鹿児島テレビ放送

鹿児島県のフジテレビ系列局

鹿児島テレビ放送株式会社(かごしまテレビほうそう)は、鹿児島県放送対象地域とするフジテレビ系列FNNFNS)のテレビ局である。通称は鹿児島テレビ略称KTS(以下、放送局名は略称表記)。マスコットキャラクターに『ぽよ』『8ちゃん』を採用している。

鹿児島テレビ放送株式会社
Kagoshima Television Station Co.,Ltd.
鹿児島テレビ放送本社
種類 株式会社
略称 KTS
本社所在地 日本の旗 日本
890-8666
鹿児島県鹿児島市紫原六丁目15-8
設立 1968年3月12日
業種 情報・通信業
法人番号 9340001000997 ウィキデータを編集
事業内容 放送法に基づくテレビ放送事業
代表者 前田俊広(代表取締役社長)
資本金 3億円
売上高 45億1931万1000円(2023年3月期)[1]
営業利益 9797万5000円(2023年3月期)[1]
経常利益 1億7427万4000円(2023年3月期)[1]
純利益 1億0651万4000円(2023年3月期)[1]
純資産 105億0721万円(2023年3月期)[1]
総資産 118億3026万1000円(2023年3月期)[1]
従業員数 84名
主要株主 岩崎産業株式会社(38.5%)
株式会社南日本新聞社(26.0%)
主要子会社 株式会社KCR
株式会社KTSプロスタッフ
株式会社鹿児島シティエフエム
外部リンク https://www.kts-tv.co.jp/
テンプレートを表示
鹿児島テレビ放送
英名 Kagoshima Television
Station Co.,Ltd.
放送対象地域 鹿児島県
ニュース系列 FNN
番組供給系列 FNS
略称 KTS
呼出符号 JOKH-DTV
呼出名称 かごしまテレビほうそう
(デジタルテレビジョン)
開局日 1969年4月1日
本社 890-8666
鹿児島県鹿児島市紫原六丁目15-8
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 8
デジタル親局 鹿児島 42ch
アナログ親局 鹿児島 38ch
ガイドチャンネル 38ch
主なデジタル中継局
  • 阿久根(紫尾山)21ch(垂直偏波)
  • 鹿屋 47ch
  • 蒲生 47ch
  • 枕崎(蔵多山) 37ch
  • 大口 21ch
  • 串木野 21ch
  • 種子島 21ch
  • 名瀬 18ch
  • 中之島 38ch
  • 頴娃 35ch
主なアナログ中継局
  • 阿久根(紫尾山)35ch(垂直偏波)
  • いちき串木野 52ch
  • 枕崎(蔵多山) 33ch
  • 指宿 54ch
  • 大口 37ch
  • 鹿屋 33ch
  • 志布志 53ch
  • 種子島 56ch
  • 名瀬 8ch
  • ほか
    公式サイト https://www.kts-tv.co.jp/
    特記事項:
    鹿児島放送が開局するまではANN

    鹿児島讀賣テレビが開局するまではNNN系列にも属していた。

    2006年12月1日に地上デジタル放送を開始。
    テンプレートを表示

    概要

    編集

    1969年昭和44年)4月1日、鹿児島県の民放テレビとして2番目に開局。1982年(昭和57年)に鹿児島放送(KKB)が開局するまではNNNANNの3局クロスネット局[注釈 1]1994年平成6年)に鹿児島読売テレビ(KYT)が開局する前まではNNNとのクロスネット局だった。南日本新聞との資本関係はTBS系列南日本放送(MBC)よりもこちらの方が高い。

    本社(演奏所)・送信所ともに鹿児島市街地南西部の丘陵地、紫原に設置されている。キャッチフレーズとして2016年(平成28年)4月から「笑顔で8ちゃんKTS」を採用している。主な自社制作番組枠として平日18時台(JST、以下同)のニュース番組(現在は『KTS Live News』)や『げっきん!かごしま』、『げっきん!LIVE4 ゆうテレ』などの流れをくむ『かごニュー』(2016年(平成28年)に開始)、1990年(平成2年)に開始した土曜日18時30分からの情報番組『ナマ・イキVOICE』などがある。

    関連企業として鹿児島市を対象とするコミュニティ放送局鹿児島シティエフエム』(フレンズFM)があり、同局ではKTSアナウンサーの出演する番組やKTSニュースが放送されている。提携により本社テレビ塔からは自社の放送そのもの(42ch)だけではなく、KYTの放送(29ch)と フレンズFM(76.2 MHz)も発信しており、基幹送信所以外の中継局もKYT(中継局によってはMBC、KKB、NHKもあてはまる)と共同使用しているところが多い。

    鹿児島県に隣接する宮崎県にはフジテレビ系列の単独ネット局がない(テレビ宮崎はFNN・FNSをメインにNNN、ANNの3社クロスネット局)ため、宮崎県南西部の一部地域では、末吉中継局(主に都城市)や吉松中継局(主にえびの市)、鹿屋中継局(主に串間市三股町)を受信して、リアルタイムでフジテレビ系列の放送を楽しむ人も少なくない。なお宮崎県内におけるアナログテレビ放送のカバー率は15.9%(エリア内世帯数は約7万2,000)であった[3]

    主な受賞歴に『テレビで会えない芸人』が2020年日本民間放送連盟賞テレビエンターテイメント番組部門最優秀賞、第58回ギャラクシー賞、第47回放送文化基金賞、第29回FNSドキュメンタリー大賞グランプリを[4][5][6][7][8]。『20年目の花火』が2023年日本民間放送連盟賞テレビ教養番組部門最優秀賞をそれぞれ受賞した[9]

    データ

    編集
    • 本社:鹿児島県鹿児島市紫原6丁目15番8号
    • 支社:東京・大阪・福岡・鹿屋
    • 支局:薩摩川内・霧島・種子島・奄美
    • 創立日:1968年(昭和43年)3月12日
    • テレビチャンネル(本局):第38チャンネル(アナログ、廃止)、第42チャンネル(デジタル)
    • 送信所:本社テレビ塔、鹿児島親局テレビ・FM放送所を参照。
    • テレビ出力:10 kW(アナログ・映像、廃止)、1 kW(デジタル)
    • テレビコールサイン:JOKH-TV(廃止)、JOKH-DTV
    • カバーエリア:鹿児島県全域および宮崎県熊本県沖縄県の一部
    • マスコットキャラクター:「ぽよ」

    支社・支局所在地

    編集

    資本構成

    編集

    企業・団体は当時の名称。出典:[10]

    2021年3月31日

    編集
    資本金 発行済株式総数 株主数
    3億円 600,000株 10
    株主 株式数 比率
    岩崎産業 231,000株 38.50%
    南日本新聞社 156,000株 26.00%
    関西テレビ放送 51,000株 08.50%
    フジ・メディア・ホールディングス 30,000株 05.00%
    いわさきコーポレーション 30,000株 05.00%
    西日本新聞社 30,000株 05.00%
    読売新聞グループ本社 30,000株 05.00%

    過去の資本構成

    編集

    主な送信所

    編集
     
    鹿児島テレビ放送本社テレビ塔

    デジタル放送

    編集

    リモコンキーID - 「8」

    • 鹿児島本局 42ch 1 kW
    • 阿久根 21ch(垂直偏波)
    • 大口 21ch
    • 鹿屋 47ch
    • 蒲生 47ch
    • 末吉 21ch
    • 吉松 23ch
    • 志布志 21ch
    • 串木野 21ch
    • 中之島 38ch
    • 名瀬 18ch
    • 枕崎 37ch
    • 南種子 18ch
    • 与論 31ch

    アナログ放送

    編集

    2011年7月24日運用終了時点。116の中継局が設置されていた。

    • 鹿児島本局 38ch 10 kW
    • 阿久根 35ch 300W(垂直偏波)
    • 枕崎 33ch 300W
    • 鹿屋 33ch 300W
    • 吉松 59ch 1W
    • 志布志 53ch 100W
    • 末吉 52ch 100W
    • 種子島 56ch 300W
    • 南種子 55ch 100W
    • 名瀬 8ch(VHF波) 300W
    • 瀬戸内 35ch 500W
    • 徳之島 58ch 300W
    • 知名 47ch 300W
    • 与論 57ch 3W

    沿革

    編集

    歴史

    編集

    1958年昭和33年)3月、鹿児島県議会議長の大坪静夫が鹿児島県内の民放テレビ局の複数化を検討。翌1959年(昭和34年)に福岡県内に3局目のテレビ局(九州朝日放送)が開局することで鹿児島県全体の気運も盛り上がり、1961年(昭和36年)には「鹿児島県開発促進協議会」が設置され、最重要施策として「鹿児島県第2の民間テレビ局の設置」が挙げられた。1963年(昭和38年)3月には『鹿児島放送株式会社』(仮称・「株式会社鹿児島放送(KKB)」とは無関係)として申請書を提出。同年内にチャンネルプランが修正されたことにより、現実的に開局が可能な情勢となった[11]

    ところが、1967年(昭和42年)までに7社が免許を申請。調整を重ねた結果、1968年(昭和43年)10月3日に7社の代表が発起人となり免許申請書の一部訂正願書を提出(免許申請書自体は同年3月20日に提出)し、同年11月11日に「郵政536号」により予備免許が交付された。この時点で「フジテレビ・日本テレビNETテレビ(現:テレビ朝日)3系列のクロスネット」、「夕方のニュースはNETテレビ」と決定された[12]1969年(昭和44年)2月には試験電波を発射し、3月にはサービス放送を、4月1日に本放送を開始した。開局当初からFNN・FNS、NNN・NNS1972年(昭和47年)発足)およびANN(1970年(昭和45年)発足・ニュース協定は1974年(昭和49年)に発効)に加盟した。

    このようにKTSをはじめ九州地方(福岡・佐賀を除く)のUHF第1局は、ほとんどが3系列のクロスネット局であった[注 1] が、同じ3系列のクロスネットでもテレビ熊本(TKU[注 2])やテレビ宮崎(UMK:現在も3系列のクロスネット)がフジテレビを主体とするクロスネットだったが、KTSは後述のようにネットを結んだ各局をほぼ均等になるように編成した。

    なお同様の編成は、かつての新潟総合テレビ(NST[注 3])やテレビ大分(TOS[注 4])でも行われていた。このような編成の関係上、KTSでは放送しきれない3系列の番組も多く、これらの多くがMBCに番販(一部はスポンサードネット)の形で流れていた。その例として、クロスネット末期の1994年(平成6年)3月までMBCで放送されたフジテレビ系のテレビアニメ『サザエさん』や、テレビ朝日系のテレビドラマ『ルーツ』がある[注釈 2]

