ホレイショ・ウォルポール (初代ウォルポール男爵)

ジャン=バティスト・ヴァン・ローによる肖像画、1745年作。

初代ウォルタートンのウォルポール男爵ホレイショ・ウォルポール英語: Horatio Walpole, 1st Baron Walpole of Wolterton PC PC (Ire)1678年12月8日1757年2月5日)はグレートブリテン王国の外交官、政治家。イギリス首相ロバート・ウォルポールの弟にあたる。

生涯編集

ロバート・ウォルポール英語版大佐(1650年 – 1700年)とメアリー・バーウェル(Mary Burwell、サー・ジェフリー・バーウェル)の息子、後にイギリス首相となるロバート・ウォルポールの弟として、1678年12月8日にハウトン英語版で生まれた[1][2]。1693年から1698年までイートン・カレッジで教育を受けた後[2]、1698年にケンブリッジ大学キングス・カレッジに入学、1702年にフェロー(研究員)に選出され、1702年/1703年にB.A.の学位を、1713年にM.A.英語版の学位を修得した[3]。また、1700年10月2日にリンカーン法曹院に入学した[3]

1706年にスペイン駐在公使ジェームズ・スタンホープの秘書になり、翌年に財務大臣ヘンリー・ボイルの秘書に転じ(1708年2月に財務省事務次官に転じる)、1709年5月にはデン・ハーグで行われている講和会議に派遣されたイギリス特命全権公使の秘書に任命された[2]。1708年よりホレイショを庶民院議員に当選させる動きがあったが、最終的に当選するのは1710年1月のロストウィシエル選挙区英語版補欠選挙だった[2]。1710年4月に国王親衛隊英語版の下士官に任命されたが、同年の総選挙ではトーリー党が大勝したためホイッグ党員であるホレイショは落選、さらにボイルが罷免されたため事務次官の官職も失った[2]。1712年には国王親衛隊の官職からも解任された[2]。同年に庶民院議員である叔父ホレイショ英語版が官職を与えられ、キャッスル・ライジング選挙区英語版の補選を行う必要が生じたときにもホレイショに立候補を勧める動きがあったが、このときは立候補せず叔父が再選され、1713年イギリス総選挙にようやく出馬してキャッスル・ライジング選挙区で当選した[2]。1714年の会期中は兄ロバートとともに庶民院で活躍、兄がホイッグ党の指導者の1人だったのに対しホレイショ自身は外交を専門とした[2]

1714年8月にジョージ1世が即位すると、北部担当国務大臣タウンゼンド子爵の下で事務次官を務めたが[4]、翌年に兄ロバート(当時は財務大臣)の副官(大蔵担当下級政務次官英語版)に転じた[1]。同1715年の総選挙ベア・アルストン選挙区英語版に鞍替えして再選、同年にデン・ハーグ駐在公使を務めたが(1716年10月退任)、1717年にロバートが下野するとホレイショもそれに従い[1]、一時は庶民院から離れたが、1718年12月にイースト・ロウ選挙区英語版で当選して庶民院議員に復帰、1719年には貴族法案に反対する演説をした[4]。1720年にアイルランド担当大臣英語版になり、同年にアイルランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命された[4]。1721年には兄ロバートが財務大臣に返り咲き、ホレイショも政務次官に復帰した[4]。その後、1722年イギリス総選挙グレート・ヤーマス選挙区英語版に転じて再選された[2]

1723年、ロバートとタウンゼンド子爵によってパリに派遣され、以降昇格を繰り返して1727年には特命全権大使になった[4]。パリではアンドレ=エルキュール・ド・フルーリー枢機卿に取り入って英仏の友好を計らい(ジョージ1世が1727年に死去したときにフルーリー枢機卿から英仏友好を再確認する書簡を得て、新王ジョージ2世に外交政策を維持させた[4])、1728年のソワソン会議でイギリス代表を務めて1729年11月のセブリア条約にこぎつけた[1]

1730年にタウンゼンド子爵が辞任すると、ホレイショは帰国して財務大臣付き秘書も辞し、代わりに王室会計長官英語版になり、同年11月12日にグレートブリテン枢密院の枢密顧問官に任命された[4]。ホレイショが議会で兄ロバートを支えることを期待しての王室会計長官任命だったが、彼は議会で地位を築けず[4]、1734年にはネーデルラント連邦共和国駐在イギリス大使英語版として転出した[1](王室会計長官には留任[4])。同年に総選挙が行われ、ホレイショはノリッジ選挙区英語版に鞍替えした[4]。その後、外交に疲れて1739年に帰国、以降外交使節の官職に就くことはなくなった[4]

1741年に王室会計長官と引き換えに閑職の財務省出納官英語版に就任した[4]。1742年に兄ロバートが首相を辞任すると、庶民院で兄を弁護し、また兄を弁護するパンフレットを出版した[1]。以降も議会での発言はあるもののまばらになり、『英国下院史英語版』に至っては1754年のホレイショを「地上の死人」(the dead above ground)の1人とした[5]。この時期のホレイショの主だった活動は叙爵を求めることであり、首相ニューカッスル公爵はそれに応じた[5]。そして、ホレイショは1756年6月4日、グレートブリテン貴族であるウォルタートンのウォルポール男爵に叙された[5]

