マイケル・バーナム (Michael Burnham) は2017年から始まったSFテレビドラマシリーズ『スタートレック:ディスカバリー』の主役を務める架空の人物であり、ソネクア・マーティン=グリーンが演じる[1]

マイケル・バーナム
スタートレックのキャラクター
初登場 『バルカンの挨拶』 (2017)
作者
ソネクア・マーティン=グリーン
Arista Arhin (子供時代)
詳細情報
種族 地球人
性別 女性
職業 異星人類学者
副長 (2250s–2256)
科学専門官(2256)
船長(鏡像宇宙)
科学士官 (2257–)
家族 マイク・バーナム (父、死亡)
ガブリエル・バーナム (母)
サレク (養父)
アマンダ・グレイソン (養母)
スポック (義弟)
フィリッパ・ジョージャウ(鏡像宇宙での養母)
恋人 アッシュ・タイラー (ヴォク)
ガブリエル・ロルカ (鏡像宇宙でのマイケル・バーナムのみ)
出生年 2226
テンプレートを表示

子供時代、マイケルは両親をクリンゴン人に殺されて孤児となり、バルカン人サレクと地球人アマンダ・グレイソンに引き取られ、スポックの義理の姉となった。

『ディスカバリー』のシリーズ当初、マイケルは宇宙艦隊のU.S.S.シェンジョウでフィリッパ・ジョージャウに仕える副長であるが、反乱罪により階級を剥奪されて終身刑となる。6か月後にマイケルはガブリエル・ロルカによって戦時徴用されてU.S.S.ディスカバリーに勤務することになる。

マイケルは、スタートレックシリーズにおける最初の黒人女性の主役であり、また船長になったことのない最初の主役である。ただし鏡像宇宙ではI.S.S.シェンジョウの船長である。シリーズを創作したブライアン・フラーは、オリジナルのスタートレックシリーズ『宇宙大作戦』におけるウフーラメイ・ジェミソン、Ruby Bridgesら黒人女性像に基づき、マイケルの人物像を創造した。

人物像の創造編集

2016年12月、マーティン=グリーンが『スタートレック:ディスカバリー』シリーズの主役となることが発表され[2]、当初はレインズフォードと呼ばれていた[1]。以前のスタートレックシリーズでは、スポックは姉の存在に触れていない。製作総指揮のアレックス・カーツマンは、マイケルの背景は正史との連続性を保つよう描かれると説明した[3]。過去のシリーズと異なって主人公は船長ではなく、シリーズはこれまでにない視点から描かれる[4]

当初、マイケルのキャラクターはメイジェル・バレットが『宇宙大作戦』のパイロット版である『歪んだ楽園』(The Cage)で演じたキャラクターであるキャラクター”ナンバーワン”に敬意を表して、単にナンバーワンと呼ばれていた[5][4] 。ストーリーラインの製作が進むにつれて、このキャラクターは反乱罪に問われて第一話の終りにはもう副長ではなくなった。キャラクター名はマイケル・バーナムとなり、ナンバーワンは『新スタートレック』におけるウィリアム・ライカーと同様に非公式な呼び名となった。

シリーズの創作者であるブライアン・フラーは、以前の作品の経験からこのキャラクターに男性名を付けた。製作総指揮の一人であるアーロン・ハーバーツの説明によれば、主演女優の役名を男性名にするのはフラーの仕事の特徴であると言う[6]。この名前を思いついたときは[7]、女性コラムニストのマイケル・スニードや、バングルズのベーシストのマイケル・スティールのことを考えていた。加えて、マイケル大天使の名前でもあることが重要であった。マーティン=グリーンはこの名前を大いに気に入り、その象徴するところや、男性名が未来の同性間の平等を意味するところが気に入ったと語る[8]

フラーはマイケル・バーナムのキャラクターの発想源として、ウフーラを演じたニシェル・ニコルズの文化的な影響を挙げる。宇宙大作戦のブリッジに立つニコルズを見て、どれだけ多くの黒人が影響を受けたか考えられずにはいられない[9]ルイジアナ州で初めて、白人だけの小学校に通うことになったRuby Bridges、最初の黒人女性飛行士であるメイ・ジェミソンもまた発想の源となった[10]