    送信所は先発局と同様に城山に設置する予定であったが、用地の取得が不可能となったため現在地の鹿児島市紫原となった。この変更に伴い演奏所(スタジオ)も現在地に変更されている[13]

    開局当初は紫原からの電波の届く錦江湾一帯のみの放送であり「錦江湾テレビ」と揶揄されていた[注釈 3]中継局の整備が急務とされたKTSは同年12月には初の中継局(串木野中継局)を設置し、1971年(昭和46年)までに本土の主要中継局を整備した。離島方面へは1974年(昭和49年)の南種子中継局から整備を進め、1977年(昭和52年)1月には奄美地方の基幹中継局となる名瀬中継局が開局。与論島までにも1979年度中に整備された。

    1982年(昭和57年)10月にテレビ朝日系列局のKKBが開局し、日本テレビ・フジテレビの2系列のクロスネット局となる。1994年平成6年)4月には日本テレビ系列局のKYTが開局したことでフジテレビ系列フルネット局となった。1998年(平成10年)にマスコットキャラクターの『ぽよ』が登場。2006年(平成18年)12月に地上デジタル放送・ワンセグの本放送を開始し現在に至る。

    年表

    編集
    • 1967年昭和42年)
      • 10月13日 - 社名を『鹿児島テレビ放送』と決定。
      • 11月1日 - テレビ放送の予備免許交付。
    • 1968年(昭和43年)3月12日 - 鹿児島テレビ放送株式会社設立。
    • 1969年(昭和44年)
      • 1月31日 - 試験電波発射。
      • 3月1日 - サービス放送を開始。
      • 3月29日 - 現社屋の竣工・開局式(登記上の社屋移転は前日)。
      • 4月1日 - 8時30分[15](JST)に本放送開始(開局)。同時にカラー放送開始。
      • 静止画と第1声(当時のオープニング)は8時57分。8時58分から天気予報を放送し9時から『小川宏ショー』を放送した。
      • 12月6日 - 串木野中継局(KTS初の中継局)が開局。
    • 1970年(昭和45年)
    • 1971年(昭和46年)
    • 1972年(昭和47年)9月21日 - 自社番組がカラー化。
    • 1973年(昭和48年)10月 - 全日放送開始。[18]
    • 1974年(昭和49年)
    • 1976年(昭和51年)12月 - 南日本放送テレビと共に、奄美地域初の民放アナログテレビ中継放送局、名瀬中継局が完成し、試験放送を開始(放送技術の向上と奄美群島振興開発事業の非公共事業として国が整備を支援したことにより、同中継局が完成)。[20]
    • 1977年(昭和52年)1月28日 - 名瀬中継局でのアナログテレビの本放送開始(南日本放送テレビの同中継局も同日開始)。[20][21]
    • 1979年(昭和54年)
      • 4月1日 - 現在のロゴマーク・社旗を制定。
      • 10月-本社スタジオ棟が完成。
    • 1982年(昭和57年)10月1日 - テレビ朝日系列のKKB開局に伴い、日本テレビ・フジテレビのクロスネット局へ。
    • 1983年(昭和58年)1月 - 音声多重放送開始(MBC同様、当初は奄美地区は除く)
    • 1993年平成5年)8月6日 - 平成5年8月豪雨(8・6水害)報道特番で終夜放送を実施。
    • 1994年(平成6年) 4月1日 - 日本テレビ系列のKYT開局に伴い、フジテレビ系列のフルネット局へ。
    • 1997年(平成9年)10月1日 - 関連企業となるコミュニティFM鹿児島シティエフエムが開局。
    • 1998年(平成10年) - マスコットキャラクター『ぽよ』登場。
    • 2006年(平成18年)
      • 3月6日 - 主調整室(マスター)設備を地上デジタル放送に対応したものへ更新(NEC製)。また、これに合わせ本社屋の全体的な改修工事も進められ、報道・制作フロアを一体化。同時に、3月末で長年使用されたニューススタジオを廃止し、同フロア内に定時ニュース用のデスクを設置した。更に、一時的に収録放送となっていた『ナマ・イキVOICE』の公開生放送復活に合わせ、玄関ロビーもリニューアルされた。これらの設備・施設は、4月3日(新年度初日)から本格的に稼働している。
      • 11月5日 - 地上デジタル放送のサービス放送を開始。
      • 12月1日 - 地上デジタル放送とワンセグの本放送を開始。
    • 2007年(平成19年)10月1日 - 地上デジタル放送の鹿屋・阿久根・枕崎・蒲生中継局が開局。
    • 2008年(平成20年)
      • 4月14日 - 地上デジタル放送の南種子中継局が開局(離島部初)。
      • 8月1日 - 地上デジタル放送の名瀬中継局(奄美大島)が開局。
    • 2009年(平成21年)3月31日 - 地上デジタル放送の与論中継局(県最南端局)が開局。
    • 2011年(平成23年)7月24日 - 地上アナログ放送を終了(23時59分59秒)、地上デジタル放送に完全移行。

    社史・記念誌

    編集

    鹿児島テレビ放送では、以下の3冊を発行している(現在)。

    • 鹿児島テレビ10年史(鹿児島テレビ放送株式会社 編纂)1980年5月15日発行、全374ページ。
    • KTS 鹿児島の明日をあなたと(鹿児島テレビ 編)1985年発行、全35ページ。
    • KTS 鹿児島テレビ50年史 1968-2019: 50th anniversary(鹿児島テレビ放送 編)2019年5月発行、全395ページ。

    このほか、2007年に『KTS 38年のあゆみ History of Kagoshima Television Station』というDVDを製作している。

    ネットワークの移り変わり

    編集
    • 1969年昭和44年)4月1日 - 日本テレビ・フジテレビ・NETテレビ(現:テレビ朝日)のトリプルネット局として開局。
    • 1975年(昭和50年)3月31日 - 腸捻転解消により、大阪発の番組が毎日放送(MBS)制作から朝日放送(ABC)制作に変更され、MBS制作番組が南日本放送(MBC)へ移行する。ただし、NET→テレビ朝日系に変更されたABC制作番組の一部はテレビ朝日系列の鹿児島放送(KKB)開局までの間、KTSとMBCで並行して放送された番組もある。
    • 1981年(昭和56年)4月1日 - この1年半後に開局を控えたKKBへの移行準備のため、テレ朝系番組の一部を打ち切り。その終了枠を日本テレビ・フジテレビ系列へと交換。また、MBCが番販扱いしていた『太陽にほえろ!』や『グランド劇場』の日テレ系看板ドラマが移動[注 5]。MBCが過去に放送していた日本テレビ系番組の再放送も開始[注釈 4]。この頃には、現在も主なローカル番組を制作しているスタジオ棟が増築され、開局当時から使用していた社屋内のスタジオはニュース専用へ変更。1982年(昭和57年)9月までの放送時間総比率は日テレ系4:フジ系4:テレ朝系2であった。
    • 1982年(昭和57年)
      • 4月改編 - 初の大型版ローカルニュース番組『KTSテレビ夕刊』がスタート(3月29日~)。
      • 9月30日 - この日の22時台の番組『木曜ヒットショー』を最後に、開局から13年半続けてきたテレビ朝日系番組の全放送日程を終了。同時にANNを脱退。
      • 10月1日 - KKBの開局に伴い、日本テレビ・フジテレビのクロスネット局へ。それまでのテレビ朝日系同時ネット枠のほとんどを日本テレビ系列へと交換。それに伴い、MBCが番販扱いしていた日テレ系番組の『おしゃれ』、『ごちそうさま』、『水曜ロードショー』、『カックラキン大放送!!』、『スター誕生!』なども移動。以降、1985年(昭和60年)3月までの放送時間総比率は日テレ系7:フジ系3であった。
    • 1983年(昭和58年)
      • 4月改編 - MBCでは火曜19時台後半枠に遅れネットで放送されていた日テレ系土曜19時台前半(よみうりテレビ制作枠)枠の番組枠が、『激闘!カンフーチェン』より土曜19時台前半枠に同時ネットで移動[注釈 5]
      • 10月改編 - この回において、日本テレビ系木曜日の『木曜ゴールデンドラマ』(21:00 - 23:00)の放送を開始。これにより、プライムタイムの日テレ・フジ両系列の放送比率を約2:1の割合(日テレ系18時間:フジ系10時間)に変更。日本テレビ系重視型の体制を強化。
    • 1985年(昭和60年)4月改編 - この回において、プライムタイムの日本テレビ・フジテレビ両系列の放送時間を均等に組み替え(ともに14時間ずつ)。平日の『NNN6:30きょうのニュース』、木曜日の『木曜ゴールデンドラマ』、金曜日の『11PM』、土曜日の『お笑いスター誕生!!』、日曜日の『NNN日曜夕刊』・『独占!!スポーツ情報』・『日曜サスペンス劇場』の日テレ系各番組を打ち切り[注 6]。月曜19時台前半の日テレ系同時ネットアニメ(『キャッツ♥アイ』)が時差ネット(平日夕方)へと降格。フジテレビ系木曜19時半 - 23時と日曜21〜22時半(『花王名人劇場』 + 『アイ・アイゲーム』)の番組が同時ネット化。MBCが番販扱いしていたフジ系看板アニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』が木曜夕方に遅れネットで移動。また、3年間放送を続けてきた『KTSテレビ夕刊』が終了(3月29日)。翌週より、開局17年目にしてFNN夕方のニュース(『FNNスーパータイム』)がスタート(4月1日~)。MBCが過去に放送していたフジテレビ系番組の再放送も開始[注釈 6][注釈 7] 1992年(平成4年)3月までの放送時間総比率は日テレ系6:フジ系4であった。
    • 1987年(昭和62年)10月改編 - この回において、KKB開局当日から5年間続けてきた平日13時台の日本テレビ系帯番組枠を廃止(10月2日)。翌週より、MBCが番販扱いしていた平日午後のフジテレビ系帯番組『ライオンのいただきます』が移動。それまで時差ネットの『東海テレビ制作昼の帯ドラマ』とともに同時ネットを開始(10月5日~)。フジ系看板枠の平日12・13時台の番組が連続同時ネットとなる。
    • 1988年(昭和63年)4月改編 - この回において、開局以来19年間続けてきたフジ系水曜19時台後半番組(『クイズグランプリ』 + 『スター千一夜』 → 『うる星やつら』 → 『めぞん一刻』 → 『F[注 7])の30分前倒しネット枠を廃止(3月30日)。翌週より、当該時間帯を日テレ系同時ネット枠(『追跡』)へと交換(4月6日〜)[注釈 8]。木曜19時台前半のフジ系枠が時差ネット(『さんまのまんま』)から同時ネット(『クイズなっとく歴史館』)へと昇格(4月7日〜)。金曜19時台前半の日テレ系同時ネット枠(『ニッポン快汗マップ ガムシャラ十勇士!!』)を5年半ぶりにフジ系時差ネット枠(『さんまのまんま』)へと交換(4月8日〜)。
    • 1992年平成4年)
      • 1月3日 - 6年間続けてきた、日本テレビ系『新春スポーツスペシャル箱根駅伝』の中継をこの年限りで打ち切り[注 8]
      • 4月改編 - 日本テレビ系列の鹿児島読売テレビ(KYT)がこの2年後に開局することが確実となり、シングルネット化の準備段階として、フジテレビ主体のネットへ改編。平日の『スポーツトレイン』・『EXテレビ』・『金曜サスペンス劇場』、日曜13時台の『スーパージョッキー』と深夜の『全日本プロレス中継』の日テレ系各番組を打ち切り。その終了枠のほとんどをフジテレビ系列へと交換[注 9]。また、打ち切られた『金曜サスペンス劇場』と『全日本プロレス中継』がMBCへ移動。以降、1994年(平成6年)3月までの放送時間総比率はフジ系6:日テレ系4であった。
      • 10月改編 - MBCが番販扱いしていた『新伍&紳助のあぶない話』が移動し、同時ネットを開始。また、日曜23時台前半の時差ネット枠が日本テレビ系列(『吉本印天然素材』)からフジテレビ系列(『カルトQ』)へと2年ぶりに再交換[注 10]。これがクロスネット最後の改編となり、早朝・プライムタイムおよびニュースを除く日本テレビ系番組のうち、その約8割を打ち切り。9年前とは正反対のフジ系メイン・日テレ系サブネットの体制(放送時間総比率フジ系6:日テレ系4)へと、当改編をもって完全に移行(いずれも10月4日から)。
    • 1994年(平成6年)
      • 3月31日 - この日の23時台『NNNきょうの出来事』を最後に、開局から25年間続けてきた日本テレビ系番組の全放送日程を終了。同時にNNN・NNSを脱退。
      • 4月1日 - 開局25周年を迎え、KYT開局に伴い、フジテレビ系シングルネット化が完了。この日より、早朝・プライムタイムを中心に編成内容が一変。また、この日スタートの『めざましテレビ』がシングルネット化を記念して、霧島・新湯温泉からの生中継を行う。
      • 4月3日 - MBCが番販扱いしていた、最後のフジテレビ系番組『サザエさん』がようやく移動。この日より同時ネットを開始。

