ベン・ウォーレス

アメリカのバスケットボール選手 (1974 - )

ベン・キャメロン・ウォーレスBen Cameron Wallace, 1974年9月10日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州ホワイトホール出身の元プロバスケットボール選手。デトロイト・ピストンズなどで活躍し、引退後にNBA・Gリーググランドラピッズ・ゴールドの球団社長に就任[1][2]。2021年からはピストンズのフロントに入閣し、アドバイザーを務めている[3]

ベン・ウォーレス
Ben Wallace
Ben Wallace 4104263221 (cropped).jpg
現役時代のピストンズでのウォーレス (2009年)
デトロイト・ピストンズ
役職 チームアドバイザー
所属リーグ NBA
基本情報
愛称 Big Ben
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1974-09-10) 1974年9月10日(48歳)
出身地 アラバマ州の旗 アラバマ州ホワイトホール
身長(現役時) 206cm (6 ft 9 in)
体重(現役時) 109kg (240 lb)
キャリア情報
高校 セントラル高校英語版
大学 カヤホガCC (1992-1994)
バージニア・ユニオン大学 (1994-1996)
NBAドラフト 1996年 / ドラフト外
プロ選手期間 1996年–2012年
ポジション センター / パワーフォワード
背番号歴 4, 3, 6, 30
永久欠番 ピストンズ  3 
経歴
選手時代:
19961999ワシントン・ブレッツ / ウィザーズ
1999–2000オーランド・マジック
20002006デトロイト・ピストンズ
20062008シカゴ・ブルズ
20082009クリーブランド・キャバリアーズ
20092012デトロイト・ピストンズ
エグゼクティブ時代:
2021-デトロイト・ピストンズ
受賞歴
NBA通算成績
得点 6,254 (5.7 ppg)
リバウンド 10,482 (9.6 rpg)
ブロック 2,137 (2.0 bpg)
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
バスケットボール殿堂入り選手 (詳細)

NBA史上最高のドラフト外選手と評され[4][5][6]、2021年にはドラフト外選手として史上初となる殿堂入りを果たしている。

類いまれなるフィジカルの強さと驚くべき身体能力を有していた。過去に四度もNBA最優秀守備選手賞を受賞しており、高い守備能力を発揮するディフェンシブプレイヤーであり、特にバスケット下での守備は無類の強さを誇った[7]

経歴編集

学生時代編集

11人兄弟の10番目で[8]、幼少時代は兄弟とバスケットボールに打ち込んだ。弟分のベンはろくにパスをもらえず、この頃から既にリバウンドとディフェンスに精を出していたという。高校時代はバスケットの他にアメリカンフットボール野球をやっておりいずれも州の代表に選ればれるほどのアスリートだった。にもかかわらず大学からはフットボーラーとしてのスカウトはあってもバスケットボーラーとしてのスカウトは無かったという。クリーブランドクヤホガ・コミュニティカレッジで2年プレー後、高校時代からベンに注目していたチャールズ・オークリーの推薦で2部リーグ校バージニア・ユニオン大学に編入[8]。卒業後はNBA入りを熱望していたが、ドラフトでどのチームからも指名されず、ボストン・セルティックスのサマーリーグに参加したが身長の低さからゴール下から3ポイントライン付近に配置され、実力の発揮できなかった彼は解雇された[8]。イタリアでプレイした後、ワシントン・ブレッツGMウェス・アンセルドに関心を持たれブレッツに入団した[8]

NBA編集

当初は十分な出場機会を与えられなかったが、クリス・ウェバーが退団した後、出場機会を増やし[8]、控えながら得意のリバウンドとディフェンスでアピールした。1999-2000シーズン開幕前に、ベンのディフェンスに目をつけたオーランド・マジックアイザック・オースティンとのトレードで移籍[8]、マジックでは出場した81試合全てに先発出場を果たした。1試合平均13.2リバウンド、1.6ブロックと、ディフェンス面で持ち味を十二分に発揮し、前評判の非常に低かったチームをプレーオフ後一歩まで引き上げる要因となった。2000年8月3日に、チャッキー・アトキンスと共にグラント・ヒルとのトレードでデトロイト・ピストンズへ移籍した[8]