マーティン=グリーンは、マイケルがバルカンの科学アカデミーに通った唯一の地球人というだけではなく、良い成績をおさめており、マイケルの優れた知性を証明していると語る。高度な訓練と道義性を身に着け、内面に抱えるバルカン人と地球人の二面性は、彼女の個性を象徴している[11]

生い立ち編集

2226年に地球で生まれたマイケルは、子供の頃に両親をクリンゴン人に殺されている(ただし、母親は生きていたことが後に明らかになる(『永遠なる無限』)。一家はドクタリ・アルファ星上にあるバルカンと地球の共同研究施設に暮らしていた[12]。子供時代の一夜が『スタートレック:ショートトレック』のアニメーション・エピソード "The Girl Who Made the Stars"で描かれる。両親はセクション31の委託でタイムトラベルを研究していたが、クリンゴンからタイムクリスタルを盗んだために追跡され襲撃された。両親の死後、マイケルはバルカン人大使のサレクと、その妻で地球人のアマンダ・グレイソンに引き取られ、バルカン星で二人の息子スポックと暮らした。マイケルはバルカン学習センターおよびバルカン科学アカデミーに通った初めての地球人となった[5][3]。マイケルはバルカン人の論理至上主義者の攻撃を受け、スポックを守るために彼を嫌っているという嘘をついたため、その後の二人の関係はぎくしゃくしたものとなった。アカデミーでは異星人類学者として教育を受けるが遠征隊には選ばれず、2249年にサレクに連れられてU.S.S.シェンジョウに来て[13]フィリッパ・ジョージャウ船長に預けられ、宇宙艦隊に加わり多くの地球人と共に暮らすことになった。

スタートレック:ディスカバリー』以前、スポックは姉の存在に言及しておらず、マイケルをスポックの家族にすることは論議を呼んだ[14]。だがスポックは兄サイボックの存在にも、彼が登場するまでは言及していなかったことも事実であり、スタートレックの設定と矛盾するものではないという意見もある[15]

スタートレック:ディスカバリー編集

反乱罪編集

2256年、『スタートレック:ディスカバリー』の第一話である『バルカンの挨拶』において、マイケルは既にU.S.S.シェンジョウ船上でフィリッパ・ジョージャウ船長に7年間仕え、中佐で副長となっている。シェンジョウはクリンゴンに遭遇し、マイケルは大規模戦争を避けるために船長に反抗し宇宙艦隊規則を破って、あえて先制攻撃を仕掛ける。だがその努力は失敗しマイケルは拘禁される。『連星系の戦い』においては、拘禁房を脱出したマイケルがジョージャウを説得して共にクリンゴン船に潜入する。母とも慕うジョージャウはトゥクヴマに殺され、マイケルは彼を殺して仇をとることで彼を殉教者にしてしまい、大規模な対クリンゴン戦争が勃発してしまう。マイケルは反乱罪に問われて階級を剥奪され、終身刑となる[16]