    ニュースネットワークの変遷

    編集
    • 開局〜1982年昭和57年)9月
    • 1982年(昭和57年)10月〜1985年(昭和60年)3月
      • 朝:NNN、昼:FNN(11:45飛び降り)、夕:NNN、夜:NNN
      • ここまでFNN加盟局で唯一夕方のFNNニュースをネットしていなかった。
    • 1985年(昭和60年)4月〜1994年平成6年)3月
      • 朝:NNN、昼:NNN、夕:FNN、夜:NNN
      • 昼と夕方のネットを交換した。この編成はクロスネット時代のKTNと同じ。
    • クロスネット時代は、ネットしていないニュース番組にも裏送りでニュース素材を提供していた。
    • 1994年(平成6年)4月1日よりFNN単独ネット化。この日から、フジテレビ系列で『めざましテレビ』『ニュースJAPAN』の放送が開始された。[注釈 10]

    クロスネット時代のネット比率

    編集
    • 開局時 - プライムタイム(19時から23時)で日本テレビ36.8%、フジテレビ31.6%、テレビ朝日31.6%。[22]
    • 1972年昭和47年)4月時点 - 夜間帯のネット比率がフジテレビ33.3%、テレビ朝日31.6%、日本テレビ22.8%、KTS12.3%。[23]
    • 1977年(昭和52年)4月時点 - プライムタイムでフジテレビ31%、日本テレビ29%、テレビ朝日28%、KTS12%。[24]
    • 1979年(昭和54年)時点 - フジテレビ42.6%、日本テレビ27.8%、テレビ朝日18.2%。[25]
      • いずれも『鹿児島テレビ10年史』に記載されている数値。
    • その後もプライムタイムを中心に度々編成が変更されている。以下はその編成概要:

    18時台以降のネット変遷

    編集
    • ★ → 時差ネット
    • ☆ → 30分前倒し
    • ◆ → 自社編成

    日テレ・フジ・テレ朝クロスネット末期(1982年4月当時)

    編集
    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
    18:00 自社制作番組
    KTSテレビ夕刊
    フジ★ 日テレ
    NNN日曜夕刊
    18:30 テレ朝
    ANNニュースレーダー
    日テレ
    独占!!スポーツ情報
    19:00 テレ朝
    あさりちゃん
    日テレ
    世界のこれがNo'1
    フジ☆[注 11][注釈 11]
    うる星やつら
    テレ朝
    クイズタイムショック
    フジ★
    (世界名作劇場)
    南の虹のルーシー
    自社編成◆[注 12]
    トムとジェリー大行進
    ytv
    びっくり日本新記録
    19:30 フジ
    意地悪ばあさん
    フジ
    火曜ワイドスペシャル
    日テレ
    わっ!!ツービートだ
    フジ
    とびだせものまね大作戦
    フジ★ 日テレ
    土曜トップスペシャル
    日テレ
    すばらしい世界旅行
    20:00 テレ朝★
    ワールドプロレスリング
    日テレ
    水曜劇場
    女かじき特急便
    フジ
    スターどっきり(秘)報告
    日テレ
    太陽にほえろ!
    日テレ
    日曜8時連続ドラマ
    陽あたり良好!
    21:00 フジ
    欽ドン!良い子悪い子普通の子
    フジ
    なるほど!ザ・ワールド
    テレ朝
    欽ちゃんのどこまでやるの!?
    フジ
    木曜時代劇枠
    同心暁蘭之介
    日テレ
    金曜劇場
    田中丸家御一同様
    日テレ
    土曜グランド劇場
    天まであがれ!
    テレ朝
    日曜洋画劇場
    22:00 フジ
    夜のヒットスタジオ
    日テレ★
    火曜サスペンス劇場
    テレ朝
    特捜最前線
    テレ朝
    夢のビッグスタジオ
    ABC★
    プロポーズ大作戦
    テレ朝★
    土曜ワイド劇場
    23:00 日テレ
    NNNきょうの出来事
    日テレ★
    知られざる世界
    23:30 日テレ
    11PM (23:20〜)
    日テレ
    NNNきょうの出来事
    • クイズグランプリ』や『スター千一夜』を始め、1981年9月まで放送されていたフジ系列の19時台後半の帯番組を全曜日ネットしていた[注 13]。このため、先述の期間まで平日各曜日の19時台は、主に「日テレ・フジもしくはテレ朝系列の30分番組+フジ系列の帯番組群」という組み合わせだった。『スター千一夜』が終了した1981年10月以降、フジ・日テレが編成するプロ野球及び特番枠の動向によって、KTSのゴールデン・プライムタイム編成は1992年9月まで、度々ネット改編が行われる。

    日テレ・フジクロスネット初期(1983年10月当時)

    編集
    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
    18:00 自社制作番組
    KTSテレビ夕刊
    日テレ★
    魔法の天使クリィミーマミ
    日テレ
    NNN日曜夕刊
    18:30 日テレ
    NNN6:30きょうのニュース
    日テレ
    独占!!スポーツ情報
    19:00 日テレ
    キャッツ♥アイ
    関テレ★[注 14]
    パンチDEデート
    フジ☆[注 11][注釈 11]
    うる星やつら
    フジ★
    (世界名作劇場)
    アルプス物語 わたしのアンネット
    日テレ
    歌まね振りまねスターに挑戦!!
    日テレ
    土曜トップスペシャル
    ytv
    びっくり日本新記録
    19:30 フジ★[注 15]
    アイ・アイゲーム
    フジ
    火曜ワイドスペシャル
    日テレ
    歌のワイド90分!
    フジ
    みゆき
    日テレ
    カックラキン大放送!!
    日テレ
    すばらしい世界旅行
    20:00 日テレ
    ザ・トップテン
    フジ
    木曜おもしろバラエティ
    日テレ
    太陽にほえろ!
    日テレ
    久米宏のTVスクランブル
    21:00 フジ
    欽ドン!良い子悪い子普通の子
    フジ
    なるほど!ザ・ワールド
    日テレ
    水曜ロードショー
    ytv
    木曜ゴールデンドラマ
    日テレ
    金曜劇場
    花咲け花子 (第2シリーズ)
    日テレ
    土曜グランド劇場
    天まであがれ!2
    日テレ★
    日曜サスペンス劇場
    22:00 フジ
    夜のヒットスタジオ
    関テレ★
    花王名人劇場
    日テレ
    SEIKOワールドドキュメント
    フジ★
    ゴールデン洋画劇場
    23:00 日テレ
    NNNきょうの出来事
    フジ★
    唄子・啓助のおもろい夫婦
    23:30 日テレ
    11PM (23:20〜)
    日テレ
    NNNきょうの出来事
    • KKB開局後、1985年3月までの2年半は日本テレビ系メインの編成が組まれ、特に1983年10月期の改編においては、上記のようにプライムタイムの比率が日テレ:フジ=2:1程度となっていた。
    • その後、1985年4月の改編では『KTSスーパータイム』の放送開始や、MBCが番販扱いしていたフジテレビ系番組の一部移動[注 16][注 17] により、日テレ・フジ両系列の比率が、それぞれ半分ずつに組み替えられる。
      • 20時台は日テレが主体(火・木を除く週5日、巨人戦ナイター中継枠確保のため)・21時台はフジが主体(水・金を除く週5日)だったため、ややバランスの良さには欠けるものの、「プライムタイムの放送時間は均等に」という趣旨の下、1992年9月まで細かな改編が行われるが、同枠全体における日テレ・フジ両系列の放送時間はフルネット化完了前日の1994年3月31日まで、それぞれ14時間ずつに保たれていた(なお、クロスネット時代のKTNも土曜日・日曜日を除き、この編成とほぼ同じ内容)。

    日テレ・フジクロスネット中期(1989年4月当時)

