メインメニューを開く

CX-9(シーエックス-ナイン)は、マツダが製造・販売しているクロスオーバーSUVである。

初代(2007-2016年)編集

マツダ・CX-9(初代)
前期型
中期型
後期型
製造国   日本
販売期間 2007-2016年
デザイン 澤井要
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア クロスオーバーSUV
エンジン 3.7LV型6気筒MZI 273PS
駆動方式 FF
4WD
変速機 6速AT
全長 5,070mm
全幅 1,935mm
全高 1,735mm
ホイールベース 2,875mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2007年発売。北米市場においてMPVの実質的な後継車種となる3列シート7人乗りの大型SUVである。ミニバンの需要が縮小傾向にある北米市場では、従来のミニバンに代えて3列シートCUVを投入するメーカーが増えているが[1]、マツダもその中の一つである。デザインは同社の中型CUVであるCX-7によく似たものであるが、直接の派生車種ではない。

プラットフォームはアテンザやCX-7などで使用されているフォード・CD3プラットフォームの拡大版である。エンジンはフォード・サイクロンエンジンのマツダ版であるV型6気筒MZIを搭載。当初は3.5Lであったが、2008年モデルで早くも3.7Lに置き換えられ、最大出力が263馬力から273馬力にアップした。 なお、この3.7L版のMZIはマツダの本社工場で製造が行なわれる[2]。 また、トランスミッションアイシンAW製の6ATが組み合わせられる。

アメリカのモータートレンド誌でビュイック・エンクレイブ日産・ローグをくだして「SUV of the Year」となり、さらに2008年北米カー・オブ・ザ・イヤー(トラック部門)を受賞した。日本車がこの賞を受賞したのは2006年ホンダ・リッジライン以来のこと。

2009年3月、ニューヨーク国際オートショーでマイナーチェンジしたモデルを公開。内外装の変更を受けた。

2012年9月、オーストラリアで開催されたオーストラリア国際自動車ショーでフロント周りとリヤ周りを大幅に刷新された改良モデルがワールドプレミアとなり、その翌年の2013年より北米を皮切りに発売を開始した。フロントマスクについては、マツダの新しいデザインアイコンである「魂動(こどう)-Soul of Motion」の要素を採り入れた造形となっている。3.7L・V6+6ATのメカニズムに変更はない。

年表編集


2代目(2016年-)編集

マツダ・CX-9(2代目)
フロント
リア
インテリア
製造国   日本
販売期間 2016年 -
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア クロスオーバーSUV
エンジン PY-VPTS型 2.5L 直4 DOHC ターボ
駆動方式 FF
4WD
変速機 6速AT
全長 5,065mm
全幅 1,970mm
全高 1,715mm
ホイールベース 2,930mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

エンジンは先代のV6に代わって、新開発のSKYACTIV-G・2.5Lターボを搭載する。これにより、6気筒エンジン搭載のマツダ車の製造が終わる。

年表編集


脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集