U.S.S.ディスカバリー編集

2256年、『支配する者』では、U.S.S.ディスカバリーの船長ガブリエル・ロルカが半年間服役しただけのマイケルの能力を買って一時的に戦時徴用し、革命的な胞子ドライブの開発のための科学専門官とする。マイケルはディスカバリーに乗り込むが、戦争を始めてしまった犯罪者として白い目にさらされるが、同室のシルビア・ティリーと友人になる[17]。第4話の『殺戮者のナイフは子羊の悲鳴など気にかけない』では、ロルカはマイケルとランドリーに、U.S.S.グレンで見つかった巨大なクマムシのごとき生物を武器として活用する方法を見つけるよう命じる。マイケルはクマムシが草食性であり本質的には危険ではないと推測する。マイケルはジョージャウの遺品を開く勇気を出し、望遠鏡が自分に残されたことを知る[18]。第5話『我に苦痛を与えよ』では、ロルカがクリンゴンに誘拐され、かつてシェンジョウでは部下であったサルーが船長代理となる。マイケルはクマムシの酷使に反対してサルーとの間に緊張が生じる。だがサルーはジョージャウとマイケルとの関係に嫉妬していたことを認めてジョージャウの遺品の望遠鏡を受け取る。『忘却の川』では、マイケルは養父サレクの命を救うため、その心の中に入る。サレクがかつて自分ではなくスポックをバルカンの遠征隊に選んだが、スポックが遠征隊ではなく宇宙艦隊を選んだためにサレクが傷ついていたことを知る。サレク救出を助けたアッシュ・タイラーと親密になる[19]。『正気を狂気に替えるマジック』では、ハリー・マッドが胞子ドライブを手に入れるためディスカバリーを時間ループに陥れる。ループの中でマイケルはタイラーとの交際に戸惑う[20]。『汝、平和を欲するなら、戦いに備えよ』では、 マイケルとタイラーはサルーとともにクリンゴンの遮蔽装置について知るため惑星パーヴォに向かい、二人はさらに仲を深める[21]。『深き森の奥へ』では、マイケルとタイラーはコーンウェル提督を救うためにクリンゴンの”死者の船”に乗り込む。

鏡像宇宙編集

第10話『我の意思にあらず』では、ディスカバリーは鏡像宇宙に飛ばされる。この宇宙での鏡像マイケルはI.S.S.シェンジョウの船長であったが、反逆者のロルカを追跡中に死亡したとされている[22]。マイケルは鏡像宇宙での自分になりすまし、元の宇宙に戻るため、U.S.S.ディファイアントのデータを入手しようとする[23]。マイケルは、決闘の末に船長の座を取り戻し、自分のボディガードの偽装をするタイラーと初めて愛を交わす[24]

『内なる狼』では、マイケルは名もなき奴隷である鏡像サルーに出会う。反帝国軍の基地を破壊する命令を受けるが、これに反して諸種族からなる反帝国軍と連合し予言者と呼ばれる鏡像サレクに会う。他の種族との連合を達成したクリンゴン人ヴォクの鏡像に興味を持つが、タイラーは動揺する。I.S.S.シェンジョウに戻り、タイラーは地球人に改造されたヴォクであることがわかる。タイラーはマイケルを襲うが、鏡像サルーが救う。マイケルはタイラーをU.S.S.ディファイアントのデータとともにU.S.S.ディスカバリーに送る。マイケルは鏡像宇宙の自分がテラン帝国皇帝ジョージャウの養女であることを知る[25]

『大それた野心』では、マイケルとロルカは皇帝の旗艦I.S.S.カロンに召喚される。ロルカは拷問され、マイケルは自分が鏡像宇宙から来たことを皇帝に明かして、胞子ドライブ技術と交換に自由を得る。マイケルは、鏡像宇宙の自分がジョージャウに育てられた後、恋人となったロルカと企んでジョージャウを殺そうとしたこと[26] 、ロルカが鏡像宇宙出身であり意図的にディスカバリーを鏡像宇宙に飛ばしたことを知る[27]

『過去は序章』では、ロルカら反帝国軍が旗艦を制圧する。ジョージャウとマイケルは反帝国軍と戦い、ジョージャウはロルカを殺す。ジョージャウとマイケルはディスカバリーに転送され、元の宇宙に戻る[28]

対クリンゴン戦争の終結編集

第14話『外なる戦い、内なる戦い』では、U.S.S.ディスカバリーが元の宇宙に戻るも9か月が経過しており、惑星連邦はクリンゴンに負けつつある。マイケルは、治療を受けてヴォクとタイラーの両方の記憶を持つようになったタイラーに再会する[29]。マイケルはタイラーとの関係を打ち切る [30]