    編集
    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
    18:00 フジ
    FNNスーパータイム
    フジ
    FNNスーパータイム
    フジ★
    クイズ!年の差なんて
    18:30 日テレ★
    美味しんぼ
    フジ★
    (世界名作劇場)
    ピーターパンの冒険
    19:00 フジ★[注 15]
    オレたちひょうきん族
    フジ★[注 14]
    所さんのただものではない!
    日テレ
    追跡
    フジ
    クイズなっとく歴史館
    関テレ★[注 18]
    さんまのまんま
    日テレ
    土曜スーパースペシャル
    ytv
    鈴木健二の人間テレビ
    19:30 フジ
    火曜ワイドスペシャル
    日テレ
    ツヨシしっかりしなさい (ドラマ版)
    日テレ
    面白スタジアム
    日テレ
    すばらしい世界旅行
    20:00 日テレ
    歌のトップテン
    日テレ
    クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!
    フジ
    いまどき銀座物語ぼんぼん
    日テレ
    ハロー!グッバイ
    日テレ
    天才・たけしの元気が出るテレビ!!
    21:00 フジ
    (フジテレビ制作月9ドラマ)
    教師びんびん物語Ⅱ
    フジ
    なるほど!ザ・ワールド
    日テレ
    水曜グランドロマン
    フジ
    とんねるずのみなさんのおかげです
    日テレ
    金曜ロードショー
    フジ
    ゴールデン洋画劇場
    関テレ
    花王名人劇場
    22:00 関テレ
    関西テレビ制作月10ドラマ
    日テレ★
    (グランド劇場)
    池中玄太80キロⅢ
    フジ
    (木曜劇場)
    ハートに火をつけて!
    フジ
    TVプレイバック
    22:30 日テレ★
    オシャレ30・30
    23:00 日テレ
    NNNきょうの出来事(~23:55)
    日テレ
    TVムック・謎学の旅
    日テレ
    今夜は最高!
    テレ東★
    演歌の花道
    23:30 日テレ
    NNNきょうの出来事(~23:55)
    日テレ
    NNNきょうの出来事
    24:00 日テレ
    11PM (23:55〜)
    フジ
    プロ野球ニュース
    (23:55〜)
    日テレ
    全日本プロレス中継
    24:30
    • なお、シングルネット化完了2年前の1992年4月の改編からは、全ての曜日の深夜番組枠がフジ系列へと統一される。

    日テレ・フジクロスネット末期(1992年10月当時)

    編集
    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
    18:00 フジ
    FNNスーパータイム
    フジ
    FNNスーパータイム
    フジ★
    タモリのボキャブラ天国
    18:30 自社制作番組◆
    ナマ・イキVOICE
    フジ★
    (世界名作劇場)
    大草原の小さな天使 ブッシュベイビー
    19:00 フジ★[注 15]
    志村けんのだいじょうぶだぁ
    関テレ★[注 14]
    ねるとん紅鯨団
    日テレ
    追跡
    フジ
    クイズ!年の差なんて
    関テレ★[注 18]
    さんまのまんま
    日テレ
    大相似形テレビ
    ytv
    おしえて!ガリレオ
    19:30 フジ
    火曜ワイドスペシャル
    日テレ
    どちら様も!!笑ってヨロシク
    日テレ
    ハートにジャストミート
    日テレ
    日立 あしたP-KAN気分!
    20:00 日テレ
    世界まる見え!テレビ特捜部
    日テレ
    クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!
    フジ
    ボクたちのドラマシリーズ
    日テレ
    刑事貴族3
    日テレ
    マジカル頭脳パワー!!
    日テレ
    天才・たけしの元気が出るテレビ!!
    21:00 フジ
    (フジテレビ制作月9ドラマ)
    二十歳の約束
    フジ
    なるほど!ザ・ワールド
    日テレ
    とんねるずの生でダラダラいかせて!!
    フジ
    とんねるずのみなさんのおかげです
    日テレ
    金曜ロードショー
    フジ
    ゴールデン洋画劇場
    関テレ
    花王ファミリースペシャル
    22:00 関テレ
    関西テレビ制作月10ドラマ
    日テレ★
    (グランド劇場)
    外科医有森冴子II
    日テレ
    (水曜ドラマ)
    いとこ同志
    フジ
    (木曜劇場)
    わがままな女たち
    関テレ
    新伍&紳助のあぶない話
    22:30 日テレ★
    オシャレ30・30
    23:00 日テレ
    NNNきょうの出来事(~23:55)
    日テレ
    NNNきょうの出来事(~23:25)
    日テレ
    夜も一生けんめい。
    フジ★
    カルトQ
    23:30 日テレ
    ウンナン世界征服宣言(23:25〜)
    日テレ
    NNNきょうの出来事
    24:00 フジ
    プロ野球ニュース (23:55〜)
    フジ
    プロ野球ニュース
    24:30

    日テレ・フジクロスネット最末期(1994年3月当時、KYT開局直前)

    編集
    • 欽ドン!良い子悪い子普通の子』や『月9ドラマ』、『なるほど!ザ・ワールド』など、フジ系列月曜・火曜21時台の番組は、3局クロスネットの時代から同時ネットされている。
    • 当時、九州地区の日テレ・フジ系列クロスネット局の中で、日曜日21:00〜22:30のフジ系列を同時ネットしていた放送局はKTSのみ。
    • その他のクロスネット局、KTN(1991年4月1日フジテレビシングルネット化完了)・TOS・UMKは、日曜日21:00〜22:30も日本テレビの番組を同時ネット(19:00〜21:00はKTSと同様)。
    • 1985年から1993年までの年末に日本テレビ系列で放送された年末時代劇スペシャルシリーズのネット状況は、年度によって対応が異なっていた。
      • 1987年に放送された、鹿児島県が舞台の同シリーズ第3弾『田原坂』は、12月30日(水)放送の前編・翌12月31日(木[注 19]) 放送の後編ともにキー局同時ネットで放送された。これは、KTSが制作協力という形で参加していた事情から取られた特例措置である。
      • 1988年の第4弾『五稜郭』は、12月30日(金)放送の前編は同時ネットだったが、翌31日(土)は日テレ同時ネット枠の20時台を別番組に差し替え、21時以降もフジ系の年末特番を同時ネットせず、別の単発ドラマ番組に差し替えたため、同時ネットされず、1989年1月2日(月)午後のローカル枠において遅れネットで放送した。
      • 逆に、1989年放送の第5弾『奇兵隊』は、21時スタートだった12月30日(土)放送の前編はフジ同時ネットの関係で同時ネットされず、翌31日(日)の午後に放送された。同じく31日放送の後編はキー局同時ネットで放送されたが、フジ系年末特番の『タケちゃんの笑って逃げきる大晦日』の飛び乗りネットが困難なことから、21時以降も引き続き放送された。
      • 翌1990年放送の第6弾『勝海舟』でも、同様の対応となり、前編の放送された12月30日(日)は20時スタートだったが、KTSでは日テレ同時ネット枠の日曜20時台を別番組で穴埋めし、21時からは通常通りフジ同時ネット枠の編成となったため、翌31日(月)午後に放送された。同じく31日放送の後編はキー局同時ネットで放送されたが、21時以降もフジ系の年末特番をネットせずに、引き続き放送された。
    • 他方、日本テレビと共同制作した20周年記念番組のドラマ『江夏八重子の生涯』は全国ネット枠の「木曜ゴールデンドラマ」の同時ネットの都合がつかず、後日、遅れネットされた。

    主な番組

    編集

    2022年10月現在[26]

    自社番組

    編集

    フジテレビ系列(遅れネット)

    編集

    テレビ東京系列番組

    編集

    木曜深夜アニメ

    編集

    KTSが独自に置いていた深夜のアニメ枠(木曜深夜2時10分)。地元のひょうたん書店がスポンサーとなった事で実現した。アニメを売るための目的ではなく、原作本を売るためのアニメとなっている。

    放送する作品の傾向としてスターチャイルド製作関与、テレビ東京のものが多い。『さよなら絶望先生』シリーズ以外は第2期・第3期などは放送されていない。

    この枠は、2011年6月3日に放送された『レベルE』最終回を以て廃止された。なお、深夜アニメ枠そのものに関しては、2011年秋の改編の際、土曜深夜1時35分 - 2時35分の枠で復活を果たしている。こちらはキー局であるフジテレビの『ノイタミナ』放送枠としている。

    放送された番組

    編集
    番組 放送日時 他局の放送形態 備考
    のだめカンタービレ 2007年4月12日 - 9月20日 フジテレビ製作ノイタミナ枠 スポンサーは2007年8月以降
    もやしもん 2007年10月25日 - 2008年1月10日
    さよなら絶望先生 2008年1月17日 - 4月10日 UHFアニメ
    図書館戦争 2008年5月8日 - 7月24日 フジテレビ製作ノイタミナ枠
    【俗・】さよなら絶望先生 2008年8月7日 - 10月30日 UHFアニメ
    夏目友人帳 2008年11月13日 - 2009年2月12日 テレビ東京
    とらドラ! 2009年2月26日 - 8月20日
    かなめも 2009年8月27日 - 11月26日
    咲-Saki- 2009年12月3日 - 2010年5月27日
    バカとテストと召喚獣 2010年6月3日 - 9月2日
    荒川アンダー ザ ブリッジ 2010年9月9日 - 12月2日
    神のみぞ知るセカイ 2010年12月9日 - 2011年3月3日
    レベルE 2011年3月10日 - 2011年6月3日

    過去の主な番組

    編集

    過去に放送された他系列番組

    編集

    過去に放送されていたテレビ朝日系の番組

    過去に放送されていた日本テレビ系の番組

    KKB開局まで放送されていたテレビ朝日系の番組

    他多数

    KYT開局まで放送されていた日本テレビ系の番組

    他多数

    KYT開局までMBCで放送されていたフジテレビ系列の番組

    過去に放送されていたテレビ東京系の番組

    番組出演者

    編集

    アナウンサー(現職)

    編集

    男性

    編集

    女性

    編集

    レポーター(KTSタレント)

    編集

    過去のアナウンサー

    編集

    男性

    編集

    女性

    編集

    クロスネット時代の主な番組編成概要

    編集

    1969年4月〜1982年9月

    編集

    1982年10月〜1985年3月

    編集
    • 日テレ・フジクロスネット時の1982年10月 - 1992年3月は、『ズームイン!!朝!』・『NNNきょうの出来事』・『11PM』→『EXテレビ』・『ごちそうさま』などに代表されるよう、日本テレビ系列の番組と優先的にネットを結んでいた。
    • また、日本テレビ系列のナイター中継も週5日(月曜開催時を含む水・金・土・日)と、当時九州地区の日テレ・フジクロスネット局(KTN・TOS・UMK・KTS)の中では一番多く、20時台は最も日テレ色の濃さを強調していた局でもある(ただし、放送時間を延長するのは水・金のみ。土・日・月は、21時以降がフジ系列同時ネット枠のため、20時54分で飛び降り終了)。
    • 一方で、1983年の『プロ野球オールスターゲーム』は、ネット局のズレのために1試合も放送されず[注 25]、当時の南日本新聞(1983年7月25日付)に「なぜ、今年のオールスターは中継されない?」「一体、何のための民放3局化?」という記事まで出たほか、系列局であるKTSにも多数の抗議があった。
    • この際、当時の編成が日本テレビ系重視型のため、『フジテレビ系列の番組をもっと増やしてほしい』という要望も多数寄せられた(この約2年後の1985年4月より、プライムタイムは日テレ・フジ両系列とも均等な放送時間へと改編される)。

