ホークウインド

イングランドのロックバンド

ホークウインド[1]Hawkwind)は、イングランドスペース・ロックバンド

ホークウインド
Hawkwind
Hawkwind 2017.jpg
2017年のグループショット
基本情報
別名 Hawkwind Zoo
Hawklords
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル サイケデリック・ロック
スペース・ロック
プログレッシブ・ロック
ハード・ロック
活動期間 1969年 - 現在
レーベル Liberty Records
ユナイテッド・アーティスツ・レコード
カリスマ・レコード
ブロンズ・レコード
RCA/Active
エピック・レコード
Flicknife Records
GWR Records
Essential Records
EBS Records
ヴォイスプリント・レコード
Eastworld Records
Plastic Head
チェリーレッド・レコード
公式サイト Hawkwind.com
メンバー デイヴ・ブロック (Vo/G)
リチャード・チャドウィック (Ds)
ナイル・ホーン (B)
マグナス・マーティン (G/Key)
ティム・ブレイク (Key)
旧メンバー ニック・ターナー (Sax/Vo)
レミー・キルミスター (B/Vo)
マイケル・ムアコック (Vo)
ジンジャー・ベイカー (Ds)
ほか別記参照

デイヴ・ブロック(ヴォーカル、ギター)を中心に結成し、1970年にデビュー。時代によって「サイケデリック・ロック」「プログレッシブ・ロック」「ハード・ロック」などを内包しながら、50年以上に渡り活動。レミー・キルミスターが、モーターヘッド結成前に在籍していた事でも知られる[2]

略歴編集

 
創設者デイヴ・ブロック(Vo/G) 2009年

イングランドノッティング・ヒルで活動していたバンド「ホークウインド・ズー」が前身。バンド名を「ホークウインド」に短縮し、1969年にレーベル「ユナイテッド・アーティスツ」と契約して、1970年セルフタイトルのアルバム『ホークウィンド』でデビュー。その後、ヌード・ダンサーのステイシアがライブにおけるサポート・メンバーとして加わった。

1972年レミー(エレクトリックベース、ボーカル)が加入し、シングル「シルバー・マシーン (Silver Machine)」が全英3位のヒットとなった。アルバム『ホール・オブ・ザ・マウンテン・グリル (永劫の宮殿)』(1974年)からはサイモン・ハウス(ヴァイオリン)が加入。続くアルバム『絶体絶命』(1975年)は、SF作家マイケル・ムアコックからの影響で、より壮大な世界観を築いた。同時期に、レミー作曲の「Motorhead」(後にモーターヘッドのデビュー作でセルフカバーされる)がシングルのB面曲として発表された。しかし、その後レミーはバンドを解雇される。

バンドはカリスマ・レコードに移籍して活動を続けるが、1978年、一時的に活動休止。デイヴ・ブロックはホウクローズ(Hawklords)名義でアルバム『25年間 - 25イヤーズ・オン』を発表。サイモン・ハウスはデヴィッド・ボウイのバック・バンドに加入した。1979年、デイヴ・ブロックを中心に活動再開。一方、ニック・ターナー(サックス)はバンドを離れ、1978年にソロ活動を開始[3]

1980年発表のアルバム『宇宙遊泳 - レヴィテイション』には、ジンジャー・ベイカードラム、元クリーム)が参加した。ホークウインドのファンの一部は英国で「クラスティー」と呼ばれ、アメリカのグレイトフル・デッドのファンと同様、ヒッピー的な価値観や生活様式で知られている。クラスティーの好みのバンドはホークウインドのほかに、マジック・マッシュルーム・バンドやオズリック・テンタクルズ、ニュー・モデル・アーミーなどがいる。

2011年の初来日が東日本大震災の影響によりキャンセルとなったが[4]。仕切り直した2015年4月に来日公演を果たした[5]

2019年に50周年を迎え、記念のツアーを開催。大物ゲストとして、ブロックの友人であるエリック・クラプトンフィル・キャンベルがライブに客演している[6]

その後も創設者デイヴ・ブロックの元、メンバー・チェンジやレーベルの移籍を繰り返しながら、現在に至るまで活動を続けている。

 
イングランド・ドニントン公演 (1982年)

備考・補足編集

  • 2000年代以降から旧カタログがリマスター再発される中、代表作である『絶体絶命 (Warrior On The Edge Of Time)』(1975年)だけが、なかなか手付かずの状態だった件についてデイヴ・ブロックは「権利を共有する当時のマネージャーとレミー・キルミスターの折り合いが悪く、実現が難しかった。自分がレミーと交渉して権利を譲って貰い、やっと再発できた」と明かしている[2]
  • デイヴ・ブロックは2014年のインタビューで、友人であるレミー・キルミスターについて「最近体調が良くないようで心配だ。歳を取ると、出来た事が出来ないようになる。無理をすると後でぶり返すから、ゆっくり休んでもらいたい」と危惧していた[2]。しかし悪い予感が的中し、翌年にレミーは他界してしまった[7]
  • 2014年に、代表的ライブ作品『宇宙の祭典』を完全再現したライブを実施したが、デイヴ・ブロックは「これは1回だけの企画で、今後やることはない」と説明している[8]

