ペドロ・ロペス

コロンビアのシリアルキラー

ペドロ・アロンソ・ロペススペイン語: Pedro Alonso López1948年10月8日[2] - )は、コロンビア生まれの連続殺人者。コロンビア、エクアドルペルーにて、9~12歳の少女110人を殺害した容疑で有罪判決を受けている。ロペス自身は、ペルーとエクアドルにて、さらに240人を殺したと主張している。

ペドロ・アロンソ・ロペス
Pedro Alonso López
ペドロ・ロペス(1987年4月23日)
個人情報
別名 「アンデスの怪物」
生誕 1948年10月8日
 コロンビア トリマ県サンタ・イサベル
死没 消息不明
有罪判決 殺人罪、3度の有罪判決を受けている[1]
判決 禁錮16年(1998年に保釈、そのまま消息不明)
殺人詳細
犠牲者数 少なくとも53体の遺体が発見されている。ロペス自身は「300人以上を殺した」と告白している
犯行期間 1969年
 コロンビア
エクアドルの旗 エクアドル
ペルーの旗 ペルー
逮捕日 1980年3月9日

ロペスの犯罪は、フリーランスジャーナリストであるロン・レイトナー ( Ron Laytner ) が敢行した、独房内にいるロペスへのインタビューならびにAP通信が伝えた報道により、世界的な注目を集めることとなった[1]

レイトナーによる記録が伝えられた1980年代以降、ロペスは「アンデスの怪物」( El Monstruo de Los Andes )と呼ばれ、恐れられるようになる[3]。また、ギネスブックは、ロペスを「個人で最も多くの人間を殺した殺人者」と認定した[4]

1998年、コロンビアにある精神病院から釈放されて以来、消息を絶つ。

生い立ち編集

トリマ県サンタ・イザベルにて、13兄弟の7番目の子として生まれた[2]。父ミダールド・レイエスはコロンビア保守党員、母ベニルダ・ロペス・デ・カスタニェーダは売春婦であった。ペドロが生まれる6か月前の1948年4月4日、父ミダールドは、ボゴタ暴動で銃弾を受けて死んだ。父親の不在と、母親による行き過ぎた干渉により、ペドロは不遇な少年時代を過ごした。家はカーテンで仕切られているだけの単一の建物であり、ペドロは母親と複数の「客」とのやり取りを幾度も耳にし、目撃していたが、これがペドロの心に不穏な影響を与えたと見られている。なお、母ベニルダによれば、ペドロは礼儀正しい少年であり、教師になりたがっていたという[2]。ペドロはのちに、母親から虐待された、と語っている[2]

1957年、8歳のとき、妹の1人に対して性的な行為に及ぼうとしていたところを母に見つかり、ペドロは家から追い出された[5]。ペドロはボゴタに移住し、ホームレスとして貧困生活を送る。ペドロによれば、ある日、ある男に声をかけられ、その男に廃屋に連れて行かれ、そこで繰り返し肛門性交を強要されたという。12歳のとき、アメリカ人の一家に養子として引き取られ、学校に入学するも、教員の1人から性的暴行を受け、学校から逃げ出す。1969年、21歳のとき、自動車窃盗の容疑で逮捕され、刑務所に収監される。ロペスによれば、そこで少なくとも2人の囚人から輪姦されたという[5]。ロペスはその報復として、自分を強姦した囚人をナイフで殺害した。のちにこれは「正当防衛」であると判断され、刑期を2年追加されるだけに留まった。

殺人編集

ロペスは、「Perdí mi inocencia a la edad de ocho años, así que decidí hacer lo mismo a tantas muchachas jóvenes como pudiera.」(「俺の純潔は8歳で奪われた。できるだけ多くの少女に対して、自分が味わったのと同じ苦しみを味わわせてやる」)と誓うようになったという[6][7]

刑務所での刑期を終えたのち、ロペスは、ペルーにて少女たちを殺し始める。ロペスによれば、ペルー全土にて、少なくとも100人以上の少女を殺したという。その際には、「無邪気な表情をしている少女」を探して日中に声をかけたという[6][3]。ロペスは「エクアドル人の女の子がお気に入りなんだ。無邪気で、優しく、信用できる。人を疑うってことを知らない。彼女らは、コロンビア人の少女とは違う」と述べている。コロンビア、エクアドル、ペルーを移動し、おもに市場を狩場にし、9~12歳の少女たちに声をかけ、何か奇麗な、光り輝くものを与える約束をして誘い出し、郊外の森やホテルの一室で絞殺し、その死体は建築現場や森の奥深くに埋めた。週に2人、ときには3人殺したという。

ロペスはまず犠牲者を強姦し、その目をじっくりと眺めながら絞め殺した。ロペスによれば、「(犠牲者が)死ぬその瞬間にこそ、深い喜びと(性的な)興奮を味わえる」「目の中の光が消える瞬間を見るのが実に堪らない」という。

