ムッちゃんの詩』(むっちゃんのうた)は、1982年に出版された中尾町子による太平洋戦争の実体験に基づく児童文学作品、及び、同書を原作とする映画作品。

ムッちゃんの詩
著者 中尾町子
発行日 1982年(昭和57年)10月
発行元 みき書房
日本国
言語 日本語
ページ数 205p.
コード ISBN 978-4895210867
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

著者の体験をもとに、太平洋戦争の終戦間近に疎開先の大分市で出会った睦子(ムッちゃん)という孤児の少女が、結核に冒され、防空壕に隔離されて終戦も知らされずに息をひきとるまでを描いた作品。

1977年に作者が投稿した手記が毎日新聞に掲載されたことをきっかけとして、ムッちゃんという少女の存在が世に知られるようになった[1]。その後、1982年1月に兵庫県神戸市の高校生が劇化して上演した記事を掲載すると、ある家族から「記念像を建ててほしい」と毎日新聞に寄付金が寄せられ、それをきっかけとして全国から寄付金が寄せられた[1]。同年に児童文学作品としてまとめられて出版され、1985年に映画化もされている。映画の制作会社は関西共同映画社。

舞台となった大分市にある平和市民公園のわんぱく広場には、1983年8月に村上炳人作のムッちゃん平和像が立てられ、毎年8月中旬にはムッちゃん平和祭が開催されている。また、京都市北区にある立命館大学国際平和ミュージアムには、ムッちゃん平和像の原像が展示されている[2]

映画版編集

空襲で孤独になり、疎開先で結核に冒された少女が隔離され、息をひきとるまでを描く。中尾町子の戦争体験手記を小森名津が脚本化。監督は「翼を心につけて」の堀川弘通、撮影は林淳一郎がそれぞれ担当。

スタッフ編集

キャスト編集

朗読ミュージカル編集

京町主宰 サイランゲージによる朗読ミュージカル

上演日:2019年7月24日~26日、場所:汐留サイドグラディート汐留2F

スタッフ

  • 監修 - 中尾町子
  • 企画・脚本 - 京町
  • 音楽 - 牛島心人
  • ステージング,振り付け - リーズ・チャン
  • 手話監修 - RIMI(手話パフォーマー)
  • 短歌指導 - 大越陽

キャスト

  • 田中結 - 山下睦子(ムッちゃん)

関連書籍等編集

  • 中尾町子 原案 ; 中川正文 文 ; 四国五郎 絵.ムッちゃん京都,山口書店,1982年(昭和57年)12月,40p.,ISBN 978-4-8411-1700-4
  • 関西共同映画社.ムッちゃんの詩 : シナリオ東京,水曜社,1985年(昭和60年)4月,157p.
  • 岡田陽;佐野正之.みんなで創る英語劇:3.東京,玉川大学出版部,1987年(昭和62年)6月,161p.,ISBN 978-4-472-12691-8
  • 中尾町子;福井逸治.ムッちゃんに導かれて : 主婦と記者が歩んだ平和への旅.東京,みき書房,1994年平成6年)8月,244p.,ISBN 978-4895212755
  • 中尾町子;福井逸治.ムッちゃんに導かれて : 主婦と記者が歩んだ平和への旅.パーソナルケア,244p.,ISBN 978-4894930179
  • 福井逸治.ムッちゃんに学ぶ「戦争と平和」.東京,近代文芸社,2003年(平成15年)8月,235p.,ISBN 978-4-7733-7078-2

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『毎日新聞』1982年5月12日付夕刊、3面。
  2. ^ その他 | 館内紹介 | 立命館大学 国際平和ミュージアム

外部リンク編集