メインメニューを開く

マニー・パッキャオ 対 ティモシー・ブラッドリー第2戦

マニー・パッキャオ 対 ティモシー・ブラッドリー第2戦(マニー・パッキャオ たい ティモシー・ブラッドリーだい2せん)は、2014年4月12日にアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催されたプロボクシングの試合。前回の2年前の第1戦を踏まえての再戦。指名挑戦者かつ初代WBOインターナショナルウェルター級王者として登場するパッキャオとWBO世界ウェルター級王者のブラッドリーとの対戦になった。前回と違って一方的にパッキャオが試合を支配し、2年振りに王座に返り咲いた[1]。ブラッドリーはキャリア初黒星が付いた。キャッチコピーは『Vindication』(ビンディケーション、弁明)。興行の前座でWBA世界スーパーフェザー級暫定王者ブライアン・バスケスがアメリカデビュー、WBA・IBO世界スーパーライト級王者カビブ・アーラフベルディエフジェシー・バルガスが対戦した。この試合はHBOペイ・パー・ビューで生放送した。

ビンディケーション
マニー・パッキャオ 対 ティモシー・ブラッドリー第2戦
開催日 2014年4月12日
認定王座 WBO世界ウェルター級タイトルマッチ
開催地 アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
観衆 15,601人
リングアナ マイケル・バッファー
放送局 HBO
実況・解説 マックス・ケラーマン(インタビュアー、リポーター)
ロイ・ジョーンズ・ジュニア(解説)
ハロルド・レーダーマン(テレビジャッジ)
ボブ・コスタス(実況)
ジェームス・ブラウン(解説)
主催 ボブ・アラムトップランク

ティモシー・ブラッドリー 対 マニー・パッキャオ
Desert Storm(砂嵐) Pac Man(パックマン)
比較データ
30歳 年齢 35歳
カリフォルニア州ヒダルゴ郡カテドラル 出身地 フィリピンブキドノン州キバウェ
29勝 (12KO) 戦績 55勝 (38KO) 3敗2分
5 フィート 6 インチ (167.6 cm) 身長 5 フィート 6.5 インチ (168.9 cm)
当日:146ポンド (66.2 kg) 体重 当日:147ポンド (66.7 kg)
69インチ (175.3 cm) リーチ 67インチ (170.2 cm)
連打、スピード・防御型 特徴 連打・速攻型、強打
ジョエル・ディアス 指導者 フレディ・ローチ
WBO世界ウェルター級王者 評価 WBO世界ウェルター級1位・WBOインターナショナルウェルター級王者

結果 パッキャオ判定勝ち(3-0)
主審 ケニー・ベイレス
副審 マイケル・パニック
グレン・トゥーブリッジ
グレイグ・メトカーフェ

主要カード(HBOペーパービュー中継枠で放送したカード)編集

HBO以外で中継した放送局編集

出典編集