ロペスによれば、「夜には殺さない。辺りが暗いせいで、相手の目が見えないからね」という[3]。「親と一緒にいる娘の場合、1人になる瞬間を待って、声をかけたんだ」「観光にやって来た、金髪の美しい少女にも声をかけようとしたが、それは叶わなかった。その娘たちの両親がとても用心深くてね」とも語っている[3]。ロペスによれば、犠牲者が死ぬまでに「5~15分はかかった」という[3]

ある日、9歳の少女を攫おうとした際、ペルーの中南部に住んでいるある部族に捕らえられた。その部族は、ロペスの服を剥ぎ取って拷問し、ロペスを生き埋めにしようとした。そのとき、アメリカ人の宣教師が通りかかり、「彼を警察に引き渡すべきだ」と部族に説得した。部族はそれを受け入れ、その通りにした。のちにペルー政府は、ロペスをエクアドルに強制送還する。

ロペスがエクアドルに送還されたのち、警察は行方不明の少女の数が増加していることに気付く。だが、ロペスの証拠隠滅がほぼ完璧に近かったことや、インディオの少女が多数失踪しているのは「奴隷売買を行っている白人によるグループの犯行である」と警察は見做していたこと、警察がインディオに対して差別意識を抱いていたことから、捜査はなおざりになっていた。

1979年、エクアドルのアンバートを洪水が襲った。このときに発生した鉄砲水で、行方不明となっていた少女4人の遺体が川岸に打ち上げられた。洪水から数日後のある日、アンバートにあるスーパーマーケットで、ロペスは12歳の少女マリーを誘拐しようとするも、一緒にいた母親カルヴィーナ・ポヴェダが気付き、助けを求めた。すぐに助けが入り、警察が駆け付けるまでロペスは取り押さえられていた。ロペスは、最初は警察からの尋問に対して黙秘を貫いていた。警察は、監房内にいるロペスに対し、コルドバ・グディーノ司祭に面談させることで司祭への信頼を獲得し、罪を自白させようとした。ロペスは司祭に対し、そのおぞましい行為の数々を語った。逮捕されるまでに犯した300件を超える殺人を自供し、死体を埋めた場所を警察に案内した。ロペスの自供により、少なくとも53の遺体が発見され、警察はロペスの自供を信じるようになった。この53体の遺体が発見されてから、「アンデスの怪物」の異名で呼ばれるようになった[3]

アンバートにある刑務所内の独房で服役中のロペスに対して、ロン・レイトナーがインタビューを行った際、ロペスは自身を「影響力溢れる逸材」と称した。のちに釈放されることになるが、その理由については「『お行儀良く振舞っているから』さ」と述べている。

ロペスに関して、AP通信が伝えた報道の中で現存しているものでは、1980年7月1981年1月に配信した2つがある[1]。前者は「ロペスが逮捕され、100人を超える少女を殺害した容疑で有罪判決を受けた」こと、後者は「300件を超える性的暴行及び殺人を自供した」ことである[1]

行方不明編集

エクアドルで裁判にかけられたロペスは、1981年7月31日、16年の禁固刑を言い渡された。エクアドルは死刑を廃止しており、この宣告は、同国においては殺人罪に対して課せられる刑罰の中で最高刑に相当するためである。

1994年8月31日、エクアドルのガルシア・モレノ刑務所( es:Penal García Moreno )から釈放されるも、のちに不法移民として再逮捕される。ロペスはコロンビアに強制送還された。コロンビア当局は、20年前にロペスが犯した殺人の容疑で有罪判決を下そうとしたが、ロペスは「正気を失っている」と判断され、1995年にボゴタにある精神病院に収容された。1998年、ロペスは「正気である」と判断され、50ドルの保釈金を支払って保釈された。その後のロペスの消息は不明のままである[2]

2002年インターポールは、コロンビア政府に対して、新たな殺人容疑でロペスを逮捕するよう勧告を出し[8]、ロペスは警察による指名手配を受けている[9]

参考編集

  1. ^ a b c d Who is Pedro Lopez?”. 2007年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e Pedro Alonzo Lopez Biography”. Biography.com. 2019年12月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Worst Serial Killer Released”. Edit International (2009年1月31日). 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月6日閲覧。
  4. ^ Most prolific serial killer” (2015年2月16日). 2019年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月6日閲覧。
  5. ^ a b World's second worst serial killer walked free from prison”. Nine News (2018年12月5日). 2019年11月30日閲覧。
  6. ^ a b Pedro Alonso LÓPEZ” (2017年8月7日). 2019年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月6日閲覧。
  7. ^ Pedro Alonso López – El Monstruo de Los Andes”. aminoapps.com. 2019年12月6日閲覧。
  8. ^ Carlina Ramon; Maria Masabanda Inde; Carlos Jácome; Pat Brennan (2004年). The Monster of the Andes. A&E Television Networks.. ISBN 0-7670-7897-7 
  9. ^ Why Did They Free Pedro López, the Monster of the Andes?”. Criminal. 2019年11月21日閲覧。

外部リンク編集