ペルー空軍西:Fuerza Aérea del Perú:FAP)はペルー空軍

ペルー空軍

歴史編集

1929年5月20日に陸軍と海軍の航空機部隊を統合しペルー飛行部隊(Cuerpo de Aviacion del Peru)が組織された。1933年コロンビア・ペルー戦争でO2UコルセアとカーチスF11ホークを用いてアマゾンでコロンビア軍と交戦した。この際3機を失う。1936年3月12日にはペルー航空部隊(Cuerpo Aeronáutico del Perú)に改編された。1941年エクアドル・ペルー戦争には、ゲリラ戦術をとるエクアドル軍に対しNA-50戦闘機やカプロニ Ca.310英語版イタリア語版爆撃機で大規模な地上攻撃を行った。7月23日には、地上攻撃中のホセ・アベラルト・キニューネス・ゴンザレス英語版スペイン語版中尉は対空砲火で被弾しエクアドル軍の陣地に体当たりし自爆、ゴンザレス中尉は大尉に昇進し、1966年5月10日には国家英雄が追贈された[1]ほか、チクラーヨFAPカピターン・アベラルト・キニューネス・ゴンザレス国際空港英語版スペイン語版が開港した。

マヌエル・オドリーア英語版スペイン語版大統領政権下において再編成され、1950年7月18日に空軍として独立した。当時の主力機はF-86ホーカー ハンターイングリッシュ・エレクトリック キャンベラなどの米英製の機体だったが、1970年代から1980年代初期にかけてはSu-22An-26といったソビエト連邦製の航空機や、フランス製のミラージュ5Pミラージュ2000P戦闘機を多数導入した。1982年フォークランド紛争ではアルゼンチンに協力し、10機のミラージュ5Pをアルゼンチン空軍に移管した。

1980年代後半の経済危機により空軍予算は縮小する事となる。1995年セネパ紛争英語版ではエクアドル軍との交戦により、航空機・ヘリコプターを9機失った。この紛争後、1996年にペルー空軍はMiG-29を、1998年にはSu-25を導入し、21世紀を迎えてもKT-1P練習・COIN機[1]C-27J輸送機を導入する[2]など機体の更新を進めている。

組織編集

空軍総司令官(Comandante Genneral de la FAP)の下、以下の職位・組織がある。2007年時点で現役兵総員15,000人。

  • 空軍参謀総長(Jefe del Estado Mayor General de la FAP)
  • 空軍総監査官(Inspector General de la FAP)
  • 第1航空団(Ala Aérea Nº 1)司令部:ピウラ
    • 第6航空群(Grupo Aéreo Nº 6)在チクラーヨ
      • 第612飛行隊「ピロト・デ・コンバテ」(Escuadrón Aéreo 612、"Pilotos de Combate")
    • 第7航空群(Grupo Aéreo Nº 7)在ピウラ
      • 第711飛行隊「エスコルピオネス」(Escuadrón Aéreo 711、"Escorpiones")
    • 第11航空群(Grupo Aéreo Nº 11) 在タララ(Talara)
      • 第112飛行隊「ティグレス」(Escuadrón Aéreo 112、"Tigres")
  • 第2航空団(Ala Aérea Nº 2)司令部:カヤオ
    • 第3航空群(Grupo Aéreo Nº 3)在カヤオ
      • 第332飛行隊(Escuadrón Aéreo 332)
    • 第8航空群(Grupo Aéreo Nº 8)在カヤオ
      • 第811飛行隊(Escuadrón Aéreo 811)
  • 第3航空団(Ala Aérea Nº 3)司令部:アレキパ
    • 第2航空群(Grupo Aéreo n.º 2) 在ビートル・デ・ガウナ(Vítor de Gauna)
      • 第211飛行隊(Escuadrón Aéreo 211)
    • 第4航空群(Grupo Aéreo n.º 4) 在ラ・ホーヤ(La Joya)
      • 第201飛行隊(Escuadrón Aéreo 201)
      • 第411飛行隊(Escuadrón Aéreo 411)
      • 第513飛行隊(Escuadrón Aéreo 513)
    • 第51航空群(Grupo Aéreo n.º 51)在ピスコ(Pisco)
      • 第511飛行隊(Escuadrón Aéreo 511)
      • 第512飛行隊(Escuadrón Aéreo 512)
  • 第5航空団(Ala Aérea Nº 5)司令部:イキトス
    • 第42飛行隊(Grupo Aéreo n.º 42)

装備編集

航空機編集

固定翼機編集

 
MiG-29
 
Su-25
戦闘機
攻撃機
輸送機
練習・COIN機

回転翼機編集

攻撃ヘリコプター
輸送ヘリコプター
練習ヘリコプター

ミサイル編集

階級編集

日本語 スペイン語 NATO階級符号
士官
空軍大将 General del Aire  
空軍中将 Teniente General
空軍少将 Mayor General   
空軍大佐 Coronel  
空軍中佐 Comandante  
空軍少佐 Mayor  
空軍大尉 Capitán  
空軍中尉 Teniente
空軍少尉 Alferez   
技術官および下士官
先任管理技術官 Técnico Supervisor Mayor   
管理技術官 Técnico Supervisor
検査技術官 Técnico Inspector
1等技術官 Técnico de Primero
2等技術官 Técnico Segundo  
3等技術官 Técnico Tercero  
1等下士官 Suboficial de Primero  
2等下士官 Suboficial de Segundo  
3等下士官 Suboficial de Tercero
部隊区分および兵卒
1等軍曹 Sargento Primero
2等軍曹 Sargento Segundo
伍長 Cabo
空軍兵 Avionero

脚注編集

  1. ^ a b c 徳永克彦英語版「Trito Reborn ペルー空軍のKT-1P」『航空ファン』通巻812号(2020年8月号)文林堂 P.18-25
  2. ^ a b 徳永克彦・DACT「Spartan」『航空ファン』通巻819号(2021年3月号)文林堂 P.17-21

参考文献編集

  • Christopher Langton, Military Balance 2007, Routledge

関連項目編集

外部リンク編集