メインメニューを開く

高林由紀子

高林 由紀子(たかばやし ゆきこ、1945年12月10日[1][2] - )は、日本女優。本名、浅妻 由紀子[1]。旧姓名は芸名と同じ[3]。別名義、林 千鶴(はやし ちづる)[2][3]

たかばやし ゆきこ
高林 由紀子
本名 浅妻 由紀子
別名義 林 千鶴
生年月日 (1945-12-10) 1945年12月10日(73歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
ジャンル 女優
活動期間 1964年 -
活動内容 映画テレビドラマ舞台CM
所属劇団 演劇集団 円1975年 - )
事務所 円企画
公式サイト 公式プロフィール

東京都出身[1][2][3]実践女子学園高等学校卒業[1][2][3]演劇集団 円所属[1]

目次

来歴・人物編集

1964年、高校卒業とともに大映東京撮影所演技研究所に入所[2][3]

研修期間を経て、同年の大映映画『十七才は一度だけ』に林 千鶴の芸名でデビュー[2][3]1965年の映画『夜の勲章』で田宮二郎の相手役を演じたほか、同年のテレビドラマ『てっぺん野郎』(TBS)にレギュラー出演するが[3]1966年舞台女優を目指して大映を退社[2]

その後、芸名を本名に改めて劇団雲の準団員となり、1969年の『わが命つきるとも』で初舞台[2]

1970年には、アクションドラマ『ヤングアクション プロフェッショナル』(TBS)にメンバーの紅一点役でレギュラー出演。当時の紹介記事では「話があった時は抵抗ありましたが、アクションで相手に怪我をさせないようにするのが難しいです。でも、アクションが決まった時は楽しいです」と述べている[4]

1975年演劇集団 円創立に参加[2]

舞台出演のほか、テレビドラマや昼ドラにも多く出演している[2]

また、海外ドラマチャーリーズ・エンジェル』では、主人公のひとり・サブリナの吹き替えも担当していた。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

林千鶴 名義編集

  • 十七才は一度だけ(1964年、大映)‐ 女子高生
  • 夜の勲章(1965年、大映)
  • 座頭市地獄旅(1965年、大映)‐ 佐川粂
  • 酔いどれ博士(1966年、大映)‐ 時子

高林由紀子 名義編集

  • 二十歳の原点(1973年、東宝)‐ 高野芳子
  • 朝やけの詩(1973年、東宝)
  • ムッちゃんの詩(1985年、関西共同映画社)‐ ムツちゃんの母
  • 玄海つれづれ節(1986年、東映
  • 鹿鳴館(1986年、MARUGEN‐FILM・東宝)‐ 梅子

テレビアニメ編集

吹き替え編集

バラエティー番組編集

CM編集

舞台編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『日本タレント名鑑2017』 VIPタイムズ社、2017年、613頁。ISBN 978-4904674086
  2. ^ a b c d e f g h i j 『日本映画俳優全集 女優編』 キネマ旬報社〈キネマ旬報増刊〉、1980年12月31日、400頁。
  3. ^ a b c d e f g 『福島民報』1965年11月1日付朝刊、13面。
  4. ^ 『福島民報』1970年2月19日付夕刊、2面。

外部リンク編集