日本公演編集

  • 2015年4月11日,12日 下北沢GARDEN

メンバー編集

※2020年1月時点

現ラインナップ編集

  • デイヴ・ブロック (Dave Brock) - ボーカル/ギター/キーボード (1969年- )
  • リチャード・チャドウィック (Richard Chadwick) - ドラムス/ボーカル (1988年- )
  • ナイル・ホーン (Niall Hone) - ベース/キーボード (2008年-2016年、2018年- )
  • マグナス・マーティン (Magnus Martin) - ギター/キーボード (2017年- )
  • ティム・ブレイク (Tim Blake) - キーボード/テルミン (1979年-1980年、2000年-2002年、2007年-2015年、2019年- )

旧メンバー編集

 
創設者の一人 ニック・ターナー(Vo/Sax) 1974年
 
躍進時代のメンバーだったレミー(B/Vo) 2005年
  • ニック・ターナー (Nik Turner) - ボーカル/サクソフォーン/フルート (1969年-1976年、1982年-1984年)
  • ディック・ミック (Dik Mik) - キーボード (1969年-1973年)
  • テリー・オリス (Terry Ollis) - ドラムス (1969年-1972年)
  • ジョン・ハリソン (John Harrison) - ベース (1969年-1970年) ♰RIP.2012年
  • ミック・スラッテリー (Mick Slattery) - ギター (1969年)
  • ハウ・ロイド=ラントン (Huw Lloyd-Langton) - ギター (1969年-1971年、1979年-1988年; guest - 2002年-2005年) ♰RIP.2012年
  • トーマス・クリンブル (Thomas Crimble) - ベース (1970年-1971年)
  • デル・デットマール (Del Dettmar) - キーボード (1971年-1974年)
  • デイブ・アンダーソン (Dave Anderson) - ベース (1971年-1972年)
  • ロバート・キャルバート (Robert Calvert) - ボーカル (1971年-1973年、1975年-1979年) ♰RIP.1988年
  • レミー・キルミスター (Ian "Lemmy" Kilmister) - ベース/ボーカル (1971年-1975年) ♰RIP.2015年
  • サイモン・キング (Simon King) - ドラムス (1971年-1980年)
  • サイモン・ハウス (Simon House) - キーボード/ヴァイオリン (1973年-1978年、1989年-1991年)
  • アラン・パウエル (Alan Powell) - ドラムス (1974年-1976年)
  • ポール・ルドルフ (Paul Rudolph) - ベース (1975年-1977年)
  • マイケル・ムアコック (Michael Moorcock) - ボーカル (1975年、1981年)
  • エイドリアン・ショー (Adrian Shaw) - ベース (1977年-1978年)
  • ハーベイ・ベインブリッジ (Harvey Bainbridge) - ベース/キーボード (1978年-1991年)
  • マーティン・グリフィン (Martin Griffin) - ドラムス (1978年-1979年、1981年-1983年) ♰RIP.2020年
  • ポール・ヘイルズ (Paul Hayles) - キーボード (1978年)
  • スティーブ・スウィンデルズ (Steve Swindells) - キーボード (1978年-1979年)
  • ジンジャー・ベイカー (Ginger Baker) - ドラムス (1980年-1981年)
  • キース・ヘイル (Keith Hale) - キーボード (1980年-1981年)
  • デッド・フレッド (Dead Fred) - キーボード/ヴァイオリン (1983年-1984年、2012年-2016年)
  • アンディ・アンダーソン (Andy Anderson) - ドラムス (1983年)
  • ロバート・ヒートン (Robert Heaton - ドラムス (1983年) ♰RIP.2004年
  • リック・マルティネス (Rik Martinez) - ドラムス (1983年)
  • クライブ・ディーマー (Clive Deamer) - ドラムス (1983年-1985年)
  • アラン・デイヴィー (Alan Davey) - ベース (1984年-1996年、2000年-2007年)
  • ダニー・トンプソン・ジュニア (Danny Thompson Jr.) - ドラムス (1985年-1988年)
  • ブリジェット・ウィッシャート (Bridget Wishart) - ボーカル (1990年-1991年)
  • ロン・ツリー (Ron Tree) - ボーカル/ベース (1995年-2001年)
  • ジェリー・リチャーズ (Jerry Richards) - ギター (1996年-2001年)
  • キャプテン・リズ (Captain Rizz) - ボーカル (1997年-2000年)
  • ジェズ・ハジェット (Jez Huggett) - サクソフォーン/フルート (2000年-2001年、2005年-2007年)
  • アーサー・ブラウン (Arthur Brown) - ボーカル (2001年-2003年)
  • ジェイソン・スチュアート (Jason Stuart) - キーボード (2005年-2008年) ♰RIP.2008年
  • ミスター・ディブズ (Mr. Dibs) - ボーカル/ギター/ベース、チェロ (2007年-2018年)
  • ジョン・セビンク (Jon Sevink) - ヴァイオリン (2009年)
  • ハズ・ウィートン (Haz Wheaton) - ベース (2016年-2018年)

