メインメニューを開く

ユシロ化学工業株式会社(ユシロかがくこうぎょう、: YUSHIRO CHEMICAL INDUSTRY CO.,LTD.)は、切削油潤滑剤などの金属加工油剤、およびワックス洗剤などのビルメンテナンス用品の製造を行う企業。本社を東京都大田区に置く。

ユシロ化学工業株式会社
YUSHIRO CHEMICAL INDUSTRY CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 5013
1985-10上場
東証1部 5013
2005-3上場
本社所在地 日本の旗 日本
146-8510
東京都大田区千鳥2-34-16
設立 1944年7月24日
業種 石油・石炭製品
法人番号 2010801012307
事業内容 金属加工油剤、ビルメンテナンス用品の製造
代表者 大胡 栄一(代表取締役社長)
資本金 42億4900万円(連結)
発行済株式総数 1520万65株
売上高 24217百万円/16335百万円
営業利益 881百万円/208百万円
経常利益 1615百万円/836百万円
純利益 1052百万円/722百万円
純資産 22816百万円/16892百万円
総資産 31234百万円/24071百万円
決算期 3月末日
会計監査人 新日本有限責任監査法人
主要株主 日本生命保険相互会社(7.78%)
ユシロ化学工業取引先持株会(6.25%)
主要子会社 ユシロ運送株式会社
ユシロ・ゼネラルサービス株式会社
外部リンク https://www.yushiro.co.jp/
特記事項:財務データは2013年3月期決算短信より、連結/単体
テンプレートを表示

主な製品編集

金属加工油剤編集

ビルメンテナンス用品編集

  • 床用ワックス
  • トイレ・浴槽・カーペット・工場床用洗浄剤
  • ガム取り剤

沿革編集

  • 1944年7月 - 創業者森本貫一が大阪府大阪市城東区にユシロ化学工業株式会社を設立。金属加工油剤の生産を開始した。
  • 1945年4月 - 本社および工場を三重県名賀郡(現・伊賀市)に疎開。
  • 1948年10月 - 東京支店・東京工場を開設。
  • 1962年1月 - 本社・本社工場を大阪府枚方市に移転。
  • 1965年7月 - 東京工場を閉鎖し、神奈川工場を開設。
  • 1980年6月 - 本社工場を閉鎖し、兵庫工場を開設。
  • 1980年8月 - 本社機能を東京都大田区へ移転。
  • 1985年10月 - 登記上の本店を東京都大田区へ移転。
  • 1985年12月 - 東証2部に上場。
  • 1992年6月 - 神奈川工場を静岡県駿東郡小山町に移転し、富士工場として操業開始。
  • 2005年3月 - 東証1部に指定替え。

スティール・パートナーズによるTOB編集

2003年12月19日、スティール・パートナーズ株式公開買付け(TOB)によりユシロ化学工業の発行済み株式の89%に当たる13,489,065株を1株あたり1150円で買い付けると発表した[1]。これに対しユシロ側は2004年1月15日、2004年3月期の1株あたりの配当金を前年度の14円、当初計画の19円[1]から200円に増額すると発表[2]。配当金獲得を目的とした投資家の買い注文が集まり、株価は上昇した。スティールの買い付け価格は1550円になったが[3]、TOBに応じた株主は現れなかった[1]。最終的にスティールはTOBを断念。2008年12月25日に市場外取引により、保有していた185万6800株(発行済み株式の12.22%)全てを売却した。ユシロは同日市場内時間外取引により自社株式192万8000株を1株1169円で取得しており、ユシロの買い付けにスティールが応じたものと見られている[4]

社名の由来編集

1944年の創業時、創業者の森本貫一が油脂(ユシ)と蝋(ロウ)の精製を目的として会社を設立したことによる[5]

脚注編集

外部リンク編集