マルクス・アエミリウス・レピドゥス (紀元前232年の執政官)

紀元前3世紀中期から後期の共和政ローマの政治家・軍人。

マルクス・アエミリウス・レピドゥスラテン語: Marcus Aemilius Lepidus、- 紀元前216年)は紀元前3世紀中期から後期の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前232年紀元前221年執政官(コンスル)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
マルクス・アエミリウス・レピドゥス
M. Aemilius M.f. M.n. Lepidus
出生 不明
死没 紀元前216年
出身階級 パトリキ
氏族 アエミリウス氏族
官職 執政官(紀元前232年、紀元前221年?)
テンプレートを表示

出自編集

パトリキ(貴族)であるアエミリウス氏族の出身。古代の歴史家によるとアエミリウス氏族はローマで最も古い氏族の一つとされている[1]。ローマのトリブス(選挙区)の一つには、アエミリウスの名がつけられている[2]。アエミリウス氏族の祖先は、ピタゴラス[1]または第二代ローマ王ヌマ・ポンピリウス[3]とされている。またプルタルコスが引用している一説ではアイネイアースラウィーニアの間の娘がアエミリアで、初代ローマ王ロームルスを生んだとしている(通説ではレア・シルウィアが母)[4][5]。プルタルコスは、この氏族の人物の特徴として「優れた道徳心を持ち、また絶えることなく改善されていた」と述べている[1]

アエミリウス氏族のうち、レピドゥスのコグノーメン(第三名、家族名)を持つもので最初に執政官となったのは、紀元前285年マルクス・アエミリウス・レピドゥスである[6]。カピトリヌスのファスティによれば、紀元前232年の執政官レピドゥスの父も祖父も、プラエノーメン(第一名、個人名)はマルクスである[7]。おそらく、紀元前285年の執政官はレピドゥスの父である[8]

レピドゥスには、マルクス、ルキウス、クィントゥスの3人の息子がいた[9]。マルクスは法務官(プラエトル)に二度または三度就任したが、紀元前216年の執政官選挙には敗れている[10]。他の二人は、レピドゥスの葬儀の際に名前が出てくるのみである[11][12]。マルクスの息子は紀元前187年と紀元前175年の執政官で、元老院筆頭を務めたマルクス・アエミリウス・レピドゥスである。

経歴編集

現存する資料にレピドゥスが最初に登場するのは、紀元前232年の執政官就任時である。同僚のプレブス(平民)執政官はマルクス・プブリキウス・マッレオルスであった。両執政官はサルディニアでの軍事作戦を実施した。サルディニアは第一次ポエニ戦争の後にローマが占領していたが、そこの住民が反乱を起こしていた[13]。レピドゥスとマッレオルスは勝利し多くの戦利品を得た。続いてコルシカに向かい、軍事作戦は成功したものの、戦利品を全て盗まれてしまった[14]ポリュビオスは、ガリアから半世紀前に獲得したピケヌム周辺(en、現リミニ南方)の土地を、同年に護民官ガイウス・フラミニウスが戦争で土地を失った人々に分配したとしている[15]

後年レピドゥスは補充執政官に就任している。しかし、カピトリヌスのファスティが欠落しており、紀元前221年紀元前220年または紀元前219年の何れかであるが不明である[13]。歴史学者のロバート・ブロートンは、紀元前221年と推定している[16]。レピドゥスは紀元前216年末に死去したが、そのときには終身職である鳥占官(アウグル)を務めていた[17]。彼の息子達が彼を弔う競技会を開催し、フォルム・ロマヌムでは22組の剣闘士が戦った[9]

脚注編集

  1. ^ a b c プルタルコス対比列伝アエミリウス・パウルス』、2.
  2. ^ Klebs E. "Aemilius", 1893, s. 543.
  3. ^ プルタルコス『対比列伝:ヌマ』、8.
  4. ^ プルタルコス対比列伝ロームルス』、2
  5. ^ Klebs E. "Aemilius", 1893, s. 544.
  6. ^ Tsirkin, 2009 , p. 226.
  7. ^ カピトリヌスのファスティ
  8. ^ Sumner G., 1973, p. 66.
  9. ^ a b リウィウスローマ建国史』、XXIII, 30, 15.
  10. ^ Klebs E. "Aemilius 67", 1893, s. 552.
  11. ^ Klebs E. "Aemilius 60", 1893, s. 550.
  12. ^ Klebs E. "Aemilius 77", 1893, s. 563.
  13. ^ a b Klebs E. "Aemilius 66", 1893, s. 552.
  14. ^ ゾナラス『歴史梗概』、VIII, 18.
  15. ^ ポリュビオス歴史II, 21.
  16. ^ Broughton R., 1951, p. 234.
  17. ^ Broughton R., 1951, p. 252.

参考資料編集

古代の資料編集

研究書編集

  • Tsirkin Yu. "Lepidus's Revolt" // Ancient World and Archeology. - 2009. - No. 13 . - С. 225-241 .
  • Broughton R. "Magistrates of the Roman Republic" - New York, 1951. - Vol. I. - P. 600.
  • Klebs E. "Aemilius" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 543-544.
  • Klebs E. "Aemilius 60" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 550.
  • Klebs E. "Aemilius 66" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 552.
  • Klebs E. "Aemilius 67" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 552.
  • Klebs E. "Aemilius 77" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 563.
  • Sumner G. "Orators in Cicero's Brutus: prosopography and chronology" - Toronto: University of Toronto Press, 1973. - 197 p. - ISBN 9780802052810 .

関連項目編集

公職
先代:
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ウェッルコスス
マニウス・ポンポニウス・マト
執政官
同僚:マルクス・プブリキウス・マッレオルス
紀元前232年
次代:
マルクス・ポンポニウス・マト
ガイウス・パピリウス・マソ
先代:
グナエウス・コルネリウス・スキピオ・カルウス
マルクス・クラウディウス・マルケッルス I
執政官
同僚:プブリウス・コルネリウス・スキピオ・アシナ
紀元前221年
次代:
マルクス・ウァレリウス・ラエウィヌス I
クィントゥス・ムキウス・スカエウォラ