マルカム4世 (スコットランド王)

マルカム4世Malcom IV, 1142年3月20日 - 1165年12月9日)は、スコットランド(在位:1153年 - 1165年)。デイヴィッド1世の次男ハンティンドン伯ヘンリーサリー伯爵ウィリアム・ド・ワーレン英語版の娘エイダの長男。ウィリアム1世とハンティンドン伯デイヴィッドの兄。「the Maiden(未婚王)」と呼ばれた[1][2][3]

マルカム4世
Malcom IV
スコットランド王
David I and Malcolm IV.jpg
マルカム4世(右)とデイヴィッド1世
在位 1153年 - 1165年

出生 (1142-03-20) 1142年3月20日
スコットランド王国の旗 スコットランド王国
死去 (1165-12-09) 1165年12月9日(23歳没)
スコットランド王国の旗 スコットランド王国ジェドバラ
埋葬 スコットランド王国の旗 スコットランド王国、ダンファームリン・アビー
家名 アサル家
王朝 アサル朝
父親 ハンティンドン伯ヘンリー
母親 エイダ・ド・ワーレン
テンプレートを表示

生涯編集

1153年に祖父が没したとき、世嗣だった父が前年に死去していたために、マルカム4世は11歳で王位についた[1]

即位早々にノルウェーエイステイン2世が北東部のアバディーンを襲い、北部ハイランドの豪族達が反旗を翻した。また、イングランドヘンリー2世はデイヴィッド1世が奪ったイングランド北部の返還を要求し、マルカム4世はこれに屈して、1157年にハンティンドン伯領と引き換えにノーサンバーランドカンバーランドウェストモーランド英語版の3州領有権を放棄した。1159年にはヘンリー2世のフランストゥールーズ伯領遠征に参加して弟のウィリアム(後のウィリアム1世)共々騎士に叙任されたが、3州の領主だったウィリアムはヘンリー2世の圧力で没収された恨みを忘れず、奪還に執念を燃やすことになる[3][4]

マルカム4世のイングランドに対する態度を屈辱と反発したスコットランド貴族たちは南西部のギャロウェイ英語版などで反乱を起こしたが、成長したマルカム4世は反乱に立ち向かい、1160年から1164年にかけて祖父が登用したノルマン人貴族に北部を討伐させ、ギャロウェイも併合して豪族たちを制圧した。しかし、翌1165年に病を得て23歳で没した。独身で子がなかったため、王位は弟のウィリアム1世が継いだ[3][5]

脚注編集

  1. ^ a b 森、P72。
  2. ^ トランター、P75。
  3. ^ a b c 松村、P447。
  4. ^ 森、P72 - P73、青山、P333、トランター、P76、朝治、P235、P237。
  5. ^ 森、P73 - P74、青山、P331、P333、トランター、P76 - P77。

参考文献編集

関連項目編集