    1985年4月〜1992年3月

    編集
    • 1985年春の改編以降、日曜日のナイター中継は、当時九州地区の日テレ・フジクロスネット局(KTN・TOS・UMK・KTS)の中で、唯一KTSのみが放送時間を延長せずに飛び降り終了させていた(KTN・TOS・UMKは日曜21:00 - 22:30も日テレ同時ネット枠のため、引き続き放送を延長)[注 26]
    • 土・日・月のナイター中継飛び降り終了時も、放送が遅れる『NNNきょうの出来事』は同時ネットしなければならないため、番組開始までの時間を『巨人戦ハイライト』で穴埋めしていた。
    • フジテレビ系列のナイター中継を行う火曜・木曜も、23時が『NNNきょうの出来事』同時ネット枠のため、20時54分で飛び降り終了。この際、21時以降のフジテレビ系同時ネット番組はキー局よりも先行放送を行っていた。
    • このため、ナイター中継飛び降り終了時のみ、20時54分のニュースは通常の『NNNニューススポット』(土・日・月)・『FNNニュース』(火・木)から、自社制作版のモノに差し替えて放送されていた(この自社制作版差し替え編成はクロスネット時代のKTNも同様)。
    • クロスネット当時・1991年7月3日の水曜日に『島原救済緊急特別番組・夜のヒットスタジオスペシャル』(フジテレビ・21:00 - 23:30)が放送された[注 27]
    • 日テレ色の強い局でありながら、日曜21:00 - 22:30の日テレ系番組を、レギュラー放送においては一度も同時ネットしたことがないのも、九州地区の日テレ・フジ系列クロスネット局の中ではKTSのみである[注 28]
    • KKB開局直後、テレビ朝日系同時ネット枠のほとんどが日本テレビ系同時ネット枠へ交換されるも、『知られざる世界』・『巨泉のこんなモノいらない!?』・『知ってるつもり?!』などの良質な番組を輩出した、日本テレビ系プライムタイムの看板的存在でもある日曜21:00 - 22:30の同時ネットに関してはなぜか消極的で、以後の改編においてもその対象外となった[注 29][注 30]
    • 1985年春の改編以降も、日テレ系の番組を主体にネットしていたが、フジテレビ系平日12・13時台看板枠連続(『笑っていいとも!』・『ライオンのいただきます』→『ライオンのごきげんよう』・『東海テレビ制作昼の帯ドラマ』)ネットおよび、日曜21~22時台前半の番組同時ネットなど、随所にKTS独自のフジ色も表れていた[注釈 13][注 31]
    • フジテレビ系に関して、同時ネットができない番組は比較的多く時差ネットしていたが、逆に日本テレビ系の時差ネット番組は数本のみ(『グランド劇場』・『オシャレ30・30』・『ごちそうさま』など[注 32])に留められ、同時ネットの対象外番組は未放送、もしくはMBCがわずかながら番販放送を行っていた。

    1992年4月〜1992年9月

    編集
    • KKB開局直後から9年半もの間、ネット編成では日テレ色をかなり強調するも、クロスネット末期の2年間(1992年3月30日 - 1994年3月31日)のみ、日本テレビ系列番組大量打ち切りの措置(日本テレビからフジテレビへのネット変更)が各曜日の深夜番組を主体に取られたことにより、ネット比率が逆転し、フジテレビ系列の方が上回った。これは2年後の1994年4月1日のKYTの開局が確実となり、1994年4月以降のフジテレビシングルネット化へ向けての準備が進められたためである。
    • 1992年春の改編において、優先的にネットを結んできた日本テレビ系各番組のうち、ローカルセールス枠内で放送されていた『スポーツトレイン』・『EXテレビ』・『スーパージョッキー』の各番組が打ち切りとなった。
    • 金曜サスペンス劇場』と『全日本プロレス中継』の両番組は、1992年4月からMBCへ番組が移動し、それぞれ時差ネットにて1994年3月まで放送された。
    • その『EXテレビ』・『金曜サスペンス劇場』・『全日本プロレス中継』の終了枠で、『プロ野球ニュース』(フジテレビ)の放送を開始した(1992年3月30日から)。
    • 『プロ野球ニュース』は、番組開始当初から放送。1985年3月までは早朝に前夜放送分のモノを時差ネット。1985年4月の改編から1990年3月までの5年間は放送時間が大幅に減らされ、金曜と土曜の深夜のみ(金曜日は放送休止の場合あり)ネット。1990年4月〜1992年3月の2年間のみ放送を休止するも、開局から23年間続けてきた日本テレビ系の深夜番組放送枠廃止に伴い、1992年4月の改編からようやく全ての曜日で深夜放送が実現した。
    • 『スーパージョッキー』ネット打ち切り後には『ダウンタウンのごっつええ感じ』の遅れネットを開始 (1994年4月から最終回までは同時ネット) 。
    • 日テレ系の深夜番組枠廃止後も、日曜日の『NNNドキュメント』のみが残存。1992年4月5日〜1994年3月27日の2年間、引き続き放送が行われた。

    1992年10月〜1994年3月

    編集
    • 着々とフジテレビ系シングルネット化へ向けての準備が進む中、1992年春の改編同様、秋の改編においても、日本テレビ系の『吉本印天然素材』の放送を打ち切った。
    • また、番組開始からMBCが時差ネットにて放送していた『新伍&紳助のあぶない話』(関西テレビ)がKTSへ同時ネット(日曜22:00 - 22:30)で移動。この番組移動に伴い、フジテレビ日曜22:30 - 23:00の番組は、1985年4月の改編からMBCが時差ネットしていたが、これに伴い、KTSが『吉本印天然素材』の終了枠(日曜23:00 - 23:30、30分遅れの時差ネット)にて7年半ぶりに放送を復帰(いずれも1992年10月4日から)。このMBCからの番組移動を以って、KTSクロスネット最後の改編が終了し、フジテレビ系メインネットの体制へと完全に移行した。
    • 1992年10月4日~1994年3月27日、KTSの日曜22時台は『新伍&紳助のあぶない話』(フジテレビ)・『オシャレ30・30』(日本テレビ)の一社提供のトーク番組が2本続けて放送された(オシャレ30・30は、1週遅れの時差ネット)。これは全国の日テレ・フジ両系列局の中でも、KTSのみの編成である。
    • 1991年10月16日~1994年3月23日、水曜21時台には『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ[注 33]) 、木曜21時台には『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ)を同時ネットしていたため、21時台にとんねるずのレギュラー番組が2日連続で視聴できた[注 34]
    • また、土曜・日曜午後のスペシャル番組放送枠も、1992年10月3日~1994年3月27日は日本テレビ系列の番組を極力減らし、フジテレビ系主体(一部はテレビ東京系)に改編。『フジサンケイクラシック』・『FNSドキュメンタリー大賞』の他、プライムタイムに同時ネットできないスペシャル番組や全国のフジテレビ系列各局の自社制作番組などを放送。クロスネット最後の改編が終了した1992年10月以降は、フジテレビ系列をメインネットとするため、ローカルセールス枠も有効に活用し、フジテレビ系番組の放送時間を増加させた。また、この時間帯に『笑っていいとも!増刊号』が不定期放送されたこともある[注 35][注釈 14][注釈 15]
    • クロスネット最後の改編が終了した直後の1992年10月から、フジテレビ系列局のテレビ静岡(SUT)制作の『テレビ寺子屋』を一時期放送していた。また、土曜・日曜の午後にスペシャル版が放送されたこともある。現在は番組のネットが終了しており、KTSでは未放送。

    平日13時台

    編集
    • KTSは過去に平日13時台のテレビ朝日・日本テレビ・フジテレビ各系列の帯番組全てを同時ネットしたことがあるという、かつての全国上記各系列局の中でも非常に珍しい放送履歴を持っている。
    • 1982年10月1日のKKB開局に伴い、それまで放送されていた平日13時台のテレビ朝日系帯番組は、日本テレビ系列へとそっくりネット交換。このため、当時MBCで放送のフジテレビ系帯番組『ライオン奥様劇場』はKTSへの移動が行われず、引き続き最終回までMBCが遅れネットで放送し、後継番組の『ライオンのいただきます』を1987年10月2日放送分までネットした。
    • 1987年10月2日、この日本テレビ系帯番組が終了した(『ごちそうさま』を除く)のを機に、同年10月5日からフジテレビ系の帯番組が移動、同時ネットを開始。これにより、KTSの平日13時台はさらに日本テレビ系列からフジテレビ系列へと、実に2度もの系列番組をそっくりネット交換する改編が行われ、KTSの同時ネット枠の中では大変入れ替わりの激しい時間帯となった。
    • 『いただきます』がKTSへ移動してきた1987年10月以降、前身番組『ライオン奥様劇場』で放映されたいくつかの作品もKTSで再放送された。
    • これにより、1987年10月5日 - 1990年12月28日の3年3ヶ月、KTSでは日テレ・フジクロスネット局の中で唯一、平日の午後に『ライオンのいただきます』・『ごちそうさま』と、対極の意味を表す言葉がタイトルになっている番組を同一局でネットするという現象が起きていた[注釈 16][注釈 17]
    • 東海テレビ制作昼の帯ドラマ』は、かつて平日のドラマ再放送枠にて度々休止期間が入っての部分放送を行っていたが、この改編を機にようやく定期放送へと移行。これにより、同番組はフジテレビ系全局での同時ネット化を達成した。

