ミート・ザ・ペアレンツ

ミート・ザ・ペアレンツ
Meet the Parents
監督 ジェイ・ローチ
脚本 ジェームズ・ハーツフェルド
ジョン・ハンバーグ
製作 ジェイ・ローチ
ロバート・デ・ニーロ
ジェーン・ローゼンタール
ナンシー・テネンボーム
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
出演者 ロバート・デ・ニーロ
ベン・スティラー
音楽 ランディ・ニューマン
撮影 ピーター・ジェームズ
編集 ジョン・ポール
製作会社 ドリームワークス
ユニバーサル・ピクチャーズ
TriBeCa Productions
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年10月6日
日本の旗 2001年3月31日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $55,000,000[1]
興行収入 $166,244,045[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$330,444,045[1] 世界の旗
次作 ミート・ザ・ペアレンツ2
テンプレートを表示

ミート・ザ・ペアレンツ』(原題: Meet the Parents)は、2000年アメリカコメディ映画。続編に『ミート・ザ・ペアレンツ2』があり、コメディ映画では世界で最高の興行収入額を記録した[要出典]。監督・製作はジェイ・ローチ、主演はロバート・デ・ニーロベン・スティラー

目次

ストーリー編集

シカゴに住むグレッグ・フォッカーは、恋人のパムとの結婚を許してもらうため彼女の両親が住むニューヨークに向かうが、彼女の父親のジャックは手強い相手だった。ジャックは自分とは逆にグレッグが猫嫌いなことや彼の姓がファッカーに似ていることが気に入らず、またグレッグが麻薬SM道具を所持していると疑い彼を家から追い出してしまう。しかしパムがグレッグを本当に愛していることに気づいたジャックは彼を空港で引き止め、二人は結婚を認められる[2]

キャスト編集

ジャック・バーンズ
演 - ロバート・デ・ニーロ、日本語吹替 - 樋浦勉
パムの父。元CIA。疑い深い性格で、グレッグに対して冷たく当たる。飼い猫の「ジンクス」を溺愛している。
ゲイロード“グレッグ”・フォッカー
演 - ベン・スティラー、日本語吹替 - 平田広明
パムの恋人。男性看護師。なんとかジャックに気に入られようと奮闘する。名前が発音しにくいのか、バーンズ一家からは「ファッカー」と呼ばれる。
パメラ“パム”・バーンズ
演 - テリー・ポロ、日本語吹替 - 佐々木優子
グレッグの恋人。小学校教師。グレッグのことを心から愛している。
ディナ・バーンズ
演 - ブライス・ダナー、日本語吹替 - 野沢雅子
パムの母。夫とは違い、グレッグに対しても好意的。
デボラ“デビー”・バーンズ
演 - ニコル・デハッフ
パムの妹。結婚を間近に控えている。
デニー・バーンズ
演 - ジョン・エイブラハムズ、日本語吹替 - 草尾毅
パムの弟。実は隠れてマリファナを愛用している。
ケヴィン・ローリー
演 - オーウェン・ウィルソン、日本語吹替 - 横堀悦夫
パムの元フィアンセ。資産家で大工仕事が趣味。まだパムに対して未練がある。
ロバート“ボブ”・バンクス
演 - トーマス・マッカーシー
デビーのフィアンセ。医師。
ラリー・バンクス
演 - ジェームズ・レブホーン、日本語吹替 - 佐々木敏
ボブの父。有名な医師。皮肉家。
リンダ・バンクス
演 - フィリス・ジョージ
ボブの母。

出典編集

  1. ^ a b c Meet the Parents (2000)” (英語). Box Office Mojo. 2010年6月25日閲覧。
  2. ^ ミート・ザ・ペアレンツ”. KINENOTE. 2014年2月3日閲覧。

外部リンク編集