メインメニューを開く

ミッテルフランケン(Mittelfranken)は、バイエルン州北西部に位置する地域で、同州に7つある行政管区の一つ。ミッテルフランケン郡市連合とは、完全に同じ地域である。この行政管区は、バーデン=ヴュルテンベルク州との州境にあたる他、州内のオーバーバイエルンオーバーフランケンウンターフランケンシュヴァーベンオーバープファルツの各行政管区と境を接する。

基本情報
州: バイエルン州
行政官庁所在地: アンスバッハ
面積: 7,244.85 km²
人口: 1,770,401 人
(2018年12月31日)[1]
人口密度: 244 人/km²
ホームページ: regierung.mittelfranken.bayern.de
地図
Bayern rbmittelfranken.png

目次

ミッテルフランケン行政管区の構成編集

ミッテルフランケン行政管区は、5つの郡独立市と7つの郡からなる。

(注)

  • エアランゲン=ヘーヒシュタット郡は、1972年7月1日から1973年4月30日までの間、エアランゲン郡という名称であった。
  • ノイシュタット・アン・デア・アイシュ=バート・ヴィンツハイム郡は、1972年7月1日から1973年4月30日までの間、ノイシュタット・アン・デア・アイシュ郡という名称であった。
  • ニュルンベルガー・ラント郡は、1972年7月1日から1973年4月30日までの間、ラウフ・アン・デア・ペグニッツ郡という名称であった。
  • ロート郡は、1972年7月1日から1973年4月30日までの間、ロート・バイ・ニュルンベルク郡という名称であった。
  • ヴァイセンブルク=グンツェンハウゼン郡は、1972年7月1日から1973年4月30日までの間、ヴァイセンブルク・イン・バイエルン郡という名称であった。

地理編集

郡独立市以外の主要都市編集

水域編集

編集

池・湖編集

小川の途中に造られた養魚場のほか、以下の大きな湖を含むフランケン湖水地方が管区内に位置している。

  • アルトミュール湖
  • 大ブロムバッハ湖
  • イゲルスバッハ湖
  • 小ブロムバッハ湖
  • ロート湖

編集

ミッテルフランケン東部のかなりの部分をフレンキシェ・アルプ(フランケン・ジュラ山地)が占めている。最も高い山は、アルプス南西部にあたる標高689mのヘッセルベルク山である。この他にニュルンベルクからほど近いモリッツベルク山も重要な山である。

経済編集

ミッテルフランケンの失業率は、2004年の調査で8.4%である。

主要な企業編集

交通編集

航空編集

鉄道編集

水路編集

  • マイン=ドナウ運河が、バンベルク、エアランゲン、フュルト、ニュルンベルクさらにはケルハイムでドナウ川に接続する。北海から黒海へ直接至るルートである。

参考文献編集

(以上は、ドイツ語版の参考文献に挙げられていたものであり、日本語版作成時に直接参照はしておりません。)

引用編集

外部リンク編集