3" =約190.5cm
体重: 251 lb =約113.9kg
経歴
大学 ジョージア大学
NFLドラフト 2004年 - 1巡目全体32位
初出場年 2004年
初出場チーム ニューイングランド・ペイトリオッツ
所属歴
2004年-2009年 ニューイングランド・ペイトリオッツ
2010年-2012年 クリーブランド・ブラウンズ
2013年-2015年 ニューオーリンズ・セインツ
2016年-2017年 ボルチモア・レイブンズ
2018年 ニューオーリンズ・セインツ
2019年 ニューイングランド・ペイトリオッツ
受賞歴・記録
スーパーボウル制覇(1回)
第39回
NFL 通算成績
レシーブ回数 547回
レシーブ獲得ヤード 6,058ヤード
TDレシーブ 44回
Player stats at NFL.com

経歴編集

プロ入りまで編集

サウスカロライナ州ロックヒルの高校に通い、アメリカンフットボールと陸上競技を行った。高校3年時、彼の学校は州のチャンピオンとなった。4年時、フットボールでは31回のレシーブで515ヤードを獲得した。陸上競技では短距離走の選手として、200m走で22秒37、400m走で50秒03の記録を出した。

デューク大学に進学したが、その後、ジョージア大学に転校し、3シーズンプレーし、65回のレシーブで852ヤードを獲得、6TDをあげた[1]

ニューイングランド・ペイトリオッツ編集

2004年NFLドラフト1巡全体32位でニューイングランド・ペイトリオッツに指名された。この年1試合の出場に終わり、シーズンの大半を故障者リストで過ごした。チームは第39回スーパーボウルフィラデルフィア・イーグルスを破り、スーパーボウル連覇を果たした。

2007年、ペイトリオッツが無敗でレギュラーシーズンを終えたが、彼はチーム3位の6TDをあげた。

2009年バッファロー・ビルズとの開幕戦では残り55秒に、前年に故障したトム・ブレイディからの決勝TDパスを2本のTDパスをキャッチした[2]

ペイトリオッツ在籍中は怪我による欠場が多く、6シーズンで49試合の出場にとどまった。

クリーブランド・ブラウンズ編集

2010年3月12日、クリーブランド・ブラウンズと契約、ペイトリオッツ時代のオフェンスコーディネーター、エリック・マンジーニヘッドコーチと再会した。

2012年は、先発TEとして49回のレシーブで501ヤードを獲得、3TDをあげた[3]

ニューオーリンズ・セインツ編集

2013年3月18日、ニューオーリンズ・セインツと3年契約を結んだ[3]。この年、発覚したマイアミ・ドルフィンズのいじめ問題について、今まで聞いた中で最悪の出来事だと語った[4]

2015年、彼はドリュー・ブリーズザック・ストリーフとともにオフェンスのキャプテンに選ばれた[5]。第6週のサーズデイナイトフットボールでそれまで開幕から無敗だったアトランタ・ファルコンズとチームは対戦、その試合で彼は10回のレシーブで127ヤードを獲得、1TDをあげてチームの勝利に貢献した[6]。第8週のニューヨーク・ジャイアンツ戦でも9回のレシーブで147ヤードを獲得、1TDをあげた[7]。この年、75回のレシーブで825ヤードを獲得、6TDをあげて、プロボウルの補欠に選ばれた。またイーライ・マニングアンクワン・ボールディンとともにウォルター・ペイトン・マン・オブ・ザ・イヤーのファイナリストに選ばれた[8]

ボルチモア・レイブンズ編集

2016年3月9日、ボルチモア・レイブンズと2年700万ドル(300万ドルの保障)で契約を結んだ。8月27日に行われたデトロイト・ライオンズとのプレシーズンゲーム第3週の試合で、アキレス腱を断裂し、シーズン絶望となった[9]

2017年は16試合に出場し12試合に先発、61回のレシーブで522ヤード、4回のタッチダウンをあげた[10]

セインツ復帰編集

2018年3月28日にセインツと1年200万ドルで契約を結んだ[11]。10月21日の古巣・レイブンズ戦では、ドリュー・ブリーズのキャリア500回目のタッチダウンパスをキャッチした。

ペイトリオッツ復帰編集

2018年12月に一旦は現役引退を表明したが、2019年5月10日にペイトリオッツと契約した[12][13]

10月21日のニューヨーク・ジェッツ戦でシーズン初出場を果たし、プレーオフ・ワイルドカードラウンドのテネシー・タイタンズ戦にも出場した。

現役引退編集

2020年3月16日に2度目の現役引退を表明した[14]

人物編集

2014年8月、黒人青年が白人警官に射殺され、同年11月にこの警官が不起訴となった「ファーガソン決定」に対する投稿は、インプレッション数5億件、86.3万件の「いいね!」、8万6000件のコメントが集まり、彼のメッセージは47.3万回シェアされた。そして彼は、CNNより、2014年に最も注目を集めた人々11人の1人に選ばれた[15]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ College Stats”. sports-reference.com. 2016年9月25日閲覧。
  2. ^ ペイトリオッツ大逆転勝利、ブレイディは2TDで復活アピール”. NFL JAPAN (2009年9月15日). 2016年9月25日閲覧。
  3. ^ a b Michael David Smith (2013年3月18日). “Saints sign Ben Watson”. NBCスポーツ. 2016年9月25日閲覧。
  4. ^ いじめ問題にベテラン勢が言及、Sポラマル「若手をサポートしたい」”. NFL JAPAN (2013年11月6日). 2016年9月25日閲覧。
  5. ^ Katherine Terrell (2015-0). “New Orleans Saints vote three new captains for 2015 season”. nola.com. 2016年9月25日閲覧。
  6. ^ 【プレイヤーハイライト】TEベンジャミン・ワトソン”. NFL JAPAN (2015年10月16日). 2016年9月25日閲覧。
  7. ^ QBブリーズ記録的活躍、セインツが壮絶な打ち合い制し5割復帰”. NFL JAPAN (2015年11月2日). 2016年9月25日閲覧。
  8. ^ Jeff Smith (2016年1月25日). “Benjamin Watson named a finalist for NFL Man of the Year”. FOXスポーツ. 2016年9月25日閲覧。
  9. ^ Conor Orr (2016年8月27日). “Ravens' Ben Watson out for season with torn Achilles”. nfl.com. 2016年9月25日閲覧。
  10. ^ Benjamin Watson: Career Stats at NFL.com” (英語). www.nfl.com. 2021年1月28日閲覧。
  11. ^ Alper, Josh (2017年3月28日). “Saints sign Benjamin Watson”. ProFootballTalk.NBCSports.com. 2021年1月28日閲覧。
  12. ^ Patriots Sign TE Ben Watson; Sign Seven 2019 Draft Selections”. Patriots.com (2019年5月10日). 2021年1月28日閲覧。
  13. ^ Teope, Herbie. “New England Patriots sign TE Benjamin Watson”. NFL.com. 2021年1月28日閲覧。
  14. ^ Watson, Benjamin (2020年3月16日). “pic.twitter.com/qvJRDBQIlf”. @BenjaminSWatson. 2021年1月28日閲覧。
  15. ^ ベンジャミン・ワトソン、一躍オピニオンリーダーの座に”. Facebook. 2016年9月25日閲覧。

外部リンク編集

先代
ビンス・ウィルフォーク
ニューイングランド・ペイトリオッツ
ドラフト1巡指名
2004年
次代
ローガン・マンキンス