ウェス・アンセルド

アメリカのバスケットボール選手、ヘッドコーチ (1946 - 2020)

ウェスリー・シセル・アンセルド (Westley Sissel Unseld, 1946年3月14日 - 2020年6月2日) はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手である。NBAワシントン・ブレッツのセンターとして1960年代後半から70年代前半にかけて活躍した。リバウンドの獲得に長けており、ゴール下をほぼ支配した。また、引退後はヘッドコーチとしてブレッツを7シーズン率いた。

ウェス・アンセルド
Wes Unseld
Wes Unseld 1975.jpeg
故人
ポジション C
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1946年3月14日
没年月日 (2020-06-02) 2020年6月2日(74歳没)
出身地 ケンタッキー州ルイビル
身長(現役時) 201cm (6 ft 7 in)
体重(現役時) 111kg (245 lb)
キャリア情報
出身 ルイビル大学
ドラフト 1968年 2位
永久欠番 ウィザーズ  41 
選手経歴
1968-1981 ボルティモア/キャピタル/ワシントン・ブレッツ
指導者経歴
1987-1994 ワシントン・ブレッツ
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

6フィート7インチの身長ながら(現役引退後、彼は6フィート6インチにも満たないことを明かした。)、自分より背の高いカリーム・アブドゥル=ジャバーなど7フィートの選手達とゴール下で争い、NBAオールスターゲームに5回選出された[1]

1988年バスケットボール殿堂入りした。

経歴編集

カレッジ時代編集

アンセルドは生まれ育った地元ケンタッキー州のセネカ高校で頭角を現し、2度の州チャンピオンシップを制する活躍をする。1965年に卒業すると、ルイビル大学に入学しセンターとしてプレーをした。彼は在学中の3年間カンファレンスのリバウンドリーダーとなり、チームをNCAAトーナメントまで導く。カレッジ時代の成績はトータル得点1,669ポイント(ゲーム平均20.6ポイント)、トータルリバウンド1,551(ゲーム平均18.9リバウンド)を記録している[1]

NBAプレーヤー時代編集

カレッジで目覚しい活躍をしたアンセルドは卒業後1968年のNBAドラフトボルチモア・ブレッツに1巡目全体2位で指名を受け入団した[1]。それまで1度も勝ち越したことの無かったチームで彼の現役時代の12シーズンでチームは10回勝ち越し、12年連続でプレーオフに出場した[1]

入団した1年目のシーズン、アンセルドは前年に入団し、最優秀新人賞を獲得したアール・モンロー、得点力の高いガードのケビン・ローアリー、パワーのあるフォワードのガス・ジョンソンと共に活躍、前年ディビジョン6位だったチームは勝ち星を21増やして、57勝25敗で東ディビジョン優勝を果した。アンセルドは平均13.8ポイント、ウィルト・チェンバレンに次ぐNBA2位の18.2リバウンド、2.6アシストを上げ、最優秀新人賞最優秀選手賞(MVP)を獲得した。両賞を同時に獲得したのはチェンバレンに続いて史上2人目の快挙であった[1]ジーン・シューヘッドコーチがこの年、コーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。プレーオフでは準決勝でニューヨーク・ニックスに敗れたものの平均18.8得点、18.5リバウンドをあげた[1]

1969-70シーズンも平均16.2得点、エルビン・ヘイズに次ぐNBA2位の平均16.7リバウンドをあげた。チームはイースタン・ディビジョン3位となった[1]

NBAの各チームは、1970-71シーズンに2つのカンファレンスと4つのディビジョンに分けられ、ブレッツは、セントラル・ディビジョンに所属することとなった[1]カンファレンスファイナルでニックスを倒して念願のNBAファイナル進出を果した[1]。以降、ブレッツはプレーオフの常連チームとなるが、優勝までは手が届かなかった。

入団してから4シーズン連続でNBA2位のリバウンドをあげたアンセルドは、チームがワシントンD.C.に移り、キャピタル・ブレッツと改称、K・C・ジョーンズヘッドコーチが就任した1973-74シーズンは怪我のため26試合に欠場し、平均5.9得点、9.2リバウンドと成績を落とした[1]

チームがワシントン・ブレッツと改称した1974-75シーズンに平均14.8リバウンドをあげて、初のリバウンド王となった。このシーズン、ニューオーリンズ・ジャズ戦では30リバウンドを記録した。チームは60勝22敗でセントラル・ディビジョンチャンピオンとなった。ブレッツ(現ウィザーズ)が60勝をあげたのは、このシーズンのみである[1]バッファロー・ブレーブスを4勝3敗、ボストン・セルティックスを4勝2敗で破り、4年ぶりに自身2度目のNBAファイナル進出を果したが、リック・バリーを擁するゴールデンステート・ウォリアーズに4連敗で敗れた[1]