    その他平日午後の帯番組

    編集
    • フジテレビ系お昼の看板番組でもある『笑っていいとも!』と『ライオンのいただきます』は、1987年10月2日まで、鹿児島県では放送局が異なり、前者がKTSでの同時ネットなのに対し、後者はMBCで同日時差ネットだった[注釈 18]
    • 1987年10月の平日13時台ネット交換以降、KTS未放送の『午後は○○おもいッきりテレビ』に内包された『ごちそうさま』は同時ネットができなくなり、半ば弾き出されるような形で時差ネットへと降格し、放送時間枠が移動され、その後も1988年10月からの放送時間の短縮により、数回、放送時間が変更された。放送時間は以下の通り。
      • 1987年10月5日[35] - 1988年9月30日[36]:14:00 - 14:15
      • 1988年10月3日[37] - 1990年3月30日[38]:14:00 - 14:10(10分枠に短縮のため)
      • 1990年4月2日[39] - 1993年9月30日[40]:14:45 - 14:55
      • 1993年10月1日[40] - 1994年3月31日[33]:15:35 - 15:45
    • KKB開局と同時に始まった日本テレビ系平日午後の帯番組放送枠は、開始時60分から終了時10分へと大幅に縮小された。なお、九州地区では『おもいッきりテレビ』内包後の『ごちそうさま』単独ネットをTBS系列の長崎放送(NBC)および、当時日テレ・フジ・テレ朝のトリプルネットだったテレビ大分(TOS)の2局が1988年9月30日をもって打ち切る中、KTSはその5年半後まで続けていた。
    • 1992年9月28日は、この3日後(1992年10月1日)に開局を控え、KTSが主要株主でもある『エフエム鹿児島』の詳細を解説する自社制作版スペシャル番組『ミューFMのすべて』を21:00 -21:30枠で放送[注 36]。『2時いろトーク』でも当番組の事前案内が行われた。
    • 日本テレビ系午後のワイドショー番組においては、その放送履歴が一度もない[注釈 19]。日テレ系の放送時間が比較的多いプライムタイムやニュースの編成とは対照的に、当該の放送枠に関しては開局からNNN・NNSを脱退するまでの25年間、最後まで一切ネットしない体制を貫いていた[注釈 20]
    • なお、KTSが1987年10月の改編時に平日13時台の同時ネット枠を日テレ系からフジ系にそっくり入れ替えたのも、同時期開始の『おもいッきりテレビ』をネットしない関係から取られた措置である。
    • 前項にて説明の通り、平日午後の帯番組も改編が行われるたびに系列枠が大きく変化を見せていた。以下はその編成概要:

    平日午後のネット変遷

    編集
    • ★ → 時差ネット
    • ◆ → 自社編成

    1981年4月1日当時(日テレ・フジ・テレ朝クロスネット末期)

    編集
    • フジ系・テレ朝系混合編成
      (フジ系66.7%・テレ朝系33.3%)
    月曜日〜金曜日
    12:00 フジ
    笑ってる場合ですよ!
    13:00 テレ朝
    シャボン玉プレゼント
    13:15 テレ朝
    徹子の部屋
    13:55 ミニ番組[41]
    14:00 コスモス[注釈 21][41]
    14:52 天気予報・ニュース
    15:00 フジ
    3時のあなた

    1984年10月1日当時(日テレ・フジクロスネット初期)

    編集
    • フジ系・日テレ系混合編成
      (フジ系67.6%・日テレ系32.4%)
    月曜日〜金曜日
    12:00 フジ
    笑っていいとも!
    13:00 日テレ
    ごちそうさま
    13:15 日テレ
    おしゃれ
    13:30 日テレ
    三枝の爆笑夫婦
    13:55 天気予報[42]
    14:00 フジ系ドラマの遅れネット枠[注釈 22][42]
    14:55 フジ
    FNN午後のニュース
    15:00 フジ
    3時のあなた

    1989年4月3日当時(日テレ・フジクロスネット中期)

    編集
    • フジ系・日テレ系混合編成(フジ系メイン)
      (フジ系86.0%・日テレ系14.0%)
    月曜日〜金曜日
    12:00 フジ
    笑っていいとも!
    13:00 フジ
    ライオンのいただきます
    13:30 フジ
    東海テレビ制作昼の帯ドラマ
    14:00 日テレ★
    ごちそうさま[43]
    14:10 番宣番組◆[43]
    14:15 日テレ★
    読売テレビ制作朝の連続ドラマ[43]
    14:40 インフォマーシャル◆[43]
    14:55 フジ
    FNN午後のニュース
    15:00 フジ
    タイム3

    1992年10月1日当時(日テレ・フジクロスネット末期)

    編集
    • フジ系・日テレ系混合編成(フジ系メイン)
      (フジ系94.9%・日テレ系5.1%)
    月曜日〜金曜日
    12:00 フジ
    笑っていいとも!
    13:00 フジ
    ライオンのごきげんよう
    13:30 フジ
    東海テレビ制作昼の帯ドラマ
    14:00 フジ
    FNN午後のニュース
    14:05 自社制作番組◆
    2時いろトーク[44][45]
    14:40 テレビショッピング◆[45]
    14:45 日テレ★
    ごちそうさま[45]
    14:55 番宣番組◆[45]
    15:00 フジ
    タイム3

    日曜18時台

    編集
    • クロスネット当時、日曜18:30〜19:00は『独占!!スポーツ情報』(日本テレビ)を番組開始当初から同時ネットしていたが、1985年4月の改編に伴い、同年3月31日をもって日本テレビ系日曜18時台の同時ネット枠を廃止。それに合わせ、フジテレビ系同時ネット枠を確保するも、スポンサー東芝)側の『鹿児島県のフジテレビ系列局はクロスネットが解消されるまでの期間中、MBCでの番販扱いを継続させる』旨の意向により、番組移動を断念。このため、やむなくフジテレビフルネット化されるまでの1985年4月7日〜1994年3月27日の9年間はフジテレビ系時差ネット枠に差し替え、『世界名作劇場』を放送し、同じフジ系アニメ番組による代替編成が組まれていた。
    • ただし、フジテレビ系『FNSの日』に該当する日曜日のみ、KTSで『サザエさん』の放送が行われた(この際、当時のネット局・MBCはこの日のみ放送を休止)。
    • なお、クロスネット末期の1992年秋(10月)・1993年春(3月)のスペシャルドラマ・サザエさん(フジテレビ)は、いずれも系列局のKTSが放送した(アニメ版とは番組スポンサーが異なり、KTSでの放送に支障は出ないため)。
    • また、『世界名作劇場』の放送は下記の通り、ネット改編が行われる度に時間が移動していた。
      • 土曜 19:00 - 19:30(1975年1月11日 - 1981年3月28日)
      • 金曜 19:00 - 19:30(1981年4月3日 - 1982年10月1日)
      • 木曜 19:00 - 19:30(1982年10月7日 - 1985年3月28日)
      • 日曜 18:30 - 19:00(1985年4月7日 - 1994年3月27日)
      • フジテレビシングルネット化完了後の1994年4月3日〜1997年3月23日は、日曜19:30〜20:00の同時ネット枠へ移動。
    • 『独占!!スポーツ情報』の打ち切りと同時に、九州地区クロスネット局の中で唯一KTSが行っていた『巨人戦先行放送』にも終止符が打たれ、KTSが持つ日テレ色の濃さも1985年4月以降は段階を踏んで、徐々に軽減されていく。
    • なお、1982年10月 - 1984年9月の2年間、鹿児島地区の木曜19時台前半枠はKTSが『世界名作劇場』を放送する一方、MBCが『サザエさん』を放送しており、両局ともに裏番組がフジ系列のアニメという現象が起きていた。

    補足

    編集
    • 現在の名物アナは、2007年平成19年)春まで『めざましテレビ』でおなじみだった小軽部こと坪内一樹である。フジテレビアナウンサーの軽部真一にそっくりなことから、軽部の夏休み中にピンチヒッターとして、蝶ネクタイ着用で出演することもあった(KTS向けの同番組のCMも出演、詳しくは坪内一樹の項を参照)。
    • NNNとのクロスネット時代に名物アナだった崎島誠は、『ズームイン!!朝!』の鹿児島キャスター担当当時、年中常に半袖着用(出張で冬の北海道からの中継があったときも)で出演していたため、視聴者から『崎島さんに何か着せてください』の要望があり、その後長袖も着用するようになった。
    • 関西テレビがKTSの主要株主という事もあり、クロスネット当時から、月曜22時台(『三枝の愛ラブ!爆笑クリニック』→『服部半蔵 影の軍団・幕末編』→『月曜22時台ドラマ』)や日曜21時・22時台前半(『花王名人劇場』→『花王ファミリースペシャル』・『新伍&紳助のあぶない話[注 37])など、同局制作の全国ネット版番組を九州地区の日テレ・フジ両系列局の中では、比較的多く同時ネットしていた。
    • 鹿児島読売テレビ開局の際、「読売新聞所有のKTS株と関西テレビ所有の福岡放送株とが交換される」という噂が流れたため、系列関係にない局の株の所有について波紋を広げた。
    • 鹿児島県出身で、タレントのはしのえみが10歳(小学校4年生)の頃にKTSののど自慢番組に出場したことがある(曲目は松田聖子の『Rock'n Rouge』。その後、はしのが出演したバラエティ番組で数回ほど映像が使用されている)。
    • 映画「LIMIT OF LOVE 海猿」(2006年(平成18年))に舞台となる大規模海難の地元放送局として作中に登場しており、また、実際のロケへの協力、またFNSとして制作社としても名を連ねている。
    • 開局40周年記念特別番組『南洲翁異聞〜おいどんは、丸腰・平和使節で韓国へ行く〜』は2008年(平成20年)2月18日深夜(19日未明)に関東地区フジテレビ)でも放送された。
    • フジテレビ系で土曜日の夕方に放送されている『ミュージックフェア』は、スポンサーである塩野義製薬シオノギヘルスケア)の推薦が得られていないためKTSではネットされていない(最南端のネット局はテレビくまもと)。現在のフジテレビ系列シングルネット局では、福島テレビとともにネットした経歴が存在しない。

    セイカ劇場

    編集

    セイカ食品は、「セイカ劇場」として30秒のコマーシャルをKTSにおいて日曜日に1回放送している。放送枠は2003年平成15年)の開始時にはこちら葛飾区亀有公園前派出所2005年(平成17年)から2006年(平成18年)9月まではワンピース、2006年(平成18年)10月から現在はサザエさんで、いずれもカウキャッチャーとなっている[注釈 23]2019年(平成31年/令和元年)からは「セイカのおいしい昔話」になり、新たな30秒アニメCMにリニューアルされた。

    コマーシャルの内容はセイカ食品の商品である、白くまボンタンアメ兵六餅にまつわる出来事や故事をアニメーションと語りで伝えるもの。「サザエさんも観てね」といった具合に、最後に次番組の案内を行うが、特別番組などでは「このあともKTS」となる。「セイカのおいしい昔話」にリニューアルされてからは、最後に次番組の案内を行わなくなっている。

    参考文献

    編集
    • 『鹿児島テレビ10年史』 鹿児島テレビ放送、1980年5月。
    • 『KTS Time Table(No.355)』 鹿児島テレビ放送、2009年4月。

    不祥事

    編集

    他局取材音声の無断使用

    編集

    「ゆうテレ」と「チャンネル8」で県内の男子新体操部を紹介する際に、他局が部活動監督につけたワイヤレスピンマイクの音声を無断で受信して放送に使用した。BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会において、電波法のみならず放送倫理としても著しく逸脱した行為であるとされた[46][47]