シーズン1最終話『新たなる旅立ち』では、対クリンゴン戦争に勝つために鏡像ジョージャウがディスカバリーの船長に任命される。マイケル、ティリー、タイラーはジョージャウに同行してクリンゴン人の母星クロノスに行く。ジョージャウは惑星を爆弾で破壊してクリンゴン人の皆殺しを図るが、それが惑星連邦の理念に反すると考えたマイケルはジョージャウの情に訴えて阻止する。ルレルと取引し、戦争を止めさせる代わりに起爆装置を渡し、ルレルはその力で帝国総裁となる。タイラーもルレルに同行する。2257年、この功績によりマイケルは恩赦を受けて中佐に復帰し、ディスカバリーの科学主任となる。ディスカバリーは新船長を迎えるためにバルカンに向かうが、U.S.S.エンタープライズクリストファー・パイク船長から救難信号を受け取る[31]

スポックとの再会編集

シーズン2では、クリストファー・パイクが損傷を受けたU.S.S.エンタープライズからU.S.S.ディスカバリーの船長に転任して謎の7つの信号源を調査し、たびたび赤い天使のごとき存在を目撃する。『義弟』では小惑星に不時着した医療船を救う。『ニュー・エデン』では、エンタープライズに乗務していたが今は精神病棟にいる義弟スポックの日誌を見て、彼が以前から謎の7つの信号源を予見していたことを知る。200年前に、赤い天使のごとき存在によって連れ去られた人類の共同体に出会って危機から救う。『生と死と』では死にゆく謎の球体から膨大な貴重なデータを入手する。『闇の中の光』では、義母のアマンダがディスカバリーに乗船し、スポックが3人の医師を殺して精神病棟を脱走したことになっていると知らせる。『溺れゆく境界』では、セクション31がスポックを捜索し、クロノスから逃れてセクション31に加わっていたタイラーがディスカバリー上の連絡員となる。『雷鳴』では、マイケルはサルーの故郷カミナー星に降りてサルーの妹のシランナに会い、被捕食種族だったケルピアン人の進化を手助けする。

シーズン2第7話『光と影』では、マイケルは一人バルカン星に帰り、アマンダがかくまっていたスポックに再会する。マイケルは認識障害を負うスポックを、治療のためにセクション31のリーランドに引き渡すが、セクション31の一員となっていたジョージャウの警告を受けてスポックと共に逃げ出す。スポックの言葉の断片をもとに、マイケルはスポックと共に立ち入り禁止のタロス4号星に向かう。『記憶の痛み』では、マイケルとスポックは高いテレパシー能力を持つタロス人に会う。スポックの治療のためにマイケルはスポックの記憶を見せられ、未来から来た赤い天使が銀河系の全滅を救おうとしてスポックの前に現れたこと、スポックは医師を殺していないこと、セクション31がスポックの未来の記憶を圧殺しようとしたことを知る。マイケルは自分の記憶をスポックに見せて、かつてバルカン至上主義者から守るために嫌うふりをしたことを明かす。二人はセクション31の追手から逃れてディスカバリーに戻る。

タイムトラベル編集

シーズン2第9話『ダイダロス計画』では、セクション31の秘密基地に潜入し、赤い天使の警告はセクション31を支配するA.I."コントロール"による全銀河系生物の全滅を指すことを知る。第10話『赤い天使』では赤い天使を捕獲し、その正体がタイムトラベルスーツをまとう、死んだはずの母であることを知る。『永遠なる無限』では、"コントロール"が謎の球体のA.I.に関するデータベースを入手して進化を謀っていることを母から聞かされる。だがリーランドが襲撃して母は未来に飛ばされる。第13話と第14話にわたる『甘い悲しみ』では、自分こそが過去に信号源とともに現れた赤い天使であることを知り、タイムトラベルスーツで過去を巡った後、900年後へつながるワームホールを開き、データベースともどもディスカバリーと未来へ逃げる。