1757年2月5日に死去[3]、長男ホレイショが爵位を継承した[1]

人物編集

ホレイショと同時代の人物である第2代ハーヴィー男爵はホレイショを「全ての能力において兄にとっては無用である。辞書としての能力以外は」と酷評した[4]

家族編集

1720年7月21日、メアリー・マグダレーン・ロンバード(Mary Magdalen Lombard、ピーター・ロンバードの娘)と結婚、4男5女を儲けた[2]

  • ホレイショ(1723年 – 1809年) - 第2代ウォルポール男爵、後に初代オーフォード伯爵に叙爵
  • メアリー(1726年2月25日 – ?) - 海軍軍人モーリス・サックリング英語版と結婚
  • トマス英語版(1727年 – 1803年) - 銀行家、庶民院議員。子供あり
  • リチャード英語版(1728年 – 1798年) - 庶民院議員。子供あり
  • スーザン(1730年5月3日 – 1732年4月29日)
  • ヘンリエッタ・ルイーサ(1731年11月28日 – 1824年6月)
  • アン(1733年7月12日 – 1797年11月25日)
  • キャロライン(1734年11月22日 – 1737年1月11日)
  • ロバート英語版(1736年 – 1810年) - 外交官

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g   Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Walpole of Wolterton, Horatio, 1st Baron" . Encyclopædia Britannica (英語). 28 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 290.
  2. ^ a b c d e f g h i j Hayton, D. W. (2002). "WALPOLE, Horatio II (1678-1757), of Houghton, Norf.". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart. The House of Commons 1690-1715 (英語). The History of Parliament Trust. 20 July 2019閲覧.
  3. ^ a b c "Horace (Horatio) WALPOLE (WLPL698HH)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m Sedgwick, Romney R. (1970). "WALPOLE, Horatio (1678-1757), of Wolterton, Norf.". In Sedgwick, Romney. The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 20 July 2019閲覧.
  5. ^ a b c Drummond, Mary M. (1964). "WALPOLE, Horatio (1678-1757), of Wolterton, Norf.". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John. The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 20 July 2019閲覧.

関連図書編集

外部リンク編集

グレートブリテン議会英語版
先代:
ラッセル・ロバーツ英語版
フランシス・ロバーツ英語版
庶民院議員(ロストウィシエル選挙区英語版選出)
1710年
同職:フランシス・ロバーツ英語版
次代:
ジョン・ヒル英語版
ヒュー・フォーテスキュー英語版
先代:
ウィリアム・フィールディング英語版
ホレイショ・ウォルポール英語版
庶民院議員(キャッスル・ライジング選挙区英語版選出)
1713年 – 1715年
同職:ウィリアム・フィールディング英語版
次代:
ウィリアム・フィールディング英語版
チャールズ・チャーチル英語版
先代:
サー・ピーター・キング
ローレンス・カーター
庶民院議員(ベア・アルストン選挙区英語版選出)
1715年 – 1717年
同職:ローレンス・カーター
次代:
エドワード・カートレット英語版
ローレンス・カーター
先代:
サー・ジェームズ・ベートマン
ジョン・スミス
庶民院議員(イースト・ロウ選挙区英語版選出)
1718年 – 1722年
同職:ジョン・スミス
次代:
ウィリアム・ラウンズ英語版
ジョン・スミス
先代:
ジョージ・イングランド
ホレイショ・タウンゼンド英語版
庶民院議員(グレート・ヤーマス選挙区英語版選出)
1722年 – 1734年
同職:チャールズ・タウンゼンド 1722年 – 1723年
ウィリアム・タウンゼンド英語版 1723年 – 1734年
次代:
エドワード・ウォルポール英語版
ウィリアム・タウンゼンド英語版
先代:
ウォーラー・ベーコン英語版
ロバート・ブライティフ英語版
庶民院議員(ノリッジ選挙区英語版選出)
1734年 – 1756年
同職:ウォーラー・ベーコン英語版 1734年 – 1735年
トマス・ヴィアー 1735年 – 1747年
ホバート男爵 1747年 – 1756年
次代:
エドワード・ベーコン英語版
ホバート男爵
外交職
先代:
ルーク・シャウブ
フランス駐在イギリス大使
1724年 – 1730年
次代:
ウォルドグレイヴ伯爵
先代:
ウィリアム・フィンチ英語版
ネーデルラント連邦共和国駐在イギリス大使英語版
1734年 – 1739年
次代:
ロバート・トレヴァー
公職
先代:
ジョン・テイラー
大蔵担当下級政務次官英語版
1715年 – 1717年
次代:
チャールズ・スタンホープ英語版
先代:
エドワード・ウェブスター英語版
アイルランド担当大臣英語版
1720年 – 1721年
次代:
エドワード・ホプキンス英語版
先代:
チャールズ・スタンホープ英語版
大蔵担当下級政務次官英語版
1721年 – 1730年
次代:
エドワード・ウォルポール英語版
空位
最後の在位者
リンカーン伯爵
王室会計長官英語版
1730年 – 1741年
次代:
トマス・ウィニングトン英語版
先代:
オンズロー男爵
財務省出納官英語版
1741年 – 1757年
次代:
ウォルドグレイヴ伯爵
グレートブリテンの爵位
爵位創設 ウォルポール男爵
1756年 – 1757年
次代:
ホレイショ・ウォルポール