マンダレー国際空港

マンダレー国際空港(マンダレーこくさいくうこう、: Mandalay International Airport)はミャンマー連邦共和国マンダレー市の南方約40kmにある国際空港

マンダレー国際空港
မန္တလေး အပြည်ပြည်ဆိုင်ရာ လေဆိပ်
Mandalay International Airport
Mandalay Airport.JPG

IATA: MDL - ICAO: VYMD

MDL/VYMDの位置(ミャンマー内)
MDL/VYMD
MDL/VYMD
マンダレー国際空港の位置
概要
国・地域 ミャンマーの旗 ミャンマー連邦共和国
所在地 マンダレー
種類 軍民共用
運営者 Ministry of Transportation
標高 91 m (300 ft)
座標 北緯21度42分7.76秒 東経95度58分40.54秒 / 北緯21.7021556度 東経95.9779278度 / 21.7021556; 95.9779278座標: 北緯21度42分7.76秒 東経95度58分40.54秒 / 北緯21.7021556度 東経95.9779278度 / 21.7021556; 95.9779278
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
17/35 YES 4,268×61 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

目次

概要編集

かつて、マンダレー空港は市内中心部から約6km南方の場所にあった。市街地内にあるため危険で、騒音問題も起きていた。マンダレーの観光開発のために新空港が建設され、1999年に開港すると、旧空港は閉鎖された。

滑走路は長距離国際線にも対応した4,000メートル級のものであり、ターミナルビルも広くて立派なものである。

就航航空会社と就航都市編集

国内線編集

航空会社 就航地
  ミャンマー・ナショナル航空 ヤンゴンケンタング英語版カレーミョ英語版ラーショー英語版ミッチーナー英語版タチレク英語版バモー英語版プータオ英語版ホマリン英語版カムティ英語版
  ミャンマー国際航空 ヤンゴン
  ゴールデン・ミャンマー航空 ヤンゴン、ヘホ英語版、ミッチーナー、プータオ
  マン・ヤダナルポン・エアラインズ英語版 ヤンゴン(乗継1回)、ニャウンウー英語版、ヘホ、ケンタング、ラーショー、ミッチーナー、タチレク
  アジアン・ウィングス英語版 ヤンゴン(乗継1回)、ニャウンウー、ヘホ、ケンタング、ラーショー、ミッチーナー、バモー、プータオ、ホマリン、モンユワ
  ヤンゴン航空 ヤンゴン、ニャウンウー、ヘホ、ケンタング、ラーショー、ミッチーナー、タチレク、プータオ
  エアKBZ英語版 ヤンゴン、ヘホ、カレーミョ、ミッチーナー
  シルクエアー ヤンゴン

国際線編集

航空会社 就航地
  ミャンマー・ナショナル航空 香港
  ミャンマー国際航空 バンコク/スワンナプーム
  エアKBZ バンコク/スワンナプーム
  中国東方航空 昆明
  バンコク・エアウェイズ バンコク/スワンナプーム、チェンマイ
  タイ・スマイル バンコク/スワンナプーム
  タイ・エアアジア バンコク/ドンムアン
  シルクエアー シンガポール(ヤンゴン経由便あり)

空港アクセス編集

空港の維持管理編集

ミャンマー政府側は、30年間の長期契約で空港施設全般の維持管理を行う企業を募集した結果、2013年、日本のJALUX三菱商事などの共同企業体が空港の補修、運営、維持管理に関する契約の優先交渉権を獲得した[1]

脚注編集

[ヘルプ]