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ホークウィンド』 - Hawkwind (1970年)
  • 『イン・サーチ・オブ・スペース (宇宙の探究)』 - In Search Of Space (1971年)
  • 『ドレミファソラシド』 - Doremi Fasol Latido (1972年)
  • 『ホール・オブ・ザ・マウンテン・グリル (永劫の宮殿)』 - Hall Of The Mountain Grill (1974年)
  • 『絶体絶命』 - Warrior On The Edge Of Time (1975年)
  • 『アストウンディング・サウンズ・アメイジング・ミュージック』 - Astounding Sounds, Amazing Music (1976年)
  • 『クォーク・ストレンジネス・アンド・チャーム』 - Quark, Strangeness And Charm (1977年)
  • 『25年間 - 25イヤーズ・オン』 - 25 Years On (1978年) ※ホウクローズ (Hawklords)名義
  • 『PXR5』 - P.X.R.5 (1979年)
  • 『宇宙遊泳 - レヴィテイション』 - Levitation (1980年)
  • 『ソニック・アタック』 - Sonic Attack (1981年)
  • 『チャーチ・オブ・ホークウインド』 - Church Of Hawkwind (1982年)
  • 『チューズ・ユア・マスクス』 - Choose Your Masques (1982年)
  • 『黒剣年代記 - ザ・クロニクル・オブ・ブラック・ソード』 - The Chronicle Of The Black Sword (1985年)
  • 『未知なる写本 - ゼノン・コーデックス』 - The Xenon Codex (1988年)
  • 『スペース・バンディッツ』 - Space Bandits (1990年)
  • 『エレクトリック・ティーピー』 - Electric Tepee (1992年)
  • It Is The Business Of The Future To Be Dangerous (1993年)
  • White Zone (1995年)
  • 『エイリアン4』 - Alien 4 (1995年)
  • 『ディスタント・ホライズンズ』 - Distant Horizons (1997年)
  • In Your Area (1999年)
  • Spacebrock (2000年)
  • Take Me To Your Leader (2005年)
  • Take Me To Your Future (2006年)
  • 『ブラッド・オブ・ジ・アース』 - Blod Of The Earth (2010年)
  • 『オンワード』 - Onward (2012年)
  • 『ステラー・ヴァリエーションズ』 - Stellar Variations (2012年) ※ホークウィンド・ライト・オーケストラ名義
  • The Machine Stops (2016年)
  • Into The Woods (2017年)
  • 『ロード・トゥ・ユートピア』 - The Road to Utopia (2018年)
  • 『オール・アボード・ザ・スカイラーク』 - All Aboard the Skylark (2019年)

ライブ・アルバム編集

  • 『宇宙の祭典』 - Space Ritual (1973年)
  • 『ホークウィンド・ライヴ - ライヴ1979』 - Live Seventy-Nine (1980年)
  • 『ゾーンズ』 - Zones (1983年)
  • Stonehenge:This Is Hawkwind Do Not Panic (1984年)
  • 『ライヴ・クロニクルズ』 - Live Chronicles (1986年)
  • Out & Intake (1987年)
  • Palace Springs (1991年)
  • 『ライヴ78』 - Live (1992年) ※ホウクローズ (Hawklords)名義
  • 『ザ・ビジネス・トリップ』 - The Business Trip Live (1994年)
  • 『ラヴ・イン・スペース』 - Love In Space (1996年)
  • The 1999 Party:Live At The Chicago Auditorium March 1974 (1997年)
  • Yule Ritual (2001年)
  • Canterbury Fayre 2001 (2002年)
  • Knights of Space (2008年)
  • Space Ritual Live (2015年)
  • 『アット・ザ・ラウンドハウス』 - At The Roundhouse (2017年)

関連項目編集

参考文献編集

  • Kris Tait – This is Hawkwind: Do Not Panic (1984, published by the band and now only available second hand)
  • Ian Abrahams – Sonic Assassins (Published by SAF publishing; 0-946719-69-1)
  • Carol Clerk – Saga of Hawkwind (Publisher: Music Sales Limited 1-84449-101-3)
  • Nik Turner, Dave ThompsonThe Spirit of Hawkwind 1969-1976 (2015, Cleopatra Records, 096361939X)

脚注編集

外部リンク編集