メインメニューを開く

マグ・ボダール(Mag Bodard、旧姓旧名 Marguerite Perato、1916年1月3日 トリノ - 2019年2月26日)は、フランスの映画およびテレビプロデューサー

マグ・ボダール
Mag Bodard
生年月日 (1916-01-03) 1916年1月3日
没年月日 (2019-02-26) 2019年2月26日(103歳没)
出生地 トリノ

目次

来歴・人物編集

1916年1月3日イタリアピエモンテ州トリノ県トリノに生まれる。

雑誌『ELLE』の特派員としてインドシナへ行き、ジャーナリストで作家のリュシアン・ボダール (Lucien Bodard) と結婚した。フランスへの帰国にあたって、その後日刊紙『フランス・ソワール』(France Soir) の記者でありディレクターであったピエール・ラザレフ (Pierre Lazareff)[1] の仲間になった。しかしラザレフがテレビ放送『Cinq colonnes à la une』のチームに契約しなかったように、彼女はすべてのセリフが歌になっているミュージカルを演出したがっている新人に賭けることで、映画と関わった。それがジャック・ドゥミ監督であり、『シェルブールの雨傘』である。同作品は、1964年第17回カンヌ国際映画祭パルムドールを獲得した。48歳にして、異業種からの映画プロデューサーデビューであった。

そしてモーリス・ピアラ(『裸の幼年時代』L'Enfance nue)やアニエス・ヴァルダ(『幸福』)、ロベール・ブレッソン(『バルタザールどこへ行く』Au hasard Balthazar)、ミシェル・ドヴィルニナ・コンパネーズといったたくさんの才能を見出したり、維持したりした。クロード・ミレール(『いちばんうまい歩き方』La Meilleure Façon de marcher)とも関わった[2][出典無効]ヌーヴェルヴァーグあるいはそれに先行する作家やフォロワーたちを起用した作品群は、いずれも日本でもみごとに公開されており、彼女の興行的側面での才能がいかんなく発揮された。

1977年には映画製作をやめるが、テレビに捧げられた活動はますます続行した。90歳近くになっても、つねにフランスのオーディオヴィジュアル界においてアクティヴである。彼女の製作会社は1963年の創立以来「パルク・フィルム Parc Films」といったが、1972年に解体されて「シネ・マグ・ボダール Ciné Mag Bodard」、略して「シネマグ Cinémag」となった[2][出典無効]

2005年、映画監督で作家のアンヌ・ヴィアゼムスキーが、『Mag Bodard, un destin』(マグ・ボダール、ある運命)と題した52分のテレビドキュメンタリー作品を彼女に捧げた[2][出典無効]

フィルモグラフィー編集

編集

  1. ^ « Pierre et Hélène Lazareff, couple hors normes ! », Sophie Delassein, ジャン=ピエール・ティオレ , France-Soir, 12-05-2009, http://www.francesoir.fr/loisirs/litterature/“pierre-et-helene-lazareff-couple-hors-normes-”-sophie-delassein-38180.html.
  2. ^ a b c 仏語版Wikipedia fr:Mag Bodard の記述より。

外部リンク編集