メインメニューを開く

マキシマム・リスク』(原題:Maximum Risk)は、1996年ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のアメリカ映画

マキシマム・リスク
Maximum Risk
監督 リンゴ・ラム
脚本 ラリー・ファーガソン
製作 モシェ・ディアマン
出演者 ジャン=クロード・ヴァン・ダム
音楽 ロバート・フォーク
撮影 アレクサンダー・グルジンスキー
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年9月13日
日本の旗 1997年5月24日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000
テンプレートを表示

香港からリンゴ・ラム(林嶺東)監督を招いて撮らせたアクション映画

目次

あらすじ編集

南仏のニース。刑事アランは、パートナーのセバスチャンに連れられてある男の殺害現場に向かう。行ってみると、男の顔はアランと瓜二つであった。殺害された男のホテルにあったIDを見ると、名前はミカエル、アランと全く同じ日に生まれていることが分かった。アランが母親に尋ねると、実はミカエルとアランは双子の兄弟で、ミカエルは幼い頃に養子に出されたことが分かった。

出生の秘密を探るため、また弟の仇を取るために、アランは弟を殺したマフィアと闘おうとする。

キャスト編集

ハリウッド特有の壁編集

リンゴ・ラムは2回ジャン=クロード・ヴァン・ダムとコンビを組むものの、水野晴郎によれば、実際はハリウッド映画界特有のシステムは彼に戸惑いと不満を与えたものだったため[要出典]体質が合わなかったと漏らした事もあったとされる。これはジョン・ウーツイ・ハークもほぼ同じ意見だったらしいが、特にラムにその傾向がかなり強かったらしく、香港では考えられないような高予算でラムにしてみれば有り余る大金が支払われる一方で制約等が比べ物にならない位キツく、本国に帰りその不満を爆発させるように撮った映画『高度戒備』(日本未公開)が本国香港では久々の傑作を撮ったとして好評だった。

その他編集

ジャン=ユーグ・アングラードはのちにこの映画に出演してしまったことを後悔する発言をしている[要出典]

外部リンク編集