メインメニューを開く

佐藤 万理(さとう まり、1959年1月8日[2] - )は、日本の元女優。本名は同じ[2]。母親は女優いまむらいづみ[3]

さとう まり
佐藤 万理
本名 佐藤 万理
別名義 佐藤 萬里
生年月日 (1959-01-08) 1959年1月8日(60歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 153 cm[1]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
著名な家族 いまむらいづみ(母)
主な作品
テレビドラマ
『おりん』
テンプレートを表示

東京都出身[2]東京都立荻窪高等学校卒業[2]前進座映画放送部に所属していた[4]

来歴・人物編集

6歳のときに前進座の舞台『シーボルト物語』でデビュー。その後、佐藤萬里の名前で、NHK大河ドラマ天と地と』などの出演を経て、1972年のNHKドラマ『天下御免』に、林隆三が演じる小野右京之介につきまとう娘・ケヤキ役でレギュラー出演する。当時の紹介記事では、『天下御免』が学校内で人気があったため、出演できてとてもうれしいと語っている[3]

中学から高校までは芸能活動を休止して学業に専念する[4]。高校卒業後は前進座映画放送部所属となり、1979年、TBSポーラテレビ小説『おりん』でヒロイン役を演じる[2]。『おりん』出演以前にもポーラテレビ小説のオーディションに2回落ちていたため『おりん』当時の紹介記事では最後のチャンスだと思ってオーディションに臨んだと述べている[4]

『おりん』終了後もテレビドラマを中心に活動した。

1986年NHK教育の『ドイツ語講座』に、当時大学生の弟とともにアシスタントとして出演。出演のきっかけは、音楽旅行番組で西ドイツに行ったことがきっかけで、ドイツ語学校に1年間通い、ドイツ語学校のクリスマスパーティーで番組関係者と知り合ったことからであった[2]

特技は、日本舞踊[2]。『天下御免』出演当時は、日舞以外に三味線長唄なども習っていた[3]

出演編集

テレビドラマ編集

その他のテレビ番組編集

  • ドイツ語講座(1986年、NHK教育) - アシスタント

映画編集

舞台編集

  • シーボルト物語 ※デビュー作

脚注編集

  1. ^ 福島民報』1979年10月22日付夕刊、4面。
  2. ^ a b c d e f g 『福島民報』1986年10月23日付朝刊、20面。
  3. ^ a b c 『福島民報』1972年7月2日付朝刊、8面。
  4. ^ a b c 『福島民報』1979年10月10日付朝刊、10面。