出典編集

  1. ^ a b Star Trek Discovery: Sonequa Martin-Green Cast as the Lead”. (2016年12月24日). http://deadline.com/2016/12/star-trek-discovery-sonequa-martin-green-cast-lead-rainsford-1201871015/ 2019年3月12日閲覧. "The Walking Dead's Sonequa Martin-Green has landed the lead role of Rainsford in Star Trek: Discovery, the upcoming new series for CBS All Access, CBS live streaming and VOD service." 
  2. ^ “'Star Trek: Discovery' Casts 'Walking Dead' Actress as Star”. Entertainment Weekly. (2016年12月14日). http://www.ew.com/article/2016/12/14/star-trek-discovery-walking-dead-sonequa-martin-green 2016年12月15日閲覧。 
  3. ^ a b Roots, Kimberly (2017年7月22日). “Star Trek: Discovery @ Comic-Con: New Footage and Sarek Secret Revealed, Stamets' Love Interest Cast and More”. TVLine. 2017年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月23日閲覧。
  4. ^ a b Topel, Fred (2016年8月11日). “Star Trek: Discovery: 11 Things We Learned About The New Trek Series [TCA 2016]”. /Film. United States: Blogger. 2016年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月30日閲覧。
  5. ^ a b Hibberd, James (2017年6月20日). “Star Trek: Discovery Star Sonequa Martin-Green Breaks Her Silence”. Entertainment Weekly. 2017年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月21日閲覧。
  6. ^ How Sonequa Martin-Green became the first black female lead of Star Trek: My casting says the sky is the limit for all of us”. The Independent (2017年9月18日). 2019年3月12日閲覧。
  7. ^ Sorrentino, Mike (2017年9月25日). “'Star Trek: Discovery': Why the lead character's name is Michael”. CNET. 2019年3月12日閲覧。
  8. ^ Here's Why Star Trek: Discovery's Female Lead Is Named Michael” (2017年9月22日). 2019年3月13日閲覧。
  9. ^ Grubbs, Jefferson. “Why Did Bryan Fuller Leave 'Star Trek: Discovery'? He Still Left His Mark On The Series”. Bustle. 2019年3月12日閲覧。
  10. ^ @BryanFuller (2017年2月1日). "VULCAN SALUTE BLACK WOMEN 🖖🏽🖖🏾🖖🏿 CREATING #StarTrekDiscovery LEAD, I WAS INSPIRED BY #RUBYBRIDGES GROWING UP TO BE @maejemison #BlackHistory" (ツイート). 2018年1月9日閲覧 Twitterより.
  11. ^ Kamen, Matt (2017年10月4日). “Inside Star Trek Discovery's mission to bring hope back to TV”. Wired. https://www.wired.co.uk/article/inside-star-trek-discovery-netflix-uk 
  12. ^ 『バルカンの挨拶』
  13. ^ (『連星系の戦い』)
  14. ^ Elderkin, Beth (2017年7月22日). “Star Trek: Discovery's Main Character Has Suddenly Become a Major Canon Mystery”. io9. https://io9.gizmodo.com/star-trek-discoverys-main-character-has-suddenly-becom-1797161552 
  15. ^ Ulster, Laurie (2017年7月31日). “Editorial: Spock Having A Sister In 'Star Trek: Discovery' Is Not That Big Of A Deal”. TrekMovie. https://trekmovie.com/2017/07/31/editorial-spock-having-a-sister-in-star-trek-discovery-is-not-that-big-of-a-deal/ 
  16. ^ Renner Brown, Eric (2017年9月25日). “Star Trek: Discovery series premiere recap: 'The Vulcan Hello'/'Battle at the Binary Stars'”. Entertainment Weekly. http://ew.com/recap/star-trek-discovery-series-premiere/ 
  17. ^ Moses, Zane (2017年10月2日). “'Star Trek: Discovery' recap: 'Context is for Kings'”. Baltimore Sun. http://www.baltimoresun.com/entertainment/tv/tv-lust/bs-fe-star-trek-discovery-recap-season-1-episode-3-story.html 
  18. ^ Renner Brown, Eric (2017年10月8日). “Star Trek: Discovery recap: 'The Butcher's Knife Cares Not for the Lamb's Cry'”. Entertainment Weekly. http://ew.com/recap/star-trek-discovery-season-1-episode-4/ 
