ミュージックトマトJAPAN

ミュージックトマトJAPAN(Music Tomato JAPAN)は、1980年代後半 - 2000年代テレビ神奈川(TVK→tvk)で放送されていた音楽番組。略称は「ミュートマジャパン」。

目次

概要編集

元々あったTVKの音楽番組『ミュージックトマト』から派生した番組。当時TVKで放送されていた「TOMATO」もの(ファンキートマトライブトマト など)と並んで、音楽に強い局のイメージを打ち出す効果に一役買った[独自研究?][要出典]番組の一つでもある。

『ミュージックトマト』は、番組開始当初、洋楽ヒット曲のビデオクリップを放送していたが、日本国内のJ-POP人気の高まりと共に、国内アーティストの楽曲のビデオクリップも多く放送されるようになったため、J-POPだけを放送する独立番組としてスタートさせたのが本番組である。

番組開始初期から中期にかけては、多数のアーティストのビデオクリップがランダムに放送され、イントロ部分でV.J.マイケル富岡による英語でのナレーションが添えられていた[1]

1993年末、マイケル富岡が降板。それ以降V.J.は置かれず、ナレーション無しのままビデオクリップを流す形で番組は進行した。

1990年代半ば以降は、ビデオクリップの放映回数は減らされ、企画ものが中心となった(ナレーションはなしでテロップのみ)。

  • 毎月、番組スタッフにより選曲された5曲程度のビデオクリップを「ビデオクリップダービー」として番組中にダイジェスト放送し、その中から最優秀曲を視聴者からの投票で決定、後に見事最優秀曲に選ばれたアーティスト(またはバンド)を翌月ヘビーローテーション
  • 1組(個人・グループ問わず)のアーティストを特集、インタビューを織り交ぜながら複数曲を放送。

2010年現在は、このミュージックトマトJAPANから派生した『Mutoma』が放送されている。

ビデオジョッキー編集

放送時間編集

  • 毎週月曜 - 木曜、23:00 - 23:30(23:30 - 24:00、23:40 - 24:10で放送された期間あり)。
  • 末期は木曜放送分がなくなり、2004年4月 - 2006年3月29日(最終回)まで、月曜 - 水曜(23:30 - 24:00)に放送されていた。

番組OP・EDテーマ曲一覧編集

初期編集

後期(1990年代前半頃から)編集

ほか多数。

テレビ神奈川以外でのネット編集

別冊ミュージックトマトJAPAN編集

本編の番組以外に単発で『別冊ミュージックトマトJAPAN』も放送された。

こちらは、1人(1グループ)のアーティストの特集形式。そのアーティストのアルバム発売期やコンサートツアー前に放送されることから、そのほとんどがアーティスト側からの持込み企画の宣伝形態だったと思われる。

この他、2000年4月 - 2002年9月には金曜日の深夜にイベンター大手のディスクガレージのコンサート先行予約と組み合わせた「mutomaDiGA」を放送していた(テレビ岩手でも火曜深夜に時差ネット)。

関連項目編集

  • TVKの過去に放送した番組
  • TVKの過去の番組編成
  • Music Crossroad 〜音楽交差点〜 - KBS京都で放送。内容は初期のミュージックトマトJAPANと同じく、多数のアーティストのビデオクリップがランダムに放送される。ただし、最後の曲は放送時間の関係で端折られる。また、1つの新作が製作されると、それを2 - 3ヶ月連続して放送する(それらを交互に放送)。

脚注編集

  1. ^ YouTubeでアップロードされている1980年代のJ-POPのビデオクリップの中には、このマイケル富岡のナレーションが入ったミュージックトマトJAPANで放送されていたものも見受けられる(但し、違法アップロードのものが大半である)。
  2. ^ 同じTVKで、実姉のシャーリー富岡が出演する『ファンキートマト』へ番組の宣伝のため出演したこともあった。