ピストンズ移籍後は、脅威のディフェンス力を発揮しリーグを代表するインサイドプレーヤーとして開花。ベンは2001-02、2002-03、2004-05、2005-06の計4シーズンに渡りNBA最優秀守備選手賞を獲得。特に2001-02シーズンはリバウンドとブロックショットのタイトルを同時に制した史上4人目の選手となった(他の3人はカリーム・アブドゥル=ジャバービル・ウォルトンアキーム・オラジュワン[8]。翌2002-03シーズンも2年連続リバウンド王を獲得した。2003-04シーズンにはチャウンシー・ビラップスラシード・ウォーレスら強力なチームメイトを得てNBAファイナルに進出。第5戦では18得点、22リバウンドを記録、最強のセンター、シャキール・オニール率いるレイカーズを4勝1敗で退け、NBAチャンピオンに輝いた[8]。翌2004-05シーズンもファイナルに進出。サンアントニオ・スパーズに敗れたものの、ウォーレスは自己最高成績の9.7得点を挙げる。2003年のオールスターでは東カンファレンスの先発センターとして出場している。当時のベンの人気は非常に高く、ピストンズのホームコートは彼のトレードマークであったアフロヘアのウィッグを被ったファンで賑わっていた[8]。しかし、新ヘッドコーチのフリップ・サウンダース体制の下で徐々に居場所を失っていった。

2006年7月13日、ウォーレスはシカゴ・ブルズと契約した。しかしシーズン開幕から自身もチームも不調、さらにチームで禁止されているヘッドバンドをつけスコット・スカイルズHCと対立など、序盤は苦しいシーズンを送ったものの、チームメイトの活躍、そして自身の調子も上がり、3年連続のプレーオフ進出に貢献したがカンファレンスセミファイナルで古巣のピストンズに敗れた。

 
キャバリアーズでのウォーレス(2008年)

2008-09シーズン、レードデッドラインの2008年2月21日、3チーム11人が絡む大型トレードにてシカゴ・ブルズからクリーブランド・キャバリアーズへと移籍した[9]。しかし、この頃から故障により欠場が増え個人成績は低迷するようになり、2009年のNBAファイナル終了後は一時、引退を匂わす発言もしたがシャキール・オニールとのトレードでサーシャ・パブロビッチと共にフェニックス・サンズへ移籍することが決まった。

2009年7月13日、サンズはウォーレスをバイアウトし、ウォーレスは引退を決意した。 しかしリチャード・ハミルトンテイショーン・プリンスのピストンズの黄金期を共に築いた2人の友の説得により2009年8月7日、ウォーレスはピストンズとベテランミニマムで契約することに合意、キャリアの中でも栄光の時期を過ごした古巣に戻ることになった。

2012年2月、このシーズン限りで現役を引退すると表明した[10]

2016年1月16日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦のハーフタイムにデトロイト・ピストンズ時代に着用していた背番号「3」の永久欠番授与式が執り行われた[11]。2004年優勝時のヘッドコーチのラリー・ブラウン、チームメートのラシード・ウォレステイショーン・プリンスらと共に観戦したゲームは、ピストンズが昨年チャンピオンのウォリアーズを圧倒して勝利した[12]