    脚注

    編集
    KTSのクロスネット編成における注釈
    1. ^ ただしテレビ長崎(KTN)はフジテレビと日本テレビ(NNS非加盟)の2系列のみ。1990年(平成2年)10月にフジテレビ系列フルネット局となり、半年後の1991年(平成3年)4月にNNN・NNS系列局の長崎国際テレビ(NIB)が開局した。
    2. ^ トリプルネット時代はNNSには非加盟。1982年(昭和57年)4月にNNN・NNS系列局のくまもと県民テレビ(KKT)が開局後はフジ・テレ朝のクロスネット局へと変更され、ANN系列局の熊本朝日放送(KAB)開局後の1989年(平成元年)10月以降はフジテレビ系列フルネット局となる。
    3. ^ 現:NST新潟総合テレビ。1981年(昭和56年)4月にNNN・NNS系列局のテレビ新潟(TNN→TeNY)が開局後はフジ・テレ朝のクロスネット局へと変更され、ANN系列局の新潟テレビ21(NT21→UX)開局後の1983年(昭和58年)10月以降はフジテレビ系列フルネット局となる。
    4. ^ 1993年(平成5年)10月にANN系列局の大分朝日放送(OAB)の開局に伴い、現在は日本テレビとフジテレビのクロスネット局。
    5. ^ 太陽にほえろ!』は1981年4月3日、『グランド劇場』は1981年4月4日から、いずれも同時ネットでKTSへ移動。
    6. ^ NNN6:30きょうのニュース』・『お笑いスター誕生!!』は1985年3月30日、『木曜ゴールデンドラマ』は1985年3月28日、『11PM』の金曜版は1985年3月29日、『NNN日曜夕刊』・『独占!!スポーツ情報』・『日曜サスペンス劇場』は1985年3月31日を以って打ち切り。なお、『日曜サスペンス劇場』は、1985年4月~1990年3月の5年間鹿児島県での放送を休止。1990年4月6日より『金曜サスペンス劇場』のタイトルにて放送が再開され、1992年3月27日まで金曜深夜(土曜未明)に時間が移動。
    7. ^ F』は1988年4月以降、日曜18:00〜18:30の時差ネット枠へと降格移動。
    8. ^ 以後2年間、鹿児島での放送はなし
    9. ^ EXテレビ』は1992年3月26日、『スポーツトレイン』と『金曜サスペンス劇場』は1992年3月27日、『スーパージョッキー』と『全日本プロレス中継』は1992年3月29日を以って打ち切り。なお、『EXテレビ』・『金曜サスペンス劇場』・『全日本プロレス中継』の終了枠は、1992年3月30日以降『プロ野球ニュース』の放送枠へと交換。
    10. ^ KTSの日曜23:00〜23:30は開局当初からローカルセールス枠のため、1992年9月まではフジ系と日テレ系の番組が相互に放送されていた。
    11. ^ a b 1981年10月から1988年3月まで、水曜19:30からのフジ系アニメ(『うる星やつら』 → 『めぞん一刻』 → 『F』)は30分前倒しして放送していた(当時の水曜19時30分からは日テレ系を同時ネットのため)。九州地区では、他にもテレビ長崎(KTN)が同様の編成を組んでいた。それ以前は、『スター千一夜』 + 『クイズグランプリ』をそれぞれ30分前倒しして放送していた。
    12. ^ 1982年4月当時の土曜19時台前半の通常は『トムとジェリー』を放送。但し、日本テレビでナイター中継および特別番組(『欽ちゃんの仮装大賞』や『24時間テレビ』など)を放送する場合は日テレ系同時ネット。
    13. ^ 但し、毎週水曜日のみ『クイズグランプリ』・『スター千一夜』ともに、30分前倒しネット。九州地区のクロスネット局では、テレビ長崎(KTN)も同様の編成を組んでいた。
    14. ^ a b c プロ野球の1983年シーズン以降、火曜19時台のフジ系時差ネット枠はナイター中継時のみ、フジ系同時ネット枠に差し替えられていた。
    15. ^ a b c プロ野球の1983年シーズン以降、月曜19時台のフジ系時差ネット枠はナイター中継時のみ、日テレ系同時ネット枠に差し替えられていた。
    16. ^ この回のネット改編で、当時本放送中の『Dr.スランプ アラレちゃん』がMBCから移動。
    17. ^ ただし、『Dr.スランプ アラレちゃん』はKTS移動後も最終回まで時差ネットにて放送(木曜17:25〜17:55)。
    18. ^ a b プロ野球の1988年シーズン以降、金曜19時台前半のフジ系時差ネット枠はナイター中継時のみ、日テレ系同時ネット枠に差し替えられていた。
    19. ^ 本来は前述の通りフジテレビ系同時ネット枠。
    20. ^ 一時期、前述の『全日本プロレス中継』と2つのプロレス中継をネットしており、『鹿児島テレビ10年史』においても、「プロレスもお家芸」と題し、特記事項とされた程の人気を誇った。
    21. ^ 火曜夕方に時差ネット
    22. ^ 九州地区の日テレ・フジ・NET→テレ朝のトリプルネット局(TKU・TOS・UMK・KTS)としては、TOS・UMKも『日曜洋画劇場』以外の番組については同様の措置を取っていた。また、『日曜洋画劇場』は、KTSのANN脱退から7年後、熊本朝日放送(KAB)開局前となる1989年9月まで、TKUでも同時ネットで放送された。
    23. ^ なお、福岡・佐賀両県以外の九州地区におけるテレ朝平日午前のワイドショー枠は、ANNフルネット局の長崎文化放送(NCC)が開局した1990年4月までANN加盟局の存在しなかった長崎県の長崎放送(NBC)も含めて、ANNフルネット局の開局前は一貫してTBS系列局で放送されていた。2024年現在もANNフルネット局が存在しない宮崎県でも、宮崎放送(MRT)が2009年3月に『スーパーモーニング』を打ち切るまで、この体制を貫いていた(現在は宮崎県では当枠は未放送)。
    24. ^ ちなみに、TOSは、九州地区のトリプルネット局(TKU・TOS・UMK・KTS)で唯一、開局当初から1993年9月まで平日12時台にテレ朝系のワイドショー番組を放送していた。
    25. ^ 当時の第1戦(土)と第2戦(日)がフジ系、第3戦(火)が日テレ系だったため。なお、大分県でも同様に1983年度のオールスターゲームは1試合も中継なし。
    26. ^ 1980年4月6日 - 1993年3月28日までの13年間、当時日本テレビ・テレビ朝日両系列のクロスネットだった山形放送(YBC)が日曜19:00 - 23:00をテレ朝同時ネット枠にしていたため、その影響で系列外ながらも同時間帯に放送されていた日テレ系番組を放送していた当時フジテレビ系列の山形テレビ(YTS)も、21時台はフジ同時ネットの関係で、KTS同様に飛び降り終了していた。この状況は1993年4月にYTSがテレビ朝日系列へとネットチェンジし、同時にYBCが日本テレビ系フルネット局に切り替わるまで続いた。
    27. ^ クロスネット当時、通常のKTS水曜プライムタイムは日本テレビ系同時ネット枠であるが、九州地区で起きた震災という事情から、この日(1991年7月3日)に限り、水曜21時・22時台をフジテレビ系同時ネット枠に差し替え(前述の年末時代劇スペシャル『田原坂』『奇兵隊』『勝海舟(いずれも後編)』のケースの逆パターン。本来同時ネットされるはずだった番組の振替放送の有無については不明)。当時水曜プライムタイムがテレビ朝日系同時ネット枠のTOSも含め、この日はフジテレビ系全27局が『島原救済緊急特別番組・夜のヒットスタジオスペシャル』を同時ネットした(ただし、クロスネット局のTOS・UMK・KTSは23時が『NNNきょうの出来事』同時ネットのため、22時54分にて飛び降り終了)。
    28. ^ ただし、1989年12月31日には、前述の通り、年末時代劇スペシャル『奇兵隊(後編)』を、21時以降も引き続き同時ネットで放送していた。
    29. ^ KTSの日曜21:00 - 22:30の歴代レギュラーネット番組は、『日曜洋画劇場テレビ朝日)』(1969年4月6日〜1982年9月26日)→『日曜サスペンス劇場(火曜サスペンス劇場日本テレビ)の5日遅れ時差ネット)』(1982年10月3日〜1985年3月31日)→『花王名人劇場花王ファミリースペシャル(いずれも関西テレビ)+フジテレビ系30分番組(アイ・アイゲームTVプレイバッククイズ!早くイッてよ新伍&紳助のあぶない話)』(1985年4月7日〜1994年3月27日)。
    30. ^ 知られざる世界』は、かつて日曜23:00〜23:30に週遅れの時差ネットにて放送されていたが、KKB開局に伴うネット改編のため、1982年9月26日限りで打ち切られた。『巨泉のこんなモノいらない!?』は、鹿児島県での放送は一度もなし。『知ってるつもり?!』は、MBCで1989年10月 - 1992年3月、度々休止期間が入る部分放送。なお、『オシャレ30・30』は1987年4月から日曜22:30 - 23:00に1週遅れの時差ネットを行っていた。
    31. ^ KTSの平日13時台フジテレビ系番組同時ネット開始は1987年10月5日から。また、1987年10月 - 1994年3月当時、日テレ・フジクロスネット局の中で平日12・13時台のフジテレビ系帯番組を同時ネットしていたのも、UMKとKTSの2局のみ。
    32. ^ グランド劇場』は1981年4月から1986年3月まで、『ごちそうさま』は1982年10月から1987年9月までKTSで同時ネットしていた。
    33. ^ 1994年4月から最終回まではKYTでネットされた。
    34. ^ 1993年10月以降のTOSでも、同様の編成となった。
    35. ^ ただし、1993年8月22日の日曜日のみ、この時間帯に日テレの『24時間テレビ』が特例として同時ネットされた。
    36. ^ 1992年9月28日は月曜日で、通常のKTS月曜21時台はフジ系同時ネット枠であるが、この日はキー局のフジテレビが『ものまね王座決定戦スペシャル』(19:00 - 21:24)を放送。当時KTSではクロスネットの関係上、同番組が同時ネットできないため、この日に限り月曜21:00 - 21:30枠を自社制作番組枠へ差し替え、『ミューFMのすべて』を放送。なお、KTSでの『ものまね王座決定戦スペシャル』は後日時差ネットで放送された。
    37. ^ 新伍&紳助のあぶない話』は番組開始当初、MBCが放送。放送時間の30分繰り上げに伴い、1992年10月4日から同番組がKTSへ移動し、同時ネットを開始。
    その他注釈
    1. ^ 当時の3局クロスネットのことをMBCは「複合局」と表現しているが、『MBC50年の軌跡』発刊時(2004年)には既に存在しない概念とされている。『KTS鹿児島テレビ50年史』では、「3キー局クロスネット」と表記している[2]
