モントリオール・ミラベル国際空港

モントリオール・ミラベル国際空港(モントリオール・ミラベルこくさいくうこう、: Montreal-Mirabel International Airport: Aéroport international Montréal-Mirabel)は、カナダケベック州ミラベル市にある貨物便及びチャーター機専用の国際空港である。モントリオール市街地から北西35kmの距離、モントリオール・トルドー国際空港から47km北西の距離に位置する。

モントリオール・ミラベル国際空港
Aéroport international Montréal-Mirabel
Mirabelarptnasa.jpg
IATA: YMX - ICAO: CYMX
概要
国・地域 カナダの旗 カナダ
所在地 ケベック州ミラベル
母都市 モントリオール
種類 公共
所有者 Transport Canada[1]
運営者 Aéroports de Montréal
標高 82 m (270 ft)
座標 北緯45度40分50秒 西経74度2分19秒 / 北緯45.68056度 西経74.03861度 / 45.68056; -74.03861座標: 北緯45度40分50秒 西経74度2分19秒 / 北緯45.68056度 西経74.03861度 / 45.68056; -74.03861
公式サイト www.admtl.com
地図
ケベック州の位置図
ケベック州の位置図
CYMX
ケベック州の位置図
滑走路
方向 長さ (m) 表面
06/24 3,658 コンクリート
11/29 2,698 コンクリート
統計(2009年)
発着回数 27,225回
出典: Canada Flight Supplement
発着回数は Statistics Canada より[2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示


概要編集

もともとピエール・トルドー(Pierre Trudeau)首相による連邦政府のプロジェクトとして、従来よりドルバル(Dorval)にあったモントリオール・トルドー空港(Montreal-Trudeau(Dorval)International Airport、かつては「ドルバル空港」と呼ばれた)を置き換えるために1975年に開港し、モントリオールの国際線の主要空港として機能した。特に1976年のモントリオールオリンピックに合わせて急遽開港した。

しかしその後、航続距離の長いボーイング747型機やマクドネル・ダグラス DC-10型機の就航を受けて、大西洋横断飛行の際のテクニカルランディング(給油)ニーズが減少したことと、市内により近いドルバル空港の容量問題が解決したことによって、2004年10月より貨物便及びチャーター機のみの利用となっている。 当初は成田国際空港の約50倍近い約3万7000ヘクタールの面積を持つ巨大空港となる予定だったが、建設は中断された。残されたターミナルも維持費がかかり過ぎることから2014年には廃止されることが決定し[3]、取り壊されている。

ターミナル解体後、東側ランプエリア一部は2011年からCircuit ICAR自動車レース場として設定され一部誘導路も閉鎖されていて、設置以降数回NASCAR カナダのレースなどが実施されている。また、更に東側にはボンバルディアCRJ製造ラインあるが2020年同事業は三菱重工売却され残った製造ラインは同年度中に残った受注引き渡しをもって閉鎖が決まっているがエアバスと合弁でA220を製造、販売するエアバス・カナダがA220製造ラインを存続させている。 空港西側に貨物ターミナルがあり、UPSFEDEXDHLなど航空貨物大手などが乗り入れていて、空港東側のランプエリアが構造上広大でアントノフAn-225なども運用可能なこともあり、近年同空港飛来機の多くはこうした貨物機が増えている。更に西側には航空機エンジンメーカープラット・アンド・ホイットニー・カナダのMirabel Aerospace Centreが研究・製造ラインとして設置され空港としてそれなりの価値を見いだしている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Airport Divestiture Status Report”. Tc.gc.ca (2011年1月12日). 2011年2月23日閲覧。
  2. ^ Total aircraft movements by class of operation — NAV CANADA flight service stations”. Statcan.gc.ca (2010年3月12日). 2011年2月23日閲覧。
  3. ^ Montreal's abandoned Mirabel Airport too costly to repurposeCTVテレビジョンネットワーク 2014年8月20日 2019年2月17日閲覧)

外部リンク編集