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1996–97 WAS 34 0 5.8 .348 .000 .300 1.7 .1 .2 .3 1.1
1997–98 67 16 16.8 .518 .000 .357 4.8 .3 .9 1.1 3.1
1998–99 46 16 26.8 .578 .000 .356 8.3 .4 1.1 2.0 6.0
1999–2000 ORL 81 81 24.2 .503 .000 .474 8.2 .8 .9 1.6 4.8
2000–01 DET 80 79 34.5 .490 .250 .336 13.2 1.5 1.3 2.3 6.4
2001–02 80 80 36.5 .531 .000 .423 13.0* 1.4 1.7 3.5* 7.6
2002–03 73 73 39.4 .481 .167 .450 15.4* 1.6 1.4 3.2 6.9
2003–04 81 81 37.7 .421 .125 .490 12.4 1.7 1.8 3.0 9.5
2003–04 74 74 36.1 .453 .111 .428 12.2 1.7 1.4 2.4 9.7
2004–05 82 82 35.2 .510 .000 .416 11.3 1.9 1.8 2.2 7.3
2005–06 CHI 77 77 35.0 .453 .200 .408 10.7 2.4 1.4 2.0 6.4
2006–07 50 50 32.5 .373 .000 .424 8.8 1.8 1.4 1.6 5.1
2007–08 CLE 22 22 26.3 .457 .000 .432 7.4 .6 .9 1.7 4.2
2008–09 56 53 23.5 .445 .000 .422 6.5 .8 .9 1.3 2.9
2009–10 DET 69 67 28.6 .541 .000 .406 8.7 1.5 1.2 1.2 5.5
2010–11 54 49 22.9 .450 .500 .333 6.5 1.3 1.0 1.0 2.9
2011–12 62 11 15.8 .395 .250 .340 4.3 .7 .8 .8 1.4
キャリア 1088 912 29.5 .474 .137 .414 9.6 1.3 1.3 2.0 5.7
オールスター 4 2 21.5 .400 .000 .000 7.0 .5 2.0 1.2 3.0

プレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2002 DET 10 10 40.8 .475 .000 .436 16.1 1.2 1.9 2.6 7.3
2003 17 17 42.5 .486 .000 .446 16.3 1.6 2.5 3.1 8.9
2004 23 23 40.2 .454 .000 .427 14.3 1.9 1.9 2.4 10.3
2005 25 25 39.2 .481 .000 .461 11.3 1.0 1.7 2.4 10.0
2006 18 18 35.7 .465 .000 .273 10.5 1.7 1.3 1.2 4.7
2007 CHI 10 10 36.9 .566 .000 .500 9.5 1.4 1.5 1.7 8.7
2008 CLE 13 13 23.4 .515 .000 .350 6.5 1.2 .6 1.1 3.2
2009 14 0 12.6 .615 .000 .000 2.7 .3 .3 .3 1.1
キャリア 130 116 34.8 .482 .000 .418 11.2 1.3 1.5 1.9 7.2

プレースタイル編集

2000年代のNBAを代表するディフェンダーであり、NBA最優秀守備選手賞を四度も受賞するほどの卓越した守備技術を発揮した。身長206cm(実寸は200cm程度と公言)とサイズに恵まれていないが、フィジカルの強さと守備技術の高さからセンターを務めていた。

ペイントエリアを主戦場にするセンターとして上背にかけるが、筋肉質な肉体(体脂肪率4.0%未満)、図抜けた怪力(ベンチプレスMAX209kg)、長い腕(ウィングスパン230cm)、高い身体能力(垂直跳び107cm)[13]を駆使して激しい肉弾戦を展開し、得意のブロックショットとスティールで圧倒的な存在感を示した。

ディフェンスでは最大級の評価を受ける一方で、オフェンスはリーグ最下層であった。オフェンスでの仕事は、リング付近のこぼれ球処理、味方へのスクリーンなど数字に残らないプレイに徹していた(ウォーレスはスクリーナーとしても一流)。リング付近からのダンクによる得点以外は、実質的にシュートバリエーションを備えていなかった。特にフリースローはキャリア通算41.8%とリーグ最下層である。相手チームからは「ハック・ア・シャック」ならぬ「ワック・ア・ウォレス」の標的となっていた。手首に古傷を抱えている影響もあって、フリースローではエアボールを放つことも珍しくなかった[14]