    2. ^ 社史『鹿児島テレビ10年史』(pp.128-129)では『ルーツ』の放送断念をクロスネット編成の弊害の一例として紹介した。一方で、『ルーツ』を放送したMBC自身も社史『生き生き25年 南日本放送のあゆみ』(1978年 p.36)で本番組の放送実績を特筆している。
    3. ^ なお、2013年3月25日に開局(2016年6月放送終了)の「ジャパン・モバイルキャスティング」鹿児島中継局の放送エリアも、錦江湾沿岸地域である[14]
    4. ^ 太陽にほえろ!』・『グランド劇場』両番組とも、KTS移動後にMBCが過去に放送した作品の一部を再放送。
    5. ^ MBCがかつて土曜13時台後半枠に遅れネットで放送していた『ぴったし カン・カンTBS)』を同時ネットに移行するため
    6. ^ MBCで本放送が終了した『銭形平次』や水曜19時台前半アニメ(『ドカベン』 → 『メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行』 → 『がんばれ元気』)などのフジテレビ系番組を再放送。
    7. ^ 但し、『銭形平次』の作品は全888回あるため、KTSでの再放送は一部のみ。
    8. ^ この改編は、当時日テレ・フジクロスネット局のテレビ長崎(KTN)も同様。
    9. ^ 1980年10月にNNN・ANNのクロスネット局として開局したテレビ信州(TSB)も、夕方はANNニュースをネットしていたため、KKB開局までの2年間はKTSと並んでANNの夕方のニュースをネットしていた。TSBはクロスネット時代はNNS非加盟だったが、1991年4月に長野朝日放送(abn)の開局で日本テレビ系フルネット局へと切り替わったため、NNSに加盟した。
    10. ^ なお、KYTはサービス放送期間中(1994年3月23日-31日)、朝・昼・夜のニュース番組をネットしていなかった。
    11. ^ a b 因みに、1982年4月当時のテレビ大分(TOS)では、上記のアニメ番組は時差ネット(当時はテレ朝系列の『水曜スペシャル』を同時ネット)。テレビ熊本(TKU)とテレビ宮崎(UMK)は、フジテレビ系同時ネット。
    12. ^ アントニオ猪木大木金太郎吉村道明出場の試合を中心に放送。
    13. ^ 1982年10月 - 1993年9月当時、日テレ・フジクロスネット局の中で『笑っていいとも!』を同時ネットしていたのは、UMKとKTSの2局のみ。
    14. ^ なお、フジテレビシングルネット化完了後の1994年4月2日以降、この時間帯はフジテレビ同時ネット(ローカルセールス)枠へ変更され、現在も継続中。
    15. ^ 笑っていいとも!増刊号』は最終的に定期放送化され、日曜10:00 - 11:45の同時ネットだった。
    16. ^ なお、当時日テレ・テレ朝クロスネット局の青森放送(RAB)・山口放送(KRY)の2局および、いずれも日テレ単独加盟局の山梨放送(YBS)・四国放送(JRT)・高知放送(RKC)の3局、フジテレビ系列単独加盟局の沖縄テレビ(OTV)でも、両番組を同一局でネットした放送履歴がある。
    17. ^ その後、RABは1991年10月、KRYは1993年10月にそれぞれテレ朝系新局の青森朝日放送(ABA)・山口朝日放送(yab)の開局により日本テレビ系フルネット局に移行したが、その一方で『いただきます』の後継番組である『ライオンのごきげんよう』の放送が打ち切られた。RKCは『ごきげんよう』を1997年3月まで放送し、同年4月以降はフジ系新局の高知さんさんテレビ(KSS)の開局により、同局へ放映権移行した。OTVは1988年9月30日まで『ごちそうさま』を放送していた。
    18. ^ 当時、FNSのみ加盟していた局も含めて、フジテレビ系列局の存在した地域において両番組の放送局が異なっていた地域としては、山口県も該当しており、『いいとも!』は1987年9月までFNSに加盟していた(JNN協定の関係から、ニュースネットワークはJNNのみの加盟で、FNNには非加盟)TBS系列のテレビ山口(tys。同年10月以降はTBS系フルネット局)が、『いただきます』は当時日テレ・テレ朝クロスネット局の山口放送(KRY)が、それぞれ当日時差ネットで放送していた。なお、大分県では当時、両番組ともTBS系列の大分放送(OBS)で当日時差ネットされていた。
    19. ^ お昼のワイドショー』→『午後は○○おもいッきりテレビ』・『酒井広のうわさのスタジオ』・『ワイドショー今』→『2時のワイドショー』→『Beアップル2時!』→『ザ・ワイド』・『芸能スクランブル!!』→『スクランブル3』→『キャッチ』→『ごくらく生テレビ』の各番組。
    20. ^ この体制は、現在もクロスネット局のTOS・UMKも同様。ちなみに、1990年9月まで日テレ・フジのクロスネット局だったKTNは、開局当初から平日12時台に日テレ系のワイドショー番組を放送していた。
    21. ^ 1981年4月9日からはフジ系ドラマの遅れネット枠(当日は『氷山のごとく』を放送)
    22. ^ 当日は『ふたりぼっち』を放送
    23. ^ サザエさんは2010年9月まで日清食品の前枠。
    出典
    1. ^ a b c d e f 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2023』コーケン出版、2023年11月30日、487頁。 
    2. ^ 鹿児島テレビ放送株式会社編『KTS鹿児島テレビ50年史 : 1968-2019 : 50th anniversary』鹿児島テレビ放送、2019年5月、25頁
    3. ^ 数値はKTSが紙媒体で発行している番組表(『KTS Time Table(No.355)』 2009年4月期)に記載された情報に基づく。
    4. ^ 映画『テレビで会えない芸人』”. 映画『テレビで会えない芸人』. 2022年6月29日閲覧。
    5. ^ 表彰番組・事績 | 一般社団法人 日本民間放送連盟”. j-ba.or.jp. 2022年6月29日閲覧。
    6. ^ hayashi. “第58回(2020年度)”. NPO法人 放送批評懇談会. 2022年6月29日閲覧。
    7. ^ 公益財団法人放送文化基金”. www.hbf.or.jp. 2022年6月29日閲覧。
    8. ^ FNSドキュメンタリー大賞”. フジテレビ. 2022年6月29日閲覧。
    9. ^ 2023年日本民間放送連盟賞 | 一般社団法人 日本民間放送連盟”. www.j-ba.or.jp. 2023年9月23日閲覧。
    10. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2021』コーケン出版、2021年12月10日、480頁。 
    11. ^ 『鹿児島テレビ10年史』pp.2-3
    12. ^ 『鹿児島テレビ10年史』pp.4-5
    13. ^ 『鹿児島テレビ10年史』pp.13-14, p.17
    14. ^ 『鹿児島テレビ10年史』223頁
    15. ^ 『鹿児島テレビ10年史』23頁。
    16. ^ 『南日本新聞』 1970年4月22日朝刊。
    17. ^ 『鹿児島テレビ10年史』27頁。「大隅」「末吉」も同様。
    18. ^ 『鹿児島テレビ10年史』54頁。
    19. ^ 『鹿児島テレビ10年史』28頁、216頁。
    20. ^ a b MBCアーカイブス「あの日のふるさと」 奄美に民放テレビ届く(1976)(南日本放送番組公式サイト) 2023年10月27日閲覧
    21. ^ 日本民間放送連盟『日本放送年鑑 昭和55年度』洋文社、1980年、512頁。 
    22. ^ 『鹿児島テレビ10年史』48頁。
    23. ^ 『鹿児島テレビ10年史』52頁。
    24. ^ 『鹿児島テレビ10年史』56頁。
    25. ^ 『鹿児島テレビ10年史』に寄せられたフジテレビ社長あいさつより(259頁)。
    26. ^ KTS鹿児島テレビ 2022年10月期基本番組表”. KTS鹿児島テレビ. 2022年11月25日閲覧。
    27. ^ 鹿児島テレビ放送株式会社編『KTS鹿児島テレビ50年史 : 1968-2019 : 50th anniversary』鹿児島テレビ放送、2019年5月、48頁、64頁
    28. ^ 『ザテレビジョン鹿児島・宮崎・沖縄版』1990年4月18日発売分
    29. ^ 『南日本新聞』1990年5月6日発行分内の7日テレビ欄、番組説明欄に新番組表記あり
    30. ^ 『南日本新聞』1993年9月23日発行分内の24日テレビ欄、『ザテレビジョン鹿児島・宮崎・大分版』1993年9月22日発売分
    31. ^ 鹿児島テレビ放送株式会社編『KTS鹿児島テレビ50年史 : 1968-2019 : 50th anniversary』鹿児島テレビ放送、2019年5月、348頁、370 - 371頁
    32. ^ 但し、制作会社、スタッフ、キャストは異なる
    33. ^ a b 『ザテレビジョン鹿児島・宮崎・大分版』1994年3月23日発売分
    34. ^ a b NHKウィークリーステラ全国アナウンサー名鑑
    35. ^ ザテレビジョン鹿児島・宮崎・沖縄版』1987年9月30日発売分
    36. ^ 『ザテレビジョン鹿児島・宮崎・沖縄版』1988年9月21日発売分
    37. ^ 『ザテレビジョン 鹿児島・宮崎・沖縄版』1988年9月28日発売分
    38. ^ 『ザテレビジョン鹿児島・宮崎・沖縄版』1990年3月21日発売分
    39. ^ 『ザテレビジョン鹿児島・宮崎・沖縄版』1990年3月28日発売分
    40. ^ a b 『ザテレビジョン鹿児島・宮崎・大分版』1993年9月22日発売分
    41. ^ a b 南日本新聞朝刊』1981年4月1日、8日、9日テレビ欄
    42. ^ a b 南日本新聞朝刊』1984年10月1日テレビ欄
    43. ^ a b c d ザテレビジョン鹿児島・宮崎・沖縄版』1989年3月29日発売分
    44. ^ 鹿児島テレビ放送株式会社編『KTS鹿児島テレビ50年史 : 1968-2019 : 50th anniversary』鹿児島テレビ放送、2019年5月、120頁
    45. ^ a b c d ザテレビジョン鹿児島・宮崎・沖縄版』1992年9月23日発売分
    46. ^ 第18号 | BPO | 放送倫理・番組向上機構 |”. www.bpo.gr.jp. 2022年5月10日閲覧。
    47. ^ BPO放送倫理検証委員会が、 鹿児島テレビ 「他局取材音声の無断使用」に関する意見を公表”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年5月10日閲覧。

    外部リンク

    編集