メインメニューを開く

株式会社ヤサカバス(やさかバス)は、京都市洛西地区および醍醐地区、向日市において事業を展開する路線バス事業者。

株式会社ヤサカバス
Yasaka Bus Co.Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
615-0047
京都府京都市右京区西院六反田町10番地
設立 2002年12月2日
業種 陸運業
法人番号 6130001024574
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役社長 粂田晃稔
資本金 7000万円
従業員数 45名
主要株主 彌榮自動車株式会社 100%
外部リンク http://www.yasakabus.com/
テンプレートを表示

概要編集

京都府京都市右京区に本社を置く、ヤサカグループの子会社である。2002年改正道路運送法施行による規制緩和に伴い2003年1月14日、路線バス事業に新規参入を果たした。

従来、京都市西京区の洛西ニュータウンおよび桂坂地区からJR京都線方面へのアクセスは京都市交通局京阪京都交通(当時は京都交通)などが運行する京都駅までのバス路線が主力であったが、1時間ほどの所要時間があった。より近いJR向日町駅への路線バスの要望は強かったが、同駅所在地が向日市であるため京都市交通局は路線が開設しにくい状態にあった[1][2]。ヤサカバスの参入により、これらの地区から向日町駅へのアクセスが大幅に増強された。

また、2003年3月に開業した阪急京都本線洛西口駅から洛西ニュータウン地区へのアクセス路線への参入という性格も強い。2008年10月18日のJR京都線桂川駅開業に伴い全路線が同駅にも乗り入れ、一部のバスは同駅止まりとなった。

開業以来の路線バス事業に加えて、2007年春より貸切バス事業にも参入しており、グループ内の貸切事業者であるヤサカ観光バスが保有しない、小型貸切バスの運行を行っている。

系統編集

各系統番号において「1A」「2A」などAがつくものはJR向日町行き、そうでないものはJR桂川駅前行きを表す。また同様にSがつくものは短縮路線を表す。

  • 1・1A号系統 JR向日町・JR桂川駅前から境谷大橋経由桂坂方面
    • JR向日町 - JR桂川駅前 - 洛西口駅前 - 物集女 - 境谷大橋 - 新林池公園 - 国道沓掛口 - 桂坂口 - 西桂坂 - 桂坂小学校前 - 峰ヶ堂町一丁目 - 桂坂中央
  • 2・2A・2S号系統 JR向日町・JR桂川駅前から竹の里循環内回り (2Sは循環後北福西町一丁目止まり)
    • JR向日町→JR桂川駅前→洛西口駅前→物集女→境谷大橋→西竹の里町→福西竹の里→洛西大橋→物集女→洛西口駅前→JR桂川駅前→JR向日町
  • 3・3A号系統 JR向日町・JR桂川駅前から竹の里循環外回り
    • JR向日町→JR桂川駅前→洛西口駅前→物集女→洛西大橋→福西竹の里→西竹の里町→境谷大橋→物集女→洛西口駅前→JR桂川駅前→JR向日町
  • (廃止路線)4A号系統 桂坂中央発洛西高校経由JR桂川駅前・JR向日町行き (平日朝1便のみ運行)
    • 桂坂中央→桂坂小学校前→西桂坂→桂坂口→新林センター前→西竹の里町→福西竹の里→洛西大橋→物集女→洛西口駅前→JR桂川駅前→JR向日町
  • 6・6S号系統 JR桂川駅前から三ノ宮街道経由桂坂方面 (6Sは花の舞公園から西桂坂を経由せず桂坂中央行き)
    • 桂坂方面 JR桂川駅前→洛西口駅前→物集女→史跡公園前→三ノ宮街道→京大桂キャンパス前→桂坂小学校前→西桂坂→桂坂中央
    • JR桂川駅前方面
      • ラッシュ時 桂坂中央→東桂坂→桂イノベーションパーク前→三ノ宮街道→史跡公園前→物集女→洛西口駅前→JR桂川駅前
      • 昼間時間帯〜最終まで 桂坂中央→西桂坂→桂坂小学校前→京大桂キャンパス→三ノ宮街道→史跡公園前→物集女→洛西口駅前→JR桂川駅前
  • 7号系統 JR桂川駅前から新林循環内回り
    • JR桂川駅前→洛西口駅前→物集女→東新林町→新林池公園→境谷大橋→物集女→洛西口駅前→JR桂川駅前
  • 8・8S号系統 JR桂川駅前から新林循環外回り (8Sは循環後東新林町止まり)
    • JR桂川駅前→洛西口駅前→物集女→境谷大橋→新林池公園→東新林町→物集女→洛西口駅前→JR桂川駅前
  • 臨時(臨) JR向日町から京都明徳高校前
    • JR向日町 - JR桂川駅前 - 洛西口駅前 - 物集女 - 京都明徳高校前
  • その他

なお、車庫は南区上鳥羽(伏見区との境界線付近)にあるため、バスは長距離の回送となる。そのため中久世一丁目付近に操車場が設けられている。

乗車券類編集

ヤサカバスはスルッとKANSAIには加盟しておらず、独自の乗車カードも発行していない。ただし京都市域バス共通回数券は利用できる。

  • 回数券
    • 150-280円券、11枚綴り10枚相当額。バス車内およびラクセーヌ(洛西バスターミナル内)2階インフォメーション・ラクセーヌ商店会事務所・ヤサカバス上鳥羽営業センター、ヤサカバス回数券発売所の看板のあるお店等で購入できる。
    • ヤサカバス得割回数券
      • 190円券19枚綴り3000円
      • 240円券24枚綴り5000円
    • 京都市域バス共通回数券。ただし同券は260円券までしかないため、280円区間においては140円券を2枚使用するか現金を併用する必要がある。また、均一区間内に路線が存在しないため、昼間割引回数券は利用できない。
    • 障害者用半額回数券
  • 定期券
    • 通勤定期(基準運賃ごとに1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月)
    • 通学定期(基準運賃ごとに1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月) 
    ジャスト定期券制度 通勤定期・通学定期(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月)に1日-29日の任意の日数を追加するもの。最長6ヶ月と29日まで発売可能。追加期間も定期券の割引率を適用(2010年5月10日発売開始)。
    • 学期定期(基準運賃ごとに1学期〈4月-7月〉・2学期〈9月-12月〉・3学期〈1月-3月〉)
    これらの定期券は、ラクセーヌ2階インフォメーション・ラクセーヌ商店会事務所、ヤサカバス上鳥羽営業センターで、発売している。
    • JR連絡定期券(JR西日本の各駅とヤサカバスの各地区との間で1枚の磁気定期券として発行可能。ヤサカバスの定期区間に対し割引が適用される、こちらは、JR西日本の各駅のみどりの窓口で購入する。ICOCA定期券としては発行できない。)

バスの車両編集

ヤサカバスの路線車はいすゞ自動車日野自動車製(いずれも、ボディは、I-BUS・J-BUS(ジェイ・バス)製)がある。また、グループの観光バスは前記2社に加え三菱ふそうトラック・バス製もいるが、ふそう車は京都・大阪地区のみに配属されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 京都市経済企画課広報誌「ベーシック」34号(2004年5月号)より
  2. ^ ただし京都市営バスは一部長岡京市内までの路線を設定している。

関連項目編集

外部リンク編集