その他編集

 
アフロヘアは長らくベンのトレードマークであった
  • 2001-02シーズン、好調ピストンズの原動力となったベンとジェリー・スタックハウスの二人で「ben & jerry'sアイスクリーム」の宣伝キャラクターを務めていた。
  • 手首の関節に異常があり、スナップを利かせると骨が外れカクカクなるためシュートが入らない。フリースローの低確率の原因とされている。
  • ヘアスタイルは彼の長年のトレードマークでコーンロウアフロヘアの2通りがあった。コーン・ロウは頭皮に負担がかかるので7日経つと解いて、更に7日頭皮を休ませていた。因みにアフロの時の方がチームは勝率がいいため、プレーオフ期間はアフロであった。しかし、2008-2009シーズンの2月、オールスター休暇中の怪我(ローラーボードで遊んでいた際、誤って転倒し、自動車のガラスに右腕前腕部をぶつけ、10針縫った)を境に丸刈りになった(同時期にアレン・アイバーソンカーメロ・アンソニーも丸刈りにした)。
  • 2004-05シーズン前に盲腸炎の手術を受けた。
  • 腕にロンドンにある時計台「BigBen」のタトゥーをいれている。これは、自身のニックネーム「ビッグ・ベン」とかけている。また、ウォーレスが交代してコートに入る時や得点した時など、キャブスのホーム、クイックン・ローンズ・アリーナでは「BigBen」の鐘が鳴らされる(全く同じ鐘が、ミルウォーキー・バックスチャーリー・ベルについてもバックスのホーム、ブラッドリー・センターでは同様に流されている)。
  • 現在でも8人の男兄弟の中で最も身長が低い。
  • ヘアバンドを常時着用している。

タイトル・記録編集

  • 最優秀守備選手賞:2002、2003、2005、2006
  • オールNBAディフェンシブ
    • 1stチーム:2002、2003、2004、2005、2006
    • 2ndチーム:2007
  • オールスター出場:2003〜2006
  • リバウンド王(1試合平均):2002 (13.0)、2003 (15.4)
  • ブロック王(1試合平均):2002 (3.5)
  • 4シーズン連続で1000リバウンド、100ブロック、100スティールを記録した唯一の選手。
  • ドラフト外からオールスターの先発に選出された唯一の選手。
  • 最優秀守備選手賞を4回獲得したのはディケンベ・ムトンボとウォーレスのみ。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Greydy Diaz (2018年10月11日). “Retirement wasn’t easy for former Piston Ben Wallace” (英語). The Undefeated. 2021年2月23日閲覧。
  2. ^ Kurt Nagl (2020年7月29日). “Detroit Pistons buy G League team to play in new Wayne State arena” (英語). en:Crain's Detroit Business. 2021年2月23日閲覧。
  3. ^ 今年殿堂入りしたベン・ウォーレスが古巣ピストンズにフロントとして復帰へ”. バスケットボールキング (2021年10月10日). 2021年10月11日閲覧。
  4. ^ These 10 undrafted NBA superstars proved draft experts wrong” (英語). Spin.ph (2019年6月22日). 2021年2月23日閲覧。
  5. ^ Davis, Ryan (2017年8月14日). “20 Best NBA Players Who Went Undrafted” (英語). Sportscasting | Pure Sports. 2021年2月23日閲覧。
  6. ^ The Ones Who Defied the Odds: Top 10 Undrafted NBA Players of All Time” (英語). ESPN 98.1 FM - 850 AM WRUF (2017年12月19日). 2021年2月23日閲覧。
  7. ^ 中山恵『スーパスターに学ぶバスケットボール』株式会社ナツメ社、2003年、119ページ、ISBN 4-8163-3437-8
  8. ^ a b c d e f g h i j “叩き上げ”のNBAスター ベン・ウォーレス”. xfit.jp. 2012年3月20日閲覧。
  9. ^ Cavs get Wallace from Bulls, Szczerbiak from Sonics”. ESPN (2008年2月22日). 2012年3月21日閲覧。
  10. ^ B・ウォーレスが現役引退を表明”. nba.co.jp (2012年2月14日). 2012年3月20日閲覧。
  11. ^ First among equals, Ben Wallace’s jersey about to join those of Bad Boys heroes in Palace rafters
  12. ^ NBA Game Info GSW vs. DET(2016/01/16) NBA.com 2016年01月16日
  13. ^ 『スーパースターに学ぶバスケットボール ナツメ社 2003年8月30日発行』2013年11月18日閲覧
  14. ^ 『月刊DUNK SHOOT 2010年11月号増刊 日本スポーツ企画出版社』2013年11月18日閲覧

外部リンク編集