メインメニューを開く

ユナイテッド航空811便貨物ドア脱落事故

航空事故

ユナイテッド航空811便貨物ドア脱落事故(ユナイテッドこうくう811びんかもつドアだつらくじこ)は、1989年2月24日午前2時9分9秒(ハワイ標準時)にハワイホノルル国際空港付近の高度約22,000フィート (約6,700m)で発生した航空事故である。飛行中のユナイテッド航空811便 (ボーイング747-122型機)の貨物ドアのロックが飛行中にはずれ、同ドアが脱落した。

ユナイテッド航空 811便
United Airlines Flight 811
Flt 811 damage.JPG
緊急着陸後の事故機
出来事の概要
日付 1989年2月24日
概要 電気系統の故障による貨物ドアの脱落
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ州 ホノルル国際空港付近の太平洋上空
乗客数 337
乗員数 18
負傷者数
(死者除く)
35
死者数 9
生存者数 346
機種 ボーイング747-122
運用者 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空
機体記号 N4713U
出発地 サンフランシスコ国際空港
第1経由地 ロサンゼルス国際空港
第2経由地 ホノルル国際空港
最終経由地 オークランド国際空港
目的地 シドニー国際空港
テンプレートを表示

事故当日のユナイテッド航空811便編集

事故内容編集

 
事故機の貨物ドア

離陸からわずか17分後に、機体の右前部の貨物ドアのロックがひとりでに解除され、ドアが開き脱落した。さらにドア周囲の壁に大きな穴が空いて急減圧が発生し、乗客9人とその他固定されていないものが機外へ吸い出された。それらが右主翼、第3エンジンおよび第4エンジンにダメージを与えた。この際、吸い出された乗客の少なくとも1名がエンジンに吸い込まれたことが、後の事故調査によって判明している。 特に第3エンジンのダメージはひどく、すぐに故障したため、機長らが出力を下げた。 さらに第4エンジンも故障し炎を吹き始めたため、第4エンジンも止められ、811便は下降を始めた。

機体に穴が空いたことを知ったクルーは、旋回してホノルル国際空港に引き返し、811便は奇跡的に緊急着陸を果たした。死者は9名、負傷者は35名であった。機長が前方に薄雲を発見したために、シートベルトサインを点灯させたままにしていたので、乗客の多くはシートベルトを着用しており、機外に吸い出されずに済んだ。

事故原因編集

当初事故原因と考えられたのは、金属疲労だった[要出典]。ドアロックの金属疲労が起こり、飛行中にロックがはずれ脱落したと考えられた。

しかし実際は、貨物室ドアの電気システムの不具合により、ドアをロックしていたアームが動いてしまったためにドアロックが外れ、脱落していた。この事実は犠牲者の家族により突き止められ、NTSB(アメリカ国家運輸安全委員会)により認定された。

映像化編集

関連項目編集

下記の2件の事故は、当事故と同様の飛行中のドア脱落事故である。

類似した事故

  • アロハ航空243便事故 - 前年に同じアメリカハワイ州で起きた事故。ボーイング737の機体前部が飛行中に金属疲労により大規模に崩壊。緊急着陸に成功し、乗客は全員生還したが、客室乗務員1人が投げ出されて行方不明となった。
  • トランスワールド航空800便墜落事故 - 1996年、同じボーイング747-100で起きた航空事故。ニューヨークを飛び立って間も無く、経年劣化による電気配線の腐食が原因で燃料タンクが爆発した。800便は空中分解し、乗員乗客230人全員が犠牲となった。