メイッティーラMeiktila)は、ミャンマーの都市である。ミャンマー中部のマンダレー地方域にあり、メイッティーラ湖のほとりに位置する。古くから交通の要衝であり、ヤンゴンマンダレーを結ぶバスがこの町を通る。メークテラ、メイクテラ、メティラとも表記される。人口は2014年時点で約30.9万人。

メイッティーラ
မိတ္ထီလာမြို့
Meiktila, Myanmar.jpg
位置
メイッティーラの位置(ミャンマー内)
メイッティーラ
メイッティーラ
メイッティーラ (ミャンマー)
メイッティーラの位置(東南アジア内)
メイッティーラ
メイッティーラ
メイッティーラ (東南アジア)
座標 : 北緯20度53分 東経95度53分 / 北緯20.883度 東経95.883度 / 20.883; 95.883
行政
ミャンマーの旗 ミャンマー
 地方域 マンダレー地方域の旗 マンダレー地方域
 市 メイッティーラ
その他
等時帯 ミャンマー標準時 (UTC+6:30)

歴史編集

 
防空壕に住むビルマ人家族がイギリス兵と茶を飲んでいる(1945年3月10日)

メイッティーラという地名は古代インドに栄えたミシラ王国から来ている。

11世紀19世紀にかけて、この地域にはミャンマー中央乾燥地域を故郷に持つビルマ人の王朝が続いた。

1885年コンバウン王朝イギリスに第三次英緬戦争で敗北した。ビルマ全土がイギリスの植民地となり、英領インドに併合された。

1945年日本軍とイギリス軍がイラワジ会戦を行い、イギリスが勝利した。

1948年ビルマ連邦がイギリスから独立した。メイッティーラではカレン族の反乱が起きた。

2013年3月22日、反ムスリム暴動が発生し、何十人もが殺害され、1.2万人以上が家を追い出され、非常事態宣言が出された。[1][2][3]。 暴動は国内のオクフォギョビンガウクに飛び火した。 [4]

地理編集

メイッティーラ地方はミャンマーの中央乾燥地帯にある地区の中で最も東に位置する[5]ウォンドウィン英語版ミンジャンヤメティン英語版の間にあり、東側はシャン州に接している。この地域の最大の特徴は、人工的な灌漑・貯水池で長さが7マイル (11 km)、幅が0.5マイル (0.80 km)あるメイッティーラ湖英語版である[5]。モンダイダムは湖に水を供給している。

気候編集

メイッティーラはサバナ気候ケッペンの気候区分 Aw)である。気温は一年を通して非常に高い。モンスーン前の月(3月から5月)は特に暑く、平均最高気温は36 °C (97 °F)前後になる。冬の乾期(11月から4月)と夏の雨期(5月から10月)がある。

Meiktila (1981–2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F 29.9
(85.8)
33.0
(91.4)
36.5
(97.7)
38.4
(101.1)
36.0
(96.8)
33.0
(91.4)
32.7
(90.9)
32.3
(90.1)
32.7
(90.9)
32.5
(90.5)
29.6
(85.3)
28.8
(83.8)
33.0
(91.4)
平均最低気温 °C°F 14.6
(58.3)
16.7
(62.1)
21.1
(70)
25.0
(77)
25.2
(77.4)
24.6
(76.3)
24.4
(75.9)
24.3
(75.7)
24.2
(75.6)
23.4
(74.1)
20.0
(68)
16.0
(60.8)
21.6
(70.9)
雨量 mm (inch) 2.3
(0.091)
1.8
(0.071)
10.0
(0.394)
25.5
(1.004)
126.4
(4.976)
103.8
(4.087)
75.4
(2.969)
121.0
(4.764)
150.6
(5.929)
147.4
(5.803)
41.5
(1.634)
7.2
(0.283)
812.9
(32.004)
出典:ノルウェー気象学研究所英語版[6]

文化編集

市内にある有名な仏塔は、シュウェミンティン(Shwemyintin)、シュウェインミー(Shweyinmi、アサ・フテートネシント asa Hteethonesint)、ナガヨン英語版(Nagayon)、イェレ(Yele)、スタウンピイ(Sutaung Pyi,)、フパウン・ドー・ウ・パゴダ英語版(Hpaung Daw U Pagoda)、パウンダウー(Phaungdawoo)である。

教育編集

メイッティーラには国立のミャンマー航空宇宙工業大学英語版、およびメイッティーラ大学、メイッティーラ経済大学英語版メイッティーラコンピュータ大学英語版メイッティーラ科学技術大学英語版、メイッティーラ教育大学などの地方大学がある。

市内にある6つの公立基礎教育高校英語版のうち、メイッティーラ第1基礎教育高校英語版が最も競争率が高いと考えられている[要出典]

編集

メイッティーラには以下に記す2つのミャンマー空軍英語版の空軍基地がある。

  • メイッティーラ空軍基地および中央司令部の本拠地
  • シャンテ空軍基地 - メイッティーラ北部のピータールヤール(Pyitharyar)に位置する

宗教問題編集

仏教徒の多いミャンマーであるが、メイッティーラの人口約31万人のうち約3万人がイスラム教徒であると推定されている。20世紀後半の軍事政権時代には、宗教上の対立は問題視されてこなかったが、2012年にラカイン州で宗教対立が表面化すると(ラカイン州暴動 (2012年)英語版)、メイッティーラにも波及。イスラム教徒の居住地が破壊され、衛星写真からも確認される規模となった。一連の衝突により43人以上が死亡した[7]

ギャラリー編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ State of emergency imposed in Meiktila
  2. ^ [1]
  3. ^ “ミャンマー中部で仏教徒とイスラム教徒が衝突、非常事態を宣言”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年3月22日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2935184/10478177 2013年3月24日閲覧。 
  4. ^ http://www.economist.com/news/asia/21574506-sectarian-violence-was-not-supposed-be-part-myanmars-bright-new-direction-when-lid-blows Communal violence in Myanmar: When the lid blows off
  5. ^ a b Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Meiktila" . Encyclopædia Britannica (英語). 18 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 82–83.
  6. ^ Myanmar Climate Report”. Norwegian Meteorological Institute. pp. 23–36. 2018年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月1日閲覧。
  7. ^ “ミャンマーの破壊された市街地、宗教間衝突の爪痕”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年4月1日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2936647/10524897 2013年4月8日閲覧。