1975-76シーズンはNBA3位の平均13.3リバウンドとリバウンドは減ったものの、シュート成功率56.1%をマークした。チームは48勝34敗でシーズンを終えた。1976-77シーズンも48勝34敗でシーズンを終えたチームは、1977-78シーズンに念願のNBAファイナル制覇を果たした。得点でNBAベスト20に入った選手は1人もいなかったが、平均19.7得点のヘイズ、19.3得点のボブ・ダンドリッジを始めとする6人の選手が平均10得点以上をあげ、アンセルドは、平均7.6得点、NBA10位の11.9リバウンドをあげた[1]。レギュラーシーズンを44勝38敗でディビジョン2位で終えたチームは、アトランタ・ホークスサンアントニオ・スパーズフィラデルフィア・セブンティシクサーズを破り、NBAファイナルに進出した。ディック・モッタヘッドコーチに率いられたチームは、シアトル・スーパーソニックスを4勝3敗で倒し、チャンピオンリングを獲得した。アンセルドは、プレーオフで平均9.4得点、12.0リバウンドをあげて、ファイナルMVPにも選ばれた[1]。翌1978-79シーズンにも54勝28敗の成績をあげたブレッツはファイナル進出を果すが、レニー・ウィルケンズヘッドコーチのスーパーソニックスに1勝4敗で敗れて2度目の優勝はならなかった[1]

長年ひざの故障に苦しんだ彼は、1980-81シーズン終了後に現役を引退し、チームのフロントに入った[1]

70年代に4回NBAファイナルに進み優勝は1回だった。

1988年バスケットボール殿堂入りを果した。また1996年にはNBAの50周年を記念して選ばれた「NBA偉大な50選手」の一人にも選出された[1]

2020年6月2日死去[2]。74歳没。

コーチ時代編集

ブレッツのフロント入りし、副社長を務めた後、1987-1988シーズン、チームが8勝19敗となったところで、ケビン・ローアリーに代わってヘッドコーチに就任、シーズン残り試合で30勝25敗と勝率5割を超え、チームはアトランティック・ディビジョン2位となりプレーオフにチームを導いた[1]

しかし、その後はブレッツは低迷期に入っていき、1988-1989シーズンに40勝42敗でプレーオフを逃した後、勝率も年々下がっていき、1992-93シーズンは22勝60敗、1993-94シーズンも24勝58敗でシーズンを終え、1993-94シーズン終了後コーチから退任した[1]

コーチングキャリア戦績は7シーズンで202勝345敗(勝率36.9%)である[1]

個人成績編集

* リーグ1位
太字 キャリアハイ
  NBAチャンピオン

レギュラーシーズン編集

Season Team GP MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1968-69 BAL
CAP
WSB
82 36.2 .476 .605 18.2 2.6 13.8
1969-70 82* 39.4 .518 .638 16.7 3.5 16.2
1970-71 74 39.2 .501 .657 16.9 4.0 14.1
1971-72 76 41.7 .498 .629 17.6 3.7 13.0
1972-73 79 39.1 .493 .703 15.9 4.4 12.5
1973-74 56 30.8 .438 .655 9.2 2.8 1.0 .3 5.9
1974-75 73 39.8 .502 .685 14.8* 4.1 1.6 .9 9.2
1975-76 78 37.5 .561* .585 13.3 5.2 1.1 .8 9.6
1976-77 82 34.9 .490 .602 10.7 4.4 1.1 .5 7.8
1977-78   80 33.1 .523 .538 11.9 4.1 1.2 .6 7.6
1978-79 77 31.2 .577 .643 10.8 4.1 .9 .5 10.9
1979-80 82 36.3 .513 .500 .665 13.3 4.5 .8 .7 9.7
1980-81 63 32.3 .524 .500 .640 10.7 2.7 .8 .6 8.0
Career 984 36.4 .509 .500 .633 14.0 3.9 1.1 .6 10.8
All-Star 5 15.4 .500 .600 7.2 1.2 .4 .0 6.2

プレーオフ編集

Year Team GP MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1969 BAL
CAP
WSB
4 41.3 .526 .789 18.5 1.3 18.8
1970 7 41.3 .414 .789 23.6* 3.4 10.4
1971 18 42.2 .462 .568 18.8 3.8 13.2
1972 6 44.3 .492 .526 12.5 4.2 12.3
1973 5 40.2 .417 .474 15.2 3.4 9.8
1974 7 42.4 .492 .600 12.1 3.9 .6 .1 10.1
1975 17 43.2 .546 .656 16.2 3.8 .9 1.2 10.7
1976 7 44.3 .462 .542 12.1 4.0 .9 .6 7.0
1977 9 40.9 .556 .583 11.7 4.9 .9 .7 7.4
1978   18 37.6 .530 .587 12.0 4.4 .9 .4 9.4
1979 19 38.7 .494 .609 13.3 3.4 .9 .7 10.3
1980 2 43.5 .500 .000 .667 14.0 3.5 .0 1.5 9.0
Career 119 41.1 .493 .000 .608 14.9 3.8 .8 .7 10.6

記録編集

  • 通算リバウンド:13,769(史上13位)
  • 平均リバウンド:14.0(史上6位)
  • プレーオフ通算リバウンド:1,777(史上8位)
  • プレーオフ平均リバウンド:14.9(史上3位)

ワシントン・ウィザーズのフランチャイズ記録編集

  • 出場試合:984(1位)
  • 得点:10,624(5位)
  • リバウンド:13,769(1位)
  • アシスト:3,822(2位)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Complete Bio Summary”. nba.com. 2015年2月21日閲覧。
  2. ^ “NBAの名選手、アンセルド氏が74歳で死去 新人でシーズンMVP”. AFP BB News. (2020年6月3日). https://www.afpbb.com/articles/-/3286295 2020年6月4日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集