メインメニューを開く

紀元前232年

他の紀年法編集

できごと編集

セレウコス朝編集

  • セレウコス朝の王セレウコス2世パルティアを奪還するためイランへの遠征を行っていたが、実現しなかった。いくつかの出典によると、彼はパルティア王アルサケス1世によって数年間捕虜にされたという。また別の出典では、彼はパルティアへの支配権を認められ、アルサケス1世と和平を結んだと言われている。

共和政ローマ編集

中国編集

  • が大軍を興してを攻撃し、一軍がに向かい、一軍が太原に向かって狼孟を奪った。李牧と番吾で遭遇して、秦軍は敗れて帰還した。
  • 人質として秦にいた太子丹が帰国した。

哲学編集

誕生編集

死去編集

脚注編集

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目編集