ペインキラー (バンド)

ペインキラーPainkiller[1]は、1991年に結成されたバンド。彼らのスタイルは、アヴァンギャルド・ジャズグラインドコアが混在していた。その後のアルバムには、アンビエントダブの要素も組み込みまれていた[2]

ペインキラー
Painkiller
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
ジャンル アヴァンギャルド・ジャズ
グラインドコア
実験音楽
デスメタル
活動期間 1991年 - 1995年1997年2008年
レーベル イヤーエイク
ツァディク
旧メンバー ジョン・ゾーン
ビル・ラズウェル
ミック・ハリス

略歴編集

ペインキラーの3人の主要メンバーは、サックスのジョン・ゾーン、エレクトリックベースのビル・ラズウェル、そして元ナパーム・デスでドラムのミック・ハリス。バンドには、山塚アイバケットヘッドマイク・パットン巻上公一ゴッドフレッシュジャスティン・ブロードリックとG.C.グリーン、不失者の灰野敬二など、ライブでもスタジオでも数名のミュージシャンが参加している。

ハリスは1995年にバンドを去り、自身のソロによるコンピュータ・ミュージックだけに専念するようになった。彼の脱退後、多くの人はペインキラーが消滅したものと考えていた。 しかし、ゾーンとラズウェルはこのプロジェクトを2008年に復活させ、ルインズ吉田達也とライブ演奏を行った。その後、ハミッド・ドレイクがドラムで参加したニューヨークのトニックにおけるゾーン生誕50周年記念ライブ(マイク・パットンをゲストとしてフィーチャーした)での模様が、ツァディクからライブ・アルバムとしてリリースされた。

2008年、ペインキラーはフランスにて、ゾーン、ラズウェル、ハリスのオリジナル・ラインナップで演奏した。ここではフレッド・フリスやマイク・パットンらゲスト・ミュージシャンも登場した。

ディスコグラフィ編集

アルバム、EP編集

  • 『処女の臓腑』 - Guts of a Virgin (1991年) ※EP
  • 『秘罪』 - Buried Secrets (1992年) ※EP
  • 『儀式 (ライヴ・イン・ジャパン)』 - Rituals: Live in Japan (1993年)
  • 『処刑場』 - Execution Ground (1994年)
  • Talisman: Live in Nagoya (2002年)
  • 50th Birthday Celebration Volume 12 (2005年) ※with ハミッド・ドレイクマイク・パットン
  • The Prophecy: Live in Europe (2013年) ※with 吉田達也

コンピレーション・アルバム編集

  • Painkiller: The Collected Works (1997年)
  • Guts of a Virgin/Buried Secrets (1998年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ もともとは「Pain Killer」として知られていた
  2. ^ Christie, I. Trouserpress.com Painkiller entry accessed 22 July 2008.