  19. ^ Hunt, James (2017年10月25日). “Star Trek: Discovery episode 6 review: Lethe”. Den of Geek. http://www.denofgeek.com/uk/tv/star-trek/52859/star-trek-discovery-episode-6-review-lethe 
  20. ^ Hunt, James (2017年10月31日). “Star Trek: Discovery episode 7 review: Magic To Make The Sanest Man Go Mad”. Den of Geek. http://www.denofgeek.com/uk/tv/star-trek-discovery/53005/star-trek-discovery-episode-7-review-magic-to-make-the-sanest-man-go-mad 
  21. ^ Nemetz, Dave (2017年11月5日). “Star Trek: Discovery Recap: Nature Boy”. TV Line. http://tvline.com/2017/11/05/star-trek-discovery-recap-episode-8-si-vis-pacem-para-bellum-pahvo/ 
  22. ^ Siegel, Ethan (2018年1月8日). “What 'Star Trek: Discovery' Gets Right (And Wrong) About Parallel Universes: Season 1 Episode 10”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/startswithabang/2018/01/08/what-star-trek-discovery-gets-right-and-wrong-about-parallel-universes-season-1-episode-10/#489c05f63293 
  23. ^ Lowry, Andrew (2018年1月9日). “Star Trek Discovery season 1 episode 10 'Despite Yourself' review: Darkness and light-heartedness in equal measure”. The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/tv/reviews/star-trek-discovery-season-1-episode-10-despite-yourself-review-mirror-universe-parallel-lorca-a8149286.html 
  24. ^ Pascale, Anthony (2018年1月9日). “Review: "Despite Yourself" Takes 'Star Trek: Discovery' To A Whole New Place”. TrekMovie.com. https://trekmovie.com/2018/01/09/review-despite-yourself-takes-star-trek-discovery-to-a-whole-new-place/ 
  25. ^ Howell, Elizabeth (2018年1月16日). “'Captain' Burnham Has a Really Bad Day in 'Star Trek: Discovery' Episode 11”. Space.com. https://www.space.com/39389-star-trek-discovery-episode-11-recap.html 
  26. ^ Burt, Kayti (2018年1月22日). “Star Trek: Discovery episode 12 review: Vaulting Ambition”. Den of Geek. http://www.denofgeek.com/uk/tv/star-trek/54744/star-trek-discovery-episode-12-review-vaulting-ambition 
  27. ^ Renner Brown, Eric (2018年1月21日). “Star Trek: Discovery recap: 'Vaulting Ambition'”. Entertainment Weekly. http://ew.com/recap/star-trek-discovery-season-1-episode-12/ 
  28. ^ Hunt, James (2018年1月30日). “Star Trek: Discovery episode 13 review: What's Past Is Prologue”. Den of Geek. http://www.denofgeek.com/uk/tv/star-trek-discovery/54932/star-trek-discovery-episode-13-review-whats-past-is-prologue 
  29. ^ Nemetz, Dave (2018年2月18日). “Star Trek: Discovery Recap: Emperor Georgiou's New Groove”. TV Line. http://tvline.com/2018/02/04/star-trek-discovery-recap-episode-14-the-war-without-the-war-within-georgiou-sarek-kronos/ 
  30. ^ Lowry, Andrew (2018年2月6日). “Star Trek Discovery season 1 episode 14 'The War Without, The War Within' review and recap: One of the stranger HR decisions in TV history”. The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/reviews/star-trek-discovery-season-1-episode-13-the-war-without-the-war-within-georgiou-tyler-saru-a8196606.html 
  31. ^ Hunt, James (2018年2月11日). “Star Trek: Discovery episode 15 review: Will You Take My Hand?”. Den of Geek. http://www.denofgeek.com/uk/tv/star-trek/55277/star-trek-discovery-episode-15-review-will-you-take-my-handl [リンク切